理解から見ることへ

ただ今、年に一度のカウンセラー養成講座をイギリスで開催中です♪ ということで更新が遅れ気味。今回はご質問にお返事いたします。

気づきの意識の中では、全てが受け入れられていて、安心して生きられるんですよ。忘れられた人は一人もなく、愛に包まれているんですよ。というような趣旨のお話を地球ひろしさんや小泉テディさんの番組で聞きました。そうだとどれだけいいだろうと思うのですが、私は暴力が怖いのです。痛いのが怖いのです安心して暮らしてて、ある日、そんなことに遭遇したらと思うと、それも全て受け入れられているから、暴力や犯罪や痛いこともあるのは仕方がないのでしょうか。実際、暴力や犯罪、世界にいくと戦争もありますが、私がいないから、加害者も被害者もいなくて、起きていて起きていないから、受け入れられているのでしょうか。屁理屈に聞こえたらごめんなさい。でも、本当に私はここに引っかかっているのです

とってもまともなご質問ですね。と同時に、多くの人がある意味とっても陥りやすいご質問だとも思います。

まず、どうしても引っかかってしまう理由は、たぶん頭の中で理解しきろうとしているからかなと思います。実際に真実を見ようとするよりも、頭で理解しようとする努力のほうへ向かっているというか。

しかし、真実が提示しているものは頭の理解を超えたところにあるため、引っかかったままどうにも先に進めないのだと思います。

また、万が一理解できたところで、頭で納得した安心感は偽モノなので、何かあればすぐに吹っ飛んでしまいます。また、分離感覚がバンバンにある自我が常に安心して生きられるというのは、基本的に無理でしょう。

分離感がある限り、恐れはどうしてもつきまとうからