非二元的に過去生はあるの?

暑くなりましたね。今回もご質問にお返事させてください♪

自己がいない、というのはなんとなくですが、きっとそうなんだろうな、と思っています。そう思っていて、過去生のトラウマと聞くと、ちょっと不思議な気がします。実際にはいない自己に、そして、過去は今あるイメージだけでしかないのに、過去生というものは、あるのでしょうか。言葉で説明してもらってわかることではないのかも知れませんが、よろしければ教えて頂けますでしょうか。

これもある意味、思考が思考を呼んでいるご質問ですね。

ちなみにこのご質問は、こちらの記事→★で癒しについて触れたとき、過去生の話がでてきました。それに関するご質問です。

さて、「自己がいない」のイメージが少し違うかもしれませんね。体や思い、感情、性格、ストーリーなどなどはあるけど、それらの持ち主がいないということです。主体が不在なんです。

車(体)はあるけど、運転手(主体)がいないということですね。

なので、自己はないけど「ストーリーはある」になります。

ですが、それも半分の真実です。

究極的にお返事をしてしまうと、あらゆる事象が“今”という無限のなかで起きていて、そして何も起きていないんです。

過去生だけではなく、現在の“わたしの人生”もです。

現れては去っていくものは、すべて「あったけど、ない」んです。思考は「あるかない」のどちらかに答えを求めよね。ですが、残念ながら思考にとっては、はぐらかされるようなお返事しかできないんです。

ただ、気づきの意識(純粋意識、真の私、など)に充分に寄り添うことができれば、それは明白になっていくはずです。

で、正確なたとえではありませんが、煙の動きをイメージして頂くと、煙は一瞬、一瞬その形を変えていきますよね。ある一瞬は竜が天に上るような形をし、でも同時に変化し、次には横に広がったような形になったり・・・・。

では、一瞬竜が天に上るような形は起きたのでしょうか? 形ができ上がると同時に変化しているのに? でも、確かに一瞬そう見えたからある?

もう一度念を押しておくと、これは正確なたとえではありません。言葉の限界すぎ。

でも、事象はすべて常に変化し、このように「あるとない」の両方を包括しながら生命のダンスを踊っているんです。

癒しの点からすると、これはある意味究極の救いです。なぜなら、この「あるけどない」が差し示すことは、実体として傷ついた人は存在せず、また何事も失われていないからです。

真のあなたは、生まれてもいないし、だから死ぬこともなく、増えたり、減ったりすることもないんです。

それを知りつつ、個人のトラウマ、過去生などを癒す仕事を楽しんでいます♪ ふふ。(*^_^*)

 

 

非二元的に過去生はあるの?」への9件のフィードバック

  1. 匿名

    こちらに書いてよいのか分からなかったのですが、YouTubeの「「悟り(非二元)について語ろう会」溝口あゆか 」という動画をみて、あゆかさんが説明しているダイレクトパスを自分でも検証してみました。まず最初に音を聞いてみました、思考も観念も概念も無視して、音だけを意識するとそこには音だけしかありませんでした。それまで執拗にあった分離した「私」という感覚がなく、ただ音とそれに気づいている気づきだけがあり、そのうち音と気づきは同じという感覚(言葉にするのが難しいというか、ニュアンスが違うのですが)になり、それいら私という分離した感覚がなくなり、なんと言ったらいいいの、空っぽ、無、空、気づきというのか、でもそれとも違うかんじです、幸福とは違いますが、平安というほうが近い気がします。悟り・目覚めへの探求がおこり、その探求が苦しくてつらい時期もありましたが、いまはなにか落ち着いているというか、探究が起きてきません。ここまで書いて、なにか書いたすべてが違うという感じもしています。言葉は、現れて消えていくだけなので、いまは何もないです。YouTubeの画像を公開してくださって、本当にありがとうございました。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      素敵なコメントをありがとうございます。(*^_^*) ダイレクトパスの良さを実感して頂けたことがとても嬉しく思います。まさにその通りです。聞く=音=気づきの意識ですよね。そこには聞いている人はいないですね。素晴らしいです。

      まだこれからもシフトや気づきがあるかと思います。(私はありました&あります) 探求は終わったけど、プロセスは勝手に続くでしょう。ぜひ楽しまれてください♪

      いいね

      返信
  2. noriko

    非二元の話に触れどこかで知っている感じがします。
    自己はいない、何も起こっていないもわかる感じがし、
    これで探求の終わりがくると思えるのですが、
    今現在の私の現実は、私にとっての嫌なこと・・病気、怪我、心の問題に家族がかかっていて
    家族となるとわからなくなってしまい、改善のためにヒーリングのようなもの浄化などに頼っている自分がいます。そこでいつもわからなくなってしまいます。お金もかかるし家族には元気で居てほしいし、でも何も起こっていない、これが体験してみたい事?
    となるとグルグルしています。何かアドバイスを頂けると助かります。
    宜しくお願いします。

    いいね

    返信
  3. みとくみ

    質問にお返事頂き、ありがとうございます。

    以前、理解したいと思って、思考でいろいろ考えてみたものの、よくわからず、最近ではわからないことはわかるときまでそっとしておこう、と思って過ごしていました。今回も、思考で理解しようとすると、やはり混乱してわからなくなるので、とりあえず、頭で分かろうとするのはやめて、今を生きてみます。また何かお聞きしたくなったら、よろしくお願いいたします!

    いいね

    返信
  4. いろは

    私も便乗コメントなのですが、動画を昨夜拝見しながら実験してみました。これまで書籍などで理解を深めようとしてきましたが、「私はいない」体感したのは初めてでした。まさに体験しか、気づきしかありませんでした。ダイレクトパスの素晴らしさを実感しました。

    主体と客体が一緒になるということもしっくりと実感したくて、寝ながら耳からの音を体験している体験そのものになってみたら、あれ、意識があるところに音が生まれているのかも。という感じになりました。今朝は目での体験をしてみましたが、こちらは今一歩わかりませんでした。このまま体験に、気づきにとどまっていることを繰り返していると腑に落ちる時がくるのでしょうか。
    なんだか楽しみです。

    ふーっと楽に存在している今日です。
    それでもまだ体の固いと感じるところもあり二元もバリバリ楽しむ?!感じです。

    あゆかさんのブログと動画に出会い、本当に理解と腑に落ちる体験をさせていただいています。まだ1ヶ月くらい前の出会いなのです。

    発信してくださり、真摯に伝えようと(どうも”全く違う”という錯覚を起こさせそうな語り口の方もいるので)素晴らしい活動をしてくださり、本当にありがとうございます。

    これからも楽しませていただきます。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      嬉しいコメントをありがとうございます!

      目での体験は、目に映るものではなく(部屋の中のものや様子)、「見る」という経験を見つめ、見るという経験と気づきの意識が分けられるものではなく、また、見る経験と光景(ものや部屋の様子)も分けられるものではないことを確認してみられると良いかと思います。

      今後もぜひブログをお読みくださいませ♪

      いいね

      返信
  5. Linda

    過去性もそうですが、今までスピリチュアルなことを学んできたので、混乱してしまうこともあります。
    たとえば、「鏡の法則」とか「波動の法則」など、
    起きる出来事や、目の前に現れる人は自分の内面を映し出している、
    または、自分の波動に合った物事が起きている
    という考え方をしてきました。

    でも非二元では、起きることはただ起きていて意味はないと知り、
    前述した考え方はナンセンスなのか?と疑問を持ちました。

    鏡の法則や波動の法則などはないのでしょうか?

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中