言葉の本質は空っぽ♪

般若心経にある「五蘊皆空」。

「わたし」=自我を構成する五つの要素、体、感情、知覚、思考、意識はすべて空っぽだよ~
と言っていますね。

つまり、「わたし」は空っぽなんです。

でも、間違えないでください。わたしがいて、そのわたしが空っぽという意味ではなく、
空っぽ=ない、つまり、「わたしはいない」ということです。

でも、私たちは勘違いしているので、いないはずの自分をそれこそ必死で守ろうとします。

身体面はもちろんですが、精神面でも傷つかないように、悪く批判されないように無意識に頑張っているでしょう。

でも、実際はまさに「五蘊皆空」であって、守る自分もいないけど、それだけではなく相手の言葉も空っぽなんです。相手の言葉がどんなんであれ、なんの意味もなければ、真実もそこにはなく、音のコンビネーションがあるだけです。

つまり、本当はそこに私たちを傷つけたり、おとしめたりするものは何もないということです。

ですが、たとえば「あなたは卑怯だ」と言われたとした場合。

基本的に自我としては、イエスかノーでなければいけません。つまり、「私は卑怯である」か、「私は卑怯ではない」という答えしかないですね。

で、自分が卑怯なら卑怯な自分をどうにかしないといけないし、卑怯でないのなら、反論したり、誤解を解いたりしないといけません。苦しみのストーリーの始まりです。

でも、「卑怯」という言葉の実体は空っぽだから、イエスもノーもいらないんです。

そして、受け止めてもらえない言葉は、力を持つことができません。

もちろん、卑怯だと言われたら腹は立つでしょう。自我が望むような、一切腹が立たなくなる日は来ないですから。

でも、その言葉はもはや脅威にならず、そこから実体のないストーリーへ深く入り込まずに済むんです。

決して、批判に対して“イエスやノーを言ってはいけない”とか、“相手の言葉を空っぽだと思うようにする・・・”みたいな努力を薦めているわけではありません。(自我はやりがち)

というより、ただシンプルに、でも真摯に言葉の「本質」を見てみませんか?

言葉から自分の解釈や文字を取ってしまったら、そこに何があるのか?

とりあえず、「赤いりんご」から。(または、なんでも)

透明な本質のエネルギーが見えてくるまで。(*^_^*)

  

今日も東京は良いお天気ですね。良い一日をお過ごしください♪

言葉の本質は空っぽ♪」への6件のフィードバック

  1. はな

    こんにちは。
    いつも分かりやすく解説、ありがとうございます!
    自我がやりがちなこと!ご指摘どおりやってます(*^_^*)、、、。
    「相手も空っぽ、自由意思はない、言葉に意味はない、ぽこぽん(あゆみさんの本より)と言われているのと同じ、、、」と自我に言い聞かせる、、。
    でもそれをしないとストーリーに巻き込まれてしまうので、、。
    もちろん解放が起きてしまえばいいのでしょうが、ストーリーにいるときはストーリーが悪化しないよう、意図してしまいます、、。
    ではどうすれば??
    相手の言葉の奥の自由、プレゼンス?まだ見えません、、(*^_^*)
    探求、模索こそが障害、と言い切るティーチャーが多いですが、何もしないで解放に至るとは正直思えません、、。それについてもどう思われますか?
    機会がありましたら触れてくださいませm(_ _)m

    いいね

    返信
  2. Kiyoshi

    長い間、「自分なんかいなければいい、いてはいけない」と思ってきました。
    私が良かれと一生懸命何かをすると、トラブルが起こるので、「自分は何もしない方がいい、してはいけないんだ」と思ってきました。
    非二元では、「自分はいない」
    「物事を動かしているのは自分ではない、自分が何かしようとしなくていい、起こることは起こる」

    自分がいてはいけない  ⇔  自分はいない
    自分が何かしてはいけない  ⇔  自分が何かしようとしなくていい

    これらの語感の違いを比べて、「私は同じものの裏側を見ていただけなのかな…」と思いながら、あゆかさんのブログをのぞいたら、この記事がありました。
    なんだかちょっと嬉しくなりました。ありがとうございます。

    いいね

    返信
  3. ミルクティー

    ホントですね!相手の言葉に意味がないとなると
    とても気が楽になりますね♪

    非二元では、探究することは無意味で、
    それは自我を強化してしまうということですよね?

    たとえば、もっとピアノが上手くなりたいと思うのも
    探究になりますか?

    探究=練習をやめると曲が弾けるようにならないのですが
    これは、どのように考えたらよいのでしょうか?

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      コメントをありがとうございます。非二元のメッセージは、ピアノが上手くなりたいと思っているあなたは、存在していなくて、ただその思いが現れているということなんです。まぁ、ゆっくり行きましょう。(^ ^)

      いいね

      返信
      1. ミルクティー

        ご回答ありがとうございます♪
        わたしがいない、ということは実感できます。
        その状態と自我の状態を行ったり来たりしてますσ(^_^;)

        記事の「あなたは卑怯だ」に当てはめて
        「ピアノが上手くなりたい」を見つめていると
        それが透明なエネルギーになって
        単なるエネルギーというか、無だとわかりました。

        とはいえ、幻想の世界に戻ってくると
        実際問題、練習しないと
        ピアノが上達しないように思えるのですが💦
        練習しても無意味なのでしょうか?σ(^_^;)

        菲二元を知っても、幻想世界のストーリーのなかで
        暮らしていくわけですしね。。。💦

        いいね

  4. ayukablog 投稿作成者

    ミルクティーさん、こんばんは! たぶん、私はご質問の意味がよく分かっておりませんが、ピアノの練習をしたいのであれば、すれば良いのではないかと思います。楽しまれて下さいね🎵 (*^o^*)

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中