悟った後は山は山であり、川は川になる

「禅の前は、山は山であり、川は川であり、禅を知り、山は山ではなくなり、川は川ではなくなる、悟った後は山は山であり、川は川になる」

という禅の言葉がありますね。今日はこれを私風に解釈してみよう!と思います。

で、最初の「山は山であり・・・」ですが、これはいわゆる普通の自我の捉え方ですね。あれは山、これは川、あれは良い、あれは悪い、などなどすべてに名前やレッテル、解釈をつけて世界を眺めている状態です。

で、次の句に行く前に一見話が逸れるようですが、ときどき、“なんだかんだいってこの二元の世界では・・・・”とか、“人間ゲームをしにきたのだから”といった言葉を目にします。

まぁ、二元と非二元というふうに分けてしまうことで、あれっ、非二元の意味が・・・という突っ込みはありますが、でも、言いたいことは分かります。

どれだけ真実を理解できたとしても、誰も経験(現象)から逃れることはできないですよね。つまり、人間である私という現象は、「自己の不在」を見抜いた後でも続いていくわけです。

空は即ち色ですから、空だけになるというのは妄想です。また、もし「空」という次元がこの現象の次元と違うところにあると想定していたら、それもストーリーです。

自我が体験できるストーリーの中においては、「空」を体験するとか、ワンネスを体験するというのは、最も高いレベルのものかもしれません。

しかし、体験は必ず始まりがあって終わりがあります。このような始まりがあって終わりがある話、低い波動、高い波動などの対比や区別がある話、次元など空間がある話、どこかにつながるという話、または「いまここ」にない話などなど、すべてストーリーです。

こういうと怒り出す人やショックを受ける人もそれなりにいます。私もスピリチュアルストーリーに心底はまっていました(本も書いたし)ので、気持ちはよく分かります。

私にとってスピリチュアルストーリーは、長い間自分を支えてきた土台であって、また私の中の深い琴線に触れた大切なものでした。なので、“ただのストーリーで何も意味はない”などと、誰かにもし言われたら、かなりムッとしたでしょう。

でも、スピリチュアルストーリーには、やっぱり「私」という主人公がいるんです。そしてその私は時空を旅している私で、あれこれして進化をしていく私でした。

でも、それは夢だったのです。壮大で驚異的、そして愛おしい夢。

しかし、そこからも目覚めたとき・・・・、

私もない、あなたもない、世界もない、意味もない、ワンネスもない、悟りもない、空や高次の次元もなければ、次元上昇もない、ただ「ある」だけ。でも、もちろん、ただあるだけという概念もない。

一切の言葉が使えない、ストーリーがまったくない。空(くう)=気づきの意識。

「禅を知り、山は山ではなくなり、川は川ではなくなる」とは、この理解を指しているのだと思うのです。

山や川という概念そのものに何の意味もないことを知り、そしてまた、すべては移り変わりゆく実体がないもの(=空)であって、山や川という現象も起きているけど、起きていない。

個人的には、ここはとても大切なポイントだと思っています。なので、できれば“なんだかんだいってこの二元の世界では・・・・”、つまり、 “なんだかんだいって、山は山で、川は川だよね”と言ってしまう前に、

ほんと?ほんとうにそうなの? ほんとうに主体はいないの?ほんとうに私はそれが見えているの?としつこく、かつ正直に見ていくと良いかもしれません。

そうでないと、非二元のメッセージはすべて自我がどう生きるのか?というストーリーに持って行かれ、妥協したもの、誤解されたものになりがちです。

でも、そこをしっかり見抜いた上で、同時にその「空」は「色」(現象)でもあること。

決して逃れることも、止むこともない個の私や世界という現象でもあることを腑に落とす。経験者と経験されるものは二つではない(非二元)と知る。それが本当の意味の、

「悟った後は山は山であり、川は川になる」

だと思うのです。

このとき、景色も自分も何も変わらないけど、主人公は「わたし」から「生命」にとって変わっているでしょう♪

 

PS:現象として、スピリチュアルストーリーも真剣、かつ楽しく生きています。

☆ご覧頂いた方も多いかと思いますが、スピリチュアルTVに出演しました♪☆

非二元について

 

 

 

悟った後は山は山であり、川は川になる」への11件のフィードバック

  1. ひとみ

    おはようございます。
    いつも、いつも、ありがとうございます。
    長いコメントになるかと思います。
    どうぞお許しくださいませ。
    かなり長くなってしまいますので、
    あゆかさんにご迷惑を、おかけするかもしれませんので
    コメント覧には載せても載せなくても、あゆかさんにお任せします。
    勝手なことを言ってしまい申し訳ありません。

