非二元の目覚め、スピリチュアルな目覚め

前からずっと書きたいと思いつつ、受け取ってくれる人があまりいないような
気がして、書いていなかったことがあります。でも、ノンデュアリティーという
言葉が入ってきたこともあり、書いてしまおう。

なにかというと、

スピリチュアルな目覚めと非二元の目覚めがごっちゃになっている

ということです。

スピリチュアルな目覚めも非二元の目覚めも、「わたしがいない」
とか「一つの生命、エネルギー」とか、同じような言葉を使うので
ある意味混乱して当たり前かもしれません。

でも、二つはまったく違うメッセージなんです。というか、違うものと
捉えていたほうが混乱がないと思います。

スピリチュアルな目覚めは、私が宇宙、または一つの生命と融合
して、そのとき自分は消滅し、自分はいなかった! 自分は
ワンネスだったのだ!と分かった・・という話が多いでしょう。

これは、これで自我ができ得る最高の経験として素晴らしいと
思いますが、非二元のメッセージではありません。

これは、スピリチュアルなストーリーです。だから劣るとか、良く
ないとか言っているのではまったくありません。

私の大切な人たちも、スピリチュアルなメッセージを長い間発信
していますし、私はその人たちも、そしてメッセージも大好きです。

でも、違うものなんです。

非二元のメッセージは、宇宙やワンネスと融合する「私」が
そもそもいないということです。

そして、一番のポイントは、自分はいなかった!と知ったことではなく、
なぜそれに気づけるのか?です。

経験は認知することができますね。でも、唯一認知できないものは
何でしょうか?

そこを見過ごしてしまうと、たぶん「私はいなかった」という経験
(客体)に囚われてしまうかもしれません。

でも繰り返しますがポイントは、「私はいなかった」と気づいている
意識(awareness)のほうです。

個という私がいると思っていた、でも、いなかった!と知った
という“経験”は変化する話ですね。

でも、この話のなかでずっと変化せずにあるものは何でしょうか?

そう、気づきの意識です。極端な話、自我が何を発見し、どんな真実
を知ったのかは大きな問題ではないんです。

経験がどんなに素晴らしく壮大であっても、経験が真実を語っている
のではなく、あらゆる経験を静かにただ気づいている意識、それが実在
であり、真実なんです。

そして、この気づきの意識は、そういった覚醒体験をしているときも、
していないときも常にありますね。

真実を知るのに覚醒体験も見性体験もまったく必要ないんです。

唯一客体化できない、気づきの意識。

呼吸よりも身近にある意識。

あらゆる経験の前にあるもの。

そこにただあってみませんか?

そこには一切のストーリーもなく、だから時間も空間もなく、
幻想の私も存在せず、だから主体も客体もありません。

そういう世界が日常と別に存在するのではなく、いまここに
まさに日常のすべてに真実が充満しているんです!

ここがすでにいつも非二元なんです。

だから、いまここの<直接体験>を見つめて見ませんか?
見過ごしていた真実と必ず出会えるはず♪

 

 

 

非二元の目覚め、スピリチュアルな目覚め」への11件のフィードバック

  1. いろは

    あゆかさん 
    素晴らしい記事をありがとうございます!
    私は以前、スピリチュアルな目覚めを経験しました。私ではない存在が体の中からぐーっと現れ、とてつもなく素晴らしい存在で、私は片時も孤独ではなく‥という経験でした。いわゆる真我体験でしょうか。しかし、それからもやはり探求は続きました、自然と。
    前にもコメントさせていただいたように、あゆかさんの動画を見ながら直接体験をやってみて本当に「気づき」しかなかった、私不在という目覚めが起こり探求は自然に終わりました。スピリチュアルな目覚めの時のような衝撃的なものではなく、いうなれば静寂そのもので誰かに話さなくてもいられる当たり前の世界に戻った感じでした。
    この違いは一体なんなのかという疑問を持っていた私に、ドンピシャな記事でした。すっきりしました。文章の簡潔美も、うっとりです。ありがとうございました。

    追伸 見るという体験も、わかりました。自我バリバリ一体感の時もしばしばありますが(汗

    いいね: 1人

    返信
  2. 匿名

    「私は◯◯に気づいています」
    「私はエアコンの音に気づいています」
    「私はイライラに気づいています」
    「私は思考に気づいています」
    「私は床に触れる足裏の感覚に気づいています」
    私は気づきなのでしょうか。
    私と思っていたものは現れては消えていきます。
    残ったものは‥‥‥‥‥‥‥

    いいね: 1人

    返信
  3. Kumi

    私はずっと、スピリチュアルな目覚めにあこがれていました。
    焦がれていた、という感じでしょうか。
    多分、生きづらさをずっと感じてきたから、なのもあるけど
    純粋に憧れていたのですね。

