どんなワークも探求を強めるだけ?

さて、「どんなワークも探求を強めてるだけで、(真実から)遠ざかる」と聞いて、混乱していますというコメントを頂きました。

どんな表現の仕方にもプラスとマイナスな点があると思いますが、真実だけはっきり言い切るタイプのメッセージは分かりやすく、自我に良い刺激を与える一方で、「どんなワークもダメ。終わり。」みたいな印象も与えると思います。これはおそらく、個のエネルギーを強めるからということを強調したいのだと思います。

トニー・パーソンズなどは、「あなたにできることなど何もない」ともよく言い、真実ではあるけれども、欧米では非二元的ニヒリズムと指摘されたりもしています。

個人的には、このメッセージによって「自分がやるのだ」モードからだいぶ抜け出せたので良かったなと思っています。でも、それでチャンチャン!となってしまうとやはり先に進めません。ということで、ちょっとアジャシャンティの言葉を引用させてください。彼は瞑想について語っていますが、それをワークと置き換えて読んでも同じことだと思います。

『真の瞑想とは、ゴールや方向性がないものである。それは、まっさらで言葉がなく、降伏、純粋な静けさ、そして祈りである。ある特定の心の状態を目指したものは、どんなメソッドでも限界があり、持続性がなく、条件付けられたものである。真の瞑想とは、一番最初にある気づいている意識(awareness)にとどまっているものである。』

これは、ある意味どんなワークも探求を強めるということを、違う角度で話をしているんです。何かを目指したとたん、どうしても個のエネルギーが強まるからです。

ただ、アジャシャンティなどは、長年探求し、あれこれやっては失敗し、行き詰まり、すべて失敗したおかげで、真実が見えたとも言っています。

なので、探求の罠をよく知り尽くした上で、同じような罠にはまっている人たちへ愛情にあふれたアドバイスをしてくれるんですね。

ついでにニサルガダッタ・マハラジのケースも紹介させてください。

『私の先生は、“私はある(I am)”という感覚を掴み続けなさい、根気よく、その感覚から一瞬たりともはなれないようにと言った。私は自分ができる最善の努力をして、そのアドバイスに従い、比較的短い時間で先生の教えが持つ真実を自分の中に見出したのだ。』

これをワークと定義するかどうかは分かりませんが、ニサルガダッタもかなり真摯な人生をかけた取り組みをしていたんですね。

ちなみに“私はある(I am)”という感覚とアジャシャンティの言う、「まっさらで言葉がなく、降伏、純粋な静けさ、そして祈り」、「一番最初にある気づいている意識(awareness)」はすべて同じことを指しています。なので、二人が言っていることは、まったく同じです。

話は少し逸れますが、非二元のメッセージの難しさは、ご存知のように言葉があてはまらないものが多いですね。そのためにティーチャーによって言葉や表現がまちまちすぎて、同じ事を言っていても、受け手が違うものとして受け取りがちなことでしょう。

例えば、「私はいない」と「私と鳥、鳥のさえずりは一つである」もまったく同じことを言っています。でも、後者の表現だと「私はいない」と捉えない人もいるかもしれません。

話を戻して、個人的にはなにもしないでいると、思いや体に同化したままの何もしていない自我がただいるだけ、という状態になりかねないと思っています。

なので、真実を知りたいのなら、やはり何かしたほうが良いだろうと思うのです。ということで、陥りやすいワークの罠を少しあげてみましょう。

・さぁ、ワークをするぞ!と、意気込んで今と違う状態になろうとする。

・うまくやろうとする(←この思いがあることは意外に気がつかないものです)

・ワークや瞑想をしている時の時間、そのほかの日常生活の時間みたいに分けた考え方をしている。

・“いつか悟った自分”を想定してワークする

・思考をなくそうとするなど、状態をコントロールしたり、ある特定の状態を作ったりしようとする。(思考がない状態など)

・何かが起きる(突然のシフトなど)ことを期待している

他にもあるかもしれませんが、今日思いつくのはこんなところです。

アジャシャンティやニサルガダッタが言う、「気づいている意識、私はあるという感覚に留まる」ことは、四六時中やれることですね。歩いているとき、電車に乗っているとき、料理をしているとき・・・。

そして、自我の緊張した状態ではなく、こっちのほうが私たちにとっては本来の自然な状態です。なので、さぁ、留まるぞ!みたいな力が入らない、最もリラックスした態度でやるのが良いでしょう。(リラックスしようと意気込まないこと)