    「わたし」にとって
    この記事は、かなり痛い記事です。

    空をやっと「わかった」「感じた」のに・・・
    色が、空から出てくる瞬間・トリックに気づけたのに、わかったのに・・
    色は消えない!のか・・・と。
    じゃあ!今後どうすればいいのか!と。 
    白黒はっきりしたい「わたし」(自我)にとっては
    なおさら痛い!し、混乱します。

    でも・・・不思議です。
    やっぱりそうか!という自分もいます。

    非二元を「求める私」と「避ける私」
    二元に「追われる私」と「放棄したい私」
    ここらへんが、いつまでも絡まって絡まって
    長いこと絡まったままでいました。

    アジャシャンティさんの本にこんな文章があり
    その文章が長年引っかかっていました。
    「イエスの本質は相対性を超越しているということ
     しかも
     単に超越しているだけではなく、それも含有しているということです」と。

    そして、あゆかさんのこの記事。
    やっぱり、そうか!でした。
    やっぱり二元世界から逃げることは不可能なのか!と。
    色(わたし)はやっぱり消えないんだ!と。

    「わたし」は長いこと、この二元世界から追い込まれている感・追い詰められている感がきつくてきつくて在りました。今から思えばあたりまえでした。なぜなら仕事の量が自分の分を超えていたのですから。でも、その時は気付いていませんでした。自分の分を超えた仕事をしていたことに。それで倒れました。動けなくなりました。これも今から思えば当たり前なのに、「わたし」は罰が当たった!と長いこと想い込んでいました。ですからそののちの苦しみは半端ではありませんでした。

    でも・・そこから真理を求めはじめました。求めて求めて求めて・・
    そして結果が「色は消えない」です。
    痛いですよねぇ・・・笑

    でも、動けなくなったお陰で、仕事の量が減り(減らさずにはおえない現状でした。動けないのですから)
    今はじめて、一つ一つの仕事を「ゆっくり、じっくり、丁寧にする楽しさ」を学びました。

    あゆかさん・・ 不思議ですねぇ・・
    こうなってるんですねぇ・・
    この記事のおかげで「やっぱりか!」とお腹の底からぞっこん感じ入りました。

    ≪すべては移り変わりゆく実体がないもの(=空)であって、
     山や川という現象も起きているけど、起きていない。≫

      ↑この文章ですが

    ≪すべては移り変わりゆく実体がないもの(=愛)であって、
     山や川という現象も 愛そのものが起こしている!とも感じずとも感じていて(愛の無意識)
     起きている。ただ愛は愛ゆえに(無意識ゆえに)、起こしているという感覚すらない≫

    と、変えたい「わたし」が ここにいます。申し訳ありません。
    これは同じ意味にはなりませんか?
    あゆかさんに確認したい「わたし」がいます。
    どうぞ宜しくお願いします。

    合掌

     

     

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ひとみさん、こんにちは!

      その痛さ、とっても分かります。私もまさにその道を通りました。「色」がない場所に子供の頃から憧れていましたから。アジャシャンティの言葉は素晴らしいですね。その通りだと思います。(アジャシャンティは私のヒーローです。笑)

      色も永遠に変化しながら無くなることはありませんが、ただ、個としての私は、ものすごく軽くなりました。それは、真実を知る副作用(笑)としては、とても嬉しいものです。

      最後のご質問ですが、おっしゃる意味を私がきちんと解釈しているのかが多少不安ですが、“起こしている”というより、“起きている”のほうが、なんとなく近いような気がします。起こしているですと意識的にしろ、無意識にしろ、なんらかの意思があるニュアンスを感じるからです。

      また、意思はなんとなく主体の存在、または操作的なものをイメージしてしまいます。そういう意思的なものがまったくない、純粋意識というか、ただあって、そして気づいているだけ、そしてあらゆるものとして現われる、そして、その本質は愛である、みたいな。

      コメント欄なので、超大雑把でこれぐらいの説明しかできませんが、ご参考までに♪

      いいね

      返信
      1. ひとみ

        ご丁寧なお返事 誠に、ありがとうございます。
        たしかに・・
        その通りだと感じながら、大事に大事に頂かせていただきました。
        ほんとうに ありがとうございます。
        「色も永遠に変化しながら無くなることはありませんが、ただ、個としての私は、ものすごく軽くなりました。それは、真実を知る副作用(笑)としては、とても嬉しいものです。」
        これは本当に有難いと、個としての私も感じております。年齢のせいで軽くなったのか?と思う所もあったりしますが(笑) いつでも「ここに在る」ことを感じる私がおり、ほんとうに軽く有難く嬉しい毎日となりました。ほんとうにありがとうございます。
        それから最後の質問に対してのお応え、お手数をおかけし申し訳ありませんでした。
        「そういう意思的なものがまったくない、純粋意識というか、ただあって、そして気づいているだけ、そして あらゆるものとして現われる、そして、その本質は愛である、みたいな。」
        なるほど・・・なるほど・・と、大きく頷きながら拝読させて頂きました。
        我が家は神道でして・・・ついつい意思があるかのように感じてしまう癖がついているのだと思います。
        信念でしょうか・・・
        これも また 自然に消えていくことと思います。

        お忙しいところ本当にありがとうございました。
        また1つ気付かせて頂きました。
        ありがとうございました。

        合掌

        いいね

  2. ゆき

    あゆかさん、こんにちは!