    目の前にある日常の閉塞感。
    スピリチュアルな目覚めは、その閉塞感から私を解放してくれるものに思えました。

    でも、私にはスピリチュアルな目覚めというか体験は
    いつまでたっても起きなかったし
    それが、
    私は選ばれなかったんだ、というがっかり感になりました。

    ですが。
    非二元の感覚は、みんなのものであって、わたしにもあって
    この感覚を見つけた時には
    私にはすごく嬉しかったんです。
    ああやっぱり、この日常の閉塞感を越えたところに
    真実はあったんだって。

    ただ在る感覚は、まだ意図的に探さないと見つかりません。
    でも、ただ在るときの感覚に満たされる時、私は深い安心感を感じます。
    こちらが本当のワタシなんだなって、感じるととても充電できて
    ゆっくり充電してから日常に戻ります(笑)。

    二元と非二元を行ったり来たり、な私です。

    非二元の視点が速攻癒しをもたらすものではないけれど
    私にとっては、非二元の気づきは
    まさにグットニュースでした(*^_^*)

    非二元は
    みんなに等しく存在する
    身近でもっとも驚くべき真実ですね。

    いいね: 1人

    返信
  4. Mothe

    すばらしいです。 興味があったことで、タイムリーです。

    スピリチュアルな目覚め、エックハルト?と非二元を見比べて違うなど思っていました。
    エックハルトは、エゴの減らすまたは、思考の無い今(ライフ)にはエゴは入り込めないなど、
    エゴについて語っています。

    非二元は、エゴについてはどう説明しているのでしょう。あまり触れていないようです。
    自分がいないから、エゴも無い、のでしょうか。

    探求を進め、それに気づくのを妨げるのも、エゴなのでしょうか。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      Motheさん、コメントをありがとうございます☆

      非二元のティーチャーもエゴについてはたくさん説明していますよ。個人的には、エックハルト・トーレのエゴの説明(ペインボディ)は大好きです♪

      いいね

      返信
      1. Mothe

        エックハルト・トーレのペインボディは秀逸ですね。

        私はこれが大量にあったので、最初は欝かと思っていました。 
        ということでエックハルト・トーレの説明に興味を持ち、公演(Web)はずっと見たりして実践していましたが、最近は見ることは無くなって来ています。 非二元(アドヴァイタ)は、本を幾つか読んだほどです。

        エゴ(ペインボディ)と関連していることで、
        目覚めが深まり静寂に常に繋がれば、周囲のドラマに反応しなくなり、(適切に)対応できるようになる、するとカルマの生産が終わり始め、やがて周囲は穏やかになってくる。
        というようなことを、エックハルト・トーレは言っています。

        非二元のある講師の方は、
        自己が消える状態に入っても、周囲の状態には影響を与えない、または知らない、と言われていました。 ところが、マハルシはカルマの崩壊や周囲への影響に触れている。
        非二元は、教える方によりバラツキがある印象です。

        自己が静まった状態が、続いてくると、周囲に影響はあると思われますか。

        かつて、ペインボディが活動すると欝のような状態で、私の場合は薬では収まりませんでした。
        その後のホメオパシー、エッセンスなども効果がありましたが、 ペインボディを見てゆくことも、
        効果がありました。 目覚めに追い込まれた感じです!

         

        いいね

  5. トマト

    こんにちは。何故かわからないけど興味があって、でも読ませて頂いても???な感じでしたが、それでも何故か何度も何度も読みたくて、また今日も読ませて頂きました。楽しくて、何かに動かされているような、そんな感覚です。
    私の場合、間違えた思い込みをしているときとか、よくこんな感じになって、考えを修正させられてスッキリしたり、
    何か気になることがあったりすると、その答えがこんな風に与えられたりして、ありがたいなあと思うことがあります。
    苦しいときもありますが、いつも何かに守られているような、、、そんな感じがします。

    いいね

    返信
  6. トマト

    今コメントを送信しましたら、急に涙がバーッと溢れ出てきました。私の中の何かが反応したみたいです。ビックリしました!
    コメント書かせて頂いてありがとうございました。

    いいね: 1人

    返信
  7. ロンドン駐在K

    はじめまして。奥方から教えてもらいブログを読み始めましたが、こちらの非二元のブログは私の肌にあいそうです。LONDON西部に在住です。

    スピリチュアルな目覚めは、「自我」との一体化。
    非二元の目覚めは、「「自我」との一体化」という投影を上空なら見下ろす感じ(?)。

    かもしれないと思っています。いずれも私には未体験なので、言葉での理解しかありません。
    私は「奇跡のコース」の学習者で、今回のトピックのみならず、非二元のブログは私の関心事項にフィットしたブログのような気がしました。

    奇跡のコースも、同じことの別表現であることが多いよう感じており、あゆかさんの説明は新鮮さを覚えます。

    有難うございました。

    いいね: 1人

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中