最も何もしない瞑想?ですが、最もパワフルなものですね。

悟りや非二元についてのごちゃごちゃした考えを落とし、徹底的に真摯に正直に、そしてリラックスしてただそこに留まる。

そのうちに純粋な静けさのエネルギーが、あなたのハートを開き、固まった意思をそぎ落としてくれるかもしれません♪

※「気づいている意識、私はあるという感覚に留まる」以外にもやれることはいろいろあると思います。

どんなワークも探求を強めるだけ?」への35件のフィードバック

  1. 匿名

    ありがとうございます。
    最近の非二元ブームで心がざわついていました。何かにうんざりしていました。
    心を落ち着けて気づきの状態にいようと思います。その状態が一番気持ちが良いです。

    いいね

    返信
  2. ナオミ

    最近、今回の記事のような内容を体験しました 「さあ頑張るぞ」から始めて途中で苦しくなり結局動けなくなるまで追い詰められました ある出来事を通して自我が弱まり ただ在る 今ここが大切なことを実感しました 今なら「どんなワークも探究を…」の言ってる意味が理解できます 自我が強い時は理解ができませんでした

    いいね

    返信
  3. tad_drs

    おっしゃるとおり、何もしないだけでは、個々の偏りの中から抜け出せないだけでしょう。
    さりとて、覚醒や悟りそのものを得ようとして何かを「する」ことも、その主体たる「私」を強化するだけだったりするかもしれません。
    それらのどちらでもない、いわば第三の道があるのではないでしょうか。例えば、芸事における「守破離」などがそうではないかと思います。

    いいね

    返信
  4. あるく

    「私はある(I am)」の「私」がよくわかりません。
    「私はいない」と究極的には同じことを指しているのだと思いますが、
    「私はある(I am)」ワークだと「私(気づいている意識)」が在り続けるのです。抜け落ちないのです。
    私の理解が浅いせいだと思いますが、ご教授頂けると嬉しいです。
    よろしくお願い致します。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      「私(気づいている意識)」が在り続けるのです。

      ↑そうそうそうです!!これです。これはどうしても抜け落ちませんね。いつもありませんか?これが変化したことはありますか? そこに時間や空間はありますか? それとも、「私」があり続けているだけですか?

      この「私」が体や思考、感情、感覚を持っていると思っているのが錯覚なんです。この「私」は、「私がある」終わりなんです。

      今度これも記事にしますね。良いご質問をありがとうございます☆

      いいね

      返信
      1. あるく

        溝口さん、早速のご返信ありがとうございます。

        この「私」は、変化せず、ずっと在り続け、時間も空間もありません。
        ただ、静かで平和で平穏です。
        これなのでしょうか?

        覚醒すると、何の疑いもなく、確信すると聞いたことがありますが、
        まだ「私」という感覚も、「これなのか?」という疑問もあるので、
        う~ん…という感じです。

        今度、記事に取り上げて下さるようで、嬉しく思います。
        同じ感覚を抱えている方もいましたので。
        溝口さんの解説はとても分かりやすく、ありがたいです。
        心より、感謝をこめて。

        いいね

  5. mahibi13

    ありがとうございます。

    「在る 」は透明で時間も空間も無いように感じますが 中々 そこに留まることが難しくすぐに思考、感情に呑まれてしまいます。

    本文の「そのうちに純粋な静けさのエネルギーが、あなたのハートを開き、・・・くれるかもしれません♪」とありますが 最後は ハート が開かれるのが重要と感じらているのでしようか?
    ちなみに、「在る」に留まるワークとハートに集中するワークをしています。アプローチが違う感じで少し困惑してます。

    ワークをやるうえで、また日常生活でも「うまくやろう」する感情が強く 、でも「うまくやれない」いつもネガティブなイメージがあり失敗し落ち込みます。

    ※「・・・」以外にもやれることはいろいろあると思います。
    どんな方法があるのでしょうか?

    YouTubeで溝口さんのことを知りファン♪になりました。
    よろしくお願いします♪

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ご質問ありがとうございます☆

      ここではハートが開くとは、「私はすべてである」とはっきり知るということなんです。

      最初は、鳥のさえずり、車が通りすぎる音など、私がそれらを聞いているという感覚であったのが、「「私(気づいている意識)」に寄り添い続けるうちに、私はそれらのすべてであると認識できるんですね。

      そのとき、分離がなくなり、すべてがとても親しいものになっていくんです。これが、ハートが開くという意味です。ただ私の場合、ルパート・スパイラさんにダイレクトパスで導いてもらったことが大きかったので、どう起きるかはその人その人違うと思います。

      その他の方法とは、私の場合、癒しのツール(特にフォーカシング、MR)も役に立ったし、Scott Kilobyのワークも良かったし、外国のサイトにあったワークも良かったし・・・・のように、どれがどう貢献したか分からない状態です。