    最近よくブログを拝見しているのですが、内容が加速されて面白くなっていて、ダイレクトパスをするのも、とっても楽しいです。

    今日の、このテーマ、山や川を、人間と入れ替えて、見抜いていくこともできますか。

    できたら、セラピーやヒーリングがほんとうに深く、面白くなりそうだと思って。

    いや、山も川も人間でもなくて、セラピーやヒーリングも起きてなく、そのどれでもで、セラピーやヒーリングはいつも起きていて、

    どちらにしろ、何が起きても、何だか面白そうだ!と感じました。

    ありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
  3. いちげん

    スピTV見ました。
    とても興味深く面白かったです。

    「空」は「色」(現象)でもあること。

    響いてきました。。

    ありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
  4. みとくみ

    あゆかさん、こんにちわ。スピリチュアルTV拝見しました。とてもわかりやすくて、楽しませて頂きましたが、周囲の人たちも、今回のお話しはさらにわかりやすくてとてもいい!と言っています。

    くり返し、お話しを聞いているうちに疑問が湧いてきました。おうかがいしたいです。

    何かを決めている主体はいない、というのは、気づきの意識も何も決めることはなく、空から、本当に勝手に?いろんなものが次々と現れる、ということなのでしょうか。気づきの意識は、決めることはなくて、ただ、気付いているだけ、なのでしょうか。

    もう一つ、同じようなことの気もしますが、空から現れてくること、ものに、気づきの意識は何も影響を与えることはないのでしょうか。

    お忙しいことと思いますが、よろしければ教えて頂けるとうれしいです。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      こんにちは!ご質問ありがとうございます。

      言葉をいろいろ使いすぎて、混乱させてしまったかもしれませんね。気づきの意識=空です。空は、ただあるだけでなく、同時に気づいているんです。また、何か決めることをする主体はなく、ただ、決めるという思いや行動は沸いてきますね。

      お返事になっているかどうかわかりませんが、ご参考までに♪

      いいね

      返信
      1. みとくみ

        あゆかさん、ありがとうございます。お返事頂いていたのに、気付かないでいたので、お礼が遅くなっていまいました。

        あゆかさんの動画をどれもくり返し楽しんでいるおかげで、最近はかなりすっきりしてきて、頭でわかろうとするよりも、自分の感覚を見てみよう、とすることが多いです。あれこれ質問したい、と思うことは少なくなりましたが、先にさせて頂いた質問は好奇心から、知りたいな、と感じるものです。

        何かを決める主体はいない、というのは、気づきの意識=空、これ自体も何ーも決めていなくて、本当に勝手にその時々に何かが現れるということなのでしょうか。色が決めることはない、というのは、入っているのですが、空も決めていない?というところがまだ引っかかっています。

        重ねての質問で恐縮ですが、あゆかさんの説明はわかりやすいので、是非おうかがいしたいです。
        よろしくお願いいたします。

        いいね

  5. エイジ

    こんにちは^^ぶっちゃけ~オレの認識は空は入れ物~意識の入れ物。。。。器そのもの。。。その入れ物に何を入れるかは人それぞれの意識。食べ物で肉体が調子良くなったり~病気に成ったり・・・空の部分にどんな意識を入れるか?それが~その人そのものですから^^私の空には~いつも満たされ~「今日もいい日だな」それ以外ないです^^ありがとう^^

    いいね

    返信
  6. Pika

    スピTV見ました。本当にわかりやすかったです。
    私は、奇跡のコースを読んでるとき、早く悟って、死んでも現象の世界に戻りたくないなあと思っていましたが、そういうわけでもないんでしょうか。結局‥
    私というものも無いし、空がある限り、色もある。
    何も出来ないし、永遠に現象を受けとめるしかないのかなあと思います。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      Pikaさん、コメントをありがとうございます☆

      >何も出来ないし、永遠に現象を受けとめるしかないのかなあと思います。

      お気持ちはよく分かりますが、このように結論を出す前に、もう少し「空=気づきの意識」である私を追求してみませんか? その視点から見れば、まったく違うものが見えてくると思いますよ。

      いいね

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中