      ただ、それらが直接役に立ったというより、それによって起きやすくなったという感じだと思います。

      自分が惹かれるものが一番合っていると思いますよ♪

      いいね

      返信
  6. nabona

    お返事と、さらに記事にまでしていただいて、お答えくださってありがとうございます。

    そう、何もしなきゃいいのか?それもどうなの?と悶々としていたので、スッキリしました。

    何かあるべき姿や、状態を目指してしまうとそれは自我を強める探求になってしまうのですね。

    ありがとうございます。

    いいね

    返信
  7. anco

    はじめまして。
    最近流行りの「わたしはいない」より「わたしはある」の方がピンと来ます。
    瞑想もトライしましたが、どうしても何かを掴もうとしてしまい、
    全くワークしませんでした。
    そんな時溝口さんの動画に出会い、何が「それ」の事を指しているのか、
    何となく見えてきた気がします。

    まだ特別な覚醒体験も神秘体験もありませんが、
    何かに夢中になったりして自我が自然と薄くなって時間の感覚が無くなっている時、
    (恋愛初期などにはなりやすかったかな笑、あとはクラシック音楽を聴きいってる時とか)
    何歳になっても、全く歳をとっているのがわからない感覚、
    どこに旅行に行っても、周りの景色が変わっただけでどこにも移動してない感覚、
    それらが「それ」でいいんでしょうか?
    それと、昔瀕死の交通事故に遭い、洗濯機の中の様な状態の車中で
    恐怖感も痛みも何もなく冷めた目でそれを眺めていた目があり、
    まさに静寂そのものだったのですが、
    それも「それ」だったのかなと。

    すごく個人的な感覚を例にあげてしまいましたが、
    溝口さんに伝われば幸いです。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      はい、たぶんそれが「それ」だと思います。へんな日本語になってしまいました。笑

      どうしても何かを掴もうとしているとき、「それ」も、何かを掴もうとしていますか? それともただそういう動きに気づいているだけですか? ancoさんなら、きっとお分かりでしょう。

      ちなみにお分かりかと思いますが、「私はいない」は、主体がいないという意味で、「私がある」の、私は、「I AM 」の私ですね。違う私を指していますよね。

      いいね

      返信
  8. とも

    あゆかさん

    いつもありがとうございます。

    この間、「起きているけど起きていない」
    「あるけどない」
    を体感しました。

    事は起きている。経験がある。見ている。感じている。etc…
    でも、何も起きていない。

    全ては、起きては消えて、常に常に新しい経験が起き続けている。

    経験は確かにあったけど、いまはもう違う経験で、それはもうない。

    そして、さっきまでの経験があったことなのか?という疑問。そして、それはもうない。

    起きていて、何も起きていない。
    とは、こういうことですか?

    常に今しかない。

    夢を見ているようでした。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ご質問ありがとうございます☆

      とっても近づいてきた感がありますね。私がご質問を勘違いしていたらごめんなさい。経験は確かにあったけど、今はないということではなく、今まさに起きている(ように見える)経験も、起きていて、起きていないですね。

      いいね

      返信
  9. anco

    ありがとうございます。
    その「それ」にただ寄り添う様にする事が
    日々のワークになるという事ですよね。
    すぐに現実のわたしに同化してしまいますが、
    意識的に「それ」の存在を思い出す様にする事、
    このワークは「それ」を掴もうとしてしまう事になってしまうのかな?
    寄り添えている時というのは、
    結果的に後でその状態だったなと気がつく事が多いのですが、
    常に意識して寄り添う様にした方がいいのでしょうか?

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      はい、ある意味そうです。ただ、寄り添うという言葉は本当はあたっていません。なぜなら、寄り添うこともできないし、掴むこともできないからです。ただ、「それ」であることはできますよね。また、言葉のあやに違いないとは思いますが、「それ」と現実の私の二つがあるわけではないんです。でも、おっしゃりたいことはとてもよく分かります。そして、常に意識していたほうが良いのかどうか、それはご自分に問いかけて決めたほうがきっと良いですよ♪

      いいね

      返信
  10. anco

    たくさんのメッセンジャーの方がいますが、
    溝口さんの言葉はとってもわかりやすくハッとさせられる事がいっぱいです。
    とてもあたたかい言葉ありがとうございました。

    いいね

    返信
  11. とも

    ご回答ありがとうございます☆

    今まさに起きている(ように見える)経験も起きていて、起きていない。なんですね。
    衝撃ですね。笑
    そこが見えるまで、もう少し意識的に気づきの意識に寄り添って行きたいと思います。

    いいね

    返信
  12. Meg

    あゆかさん。
    はじめまして。
    お礼を申し上げたくてメールしました。
    すっかりスピリチュアルの罠にはまってしまっていた「私」が解放されました。
    今、何だか「網戸」になった感覚です。スースーしてます(^○^)
    気づきをありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
  13. 青玉

    あゆかさん お世話になっています
    繰り返し ビデオを見ています^^

    私の見たビジョンなのですが・・・

    5年前に 体調を崩し カウンセリングをうけました
    母と主人がいてくれるから 私は母親役ができるのだ と 感謝していたのですが
    忘れらない辛い言葉などが 沢山出てきました
     (母に 大っ嫌いだ お前は性格が悪い と言われた等^^;)
    クリアできていたと思っていたのですが
    先日 サラダを作っているときに そのうちの一つが思い出され
    涙が止まらず 自分で見つめてみました

    私が悪いことをしたのではないのですが
    結果的に 母を怒らせてしまったことがあり
    御免なさい御免なさい と 泣きながら悔みました
    その時の
    「お前はいつも私のじゃまをする」 との母の言葉が
    「御免なさい御免なさい」と絡まって
    私はいつも母の邪魔をしていると
    泣きながらしまい込んでしまっていました
    その事を思い出しているとき 体のGが 引力?体重? が
    4分の1くらい 軽くなり
    これが100%近く軽くなったら 生きていけないだろうなあ とおもいました
    (氷点を思い出し検索すると その悲しみは原罪のようです)
    静かに泣いていると
    心臓の マスターのあたりが 本当に痛くなり
    気づかずにごめんね 母がつい言っちゃった言葉を 閉じ込めて
    気づかずに 辛かったね ごめんね と 繰り返しました
    痛みが温かくなった時に
    母と 祖母と 曾祖母の関係がわかり みんな愛おしく
    皆に感謝 みんな大好き とおもったとき
    少し後ろから「完璧」との声がし
    私はその後ろから それらを見聞きしていました
    目を開けると すべてが 胸の中にありました

    次の日です あゆかさんのビデオを見ているときに
    10歳の頃から見ていたビジョンがあり
    (湖のようなところから 白布の膝が出ていて すぐ近くから
     目玉が1つきょろきょろしながら出てきて その周りからも何かがポンポン出てきていました)
    その目玉自体が 現象の私で 膝がマスター・ブッダ?
    そして こちらから静かに気づいている存在に私があり
    Ⅰ AM だと気づき 笑い出してしましました
    あまりに近くに置いていたビジョンで
    目玉が愛おしくてかわいくて それらが滑稽でww

    思い出すと 今でも笑ってしまします
    テディさんとのスピリチャルTVをみて
    コメント 送ってみよう と 思い立ちました

    私気づきは 突然ではありません
      ↓
    10歳の頃に いくつかのビジョンを知りました
     ここは私一つ一人 見えないところには何もなくウヨウヨがあるだけ 自分をフカン
    20代 「私いつも今が一番幸せ」 と いきなり隣の賢い人にいいました
    マスターの声が色々教えてくれていました
    30代で 愛の??小さな気づきがあり 風までもが愛おしく
        この人生をこのことに気づける私の人生を何度でも と思いました
    40代 つらーーーい時期・・・
    50代 カウンセリングを受け 先生には「よく非行に走らなかったね」 と
     今年  THE禅アカデミーという処に入り
    今ここ三昧 座禅 般若心経 に出会いました
      (般若心経勉強中です)
    座禅一日目で 突然感謝の気持ちでいっぱいで 涙が止まらす
    1週間後位で 自分をフカン 入れ物だなーと気づきました

    一気にかいてしまいました
    私の曾祖母は御姫様で
    その実家が豪族で
    お寺を建てました
    その事も 私に気づきのよい影響を与えてくれていると思って
    感謝しています

    気づいたこと まだあるのですが・・・この辺で^^;

    あゆかさんのおかげです
    有難うございます 感謝します!

    いいね

    返信
  14. 青玉

    すみません! 
    大事な事を  お聞きしたいことを書き忘れていました!

    10歳の頃に
    『自分の本を おしまい と パタンと閉じると 何も無くなるよ』とマスターに聞き
    (ブライアンワイス博士の本を読み インスピレーションをマスターと呼んでいます)
    すぐ後に 祖父が亡くなりました

    先月具合が悪くなり 薬を飲んで寝ているときにビジョンを見ました
    以前見た 
    (湖のようなところから 白布の膝が出ていて すぐ近くから
     目玉が1つきょろきょろしながら出てきて・・・・)
    の場所と思われるところなのですが
    今度は ポンポン 消えていくところでした
    白い布の膝も手も体もありませんでした
    何もなくなり ただただ 静かでした

    その時は ”自分の本をパタンと閉じたとき”のビジョンなのかなーと
    おもったのですが

    非二次元・空 かな?? とおもい
    お聞きしたいのです・・・

    薬のせいで見た幻想でしょうか・・・・
    この時もやはり あゆかさんのビデオを流していました
    (何かの波動を貰うようです)

    あゆかさん 人を癒すお仕事をされていて 尊敬します
    すごいです

    宜しくお願いします

     
     

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      こんにちは!文章からですと、いまいち何を指しているのか、判断が難しいかなぁと思います。とりあえず、空(気づいている意識)は捉えられないので、もしビジョンとして表れたのであれば、違うかも・・・と思います。今、パソコンの文字を読んでいるということに気づいていますよね。その気づいている意識です。とっても普通でいつもあるものです。

      いいね

      返信
  15. 匿名

    あなたの文章を見ていて思考で書いていてうるさいなぁ、と感じました。
    こういうのを読まない方が良い探究になると思います。

    いいね

    返信
    1. 青玉

      あ~ なるほどなぁ と 思います
      ご迷惑おかけしました
      あゆかさん みなさん すみませんでした
      有難うございました

      いいね

      返信
  16. ピンバック: 【非二元系サイトまとめ】禅、チベット仏教、瞑想・・・などの難しいことは何もいらなかった | アメノウズメ

  17. 匿名

    青玉さん、ごめんなさい。
    あゆかさんの記事に対する感想でした。
    青玉さんに対する返事ではありません。

    いいね

    返信
  18. さわこ

    こちらのブログを読んでいる方々はそれぞれマインドの幻想の世界から抜け出せずにいるようですので、差し出がましいとは思いましたが、コメントいたします。
    どうか、「気づき教」から早く抜けてください。
    このブログを読む代わりに、アジャさんやエックハルトさんの本や動画を何度も読まれたほうがいいですよ。このブログはマインドを混乱させて刺激しますから、かえってマインドを太らせます。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      さわこさん、

      メッセージは受け取りました。もう私のブログを追っかけて何度も同じコメントを残してくださらなくても良いですよ。

      いいね

      返信
    2. アミ

      それとわかるほど熟読されてるんですね。
      すばらしいですね!
      いろいろいろいろ・・・勉強になります。
      もうこちらのブログには来られないかとは思っていますが、
      (・・・必要ありませんものね(笑))
      ご指摘ありがとうございました!

      サヨナラ~~~♪

      いいね

      返信
  19. さわこ

    悪意はなく思った事をコメントしただけですが、気分を害された方にはスミマセン。
    魂のケアブログはよく読ませてもらい、とても助けられましたので、
    熟読しておりますよ。わかりやすいですよね。
    ただ、こちらのブログにはトリガーされるものがあり、自分自身、罠にハマったことがあり
    ついつい大きなお世話を焼きました。
    わたし自身にワークが必要ですね(*^-^*)

    このコメントはあゆかさまのご判断で削除させても構いません。
    お騒がせしました。

    いいね

    返信
  20. 匿名希望

    こちらのブログを非難されている方
    へ。すべてが必然的に在るように在るので、
    「こうあるべき」とか「間違っている」とか
    ないと思います。真理を伝えるには「語らず」にいるのが一番だと あゆかさんもご存知だと思います。でも、誰しも指し示す言葉を
    求めることから始まるのでは?
    いきなり「理解」が起こっても、きっと後から説明書を読み漁ると思います。
    起こること全てを 謙虚になって
    ただ見守って下さい。

    いいね: 1人

    返信
  21. qtaro

    世の中には、いろんな教室があると思います。
    言うなればここもその一つですね。
    自分の今の状態や感性にあいそうな教室、先生を探して
    そこでの話をヒントに、ただしあくまでも
    自分自身に学ぶ。

    これは皆様に言えることだと思います。
    迷える生徒たちやまだ見ぬ苦労人を本当に救いたいのであれば
    ぜひ、人々に愛される素敵な教室をひらいてください。

    いいね: 1人

    返信
  22. 匿名

    その通りですね。

    確かに、まだまだ思考の次元で書かれている印象はありますが、このくらいのレベルのティーチャーも世の中には必要です。

    まだ思考の段階の人にとっては、このくらいの方が理解や波長が合うのです。いきなりエックハルトやアジャが良いとは限りません。

    ちなみに、これは批判ではなくありのままです。

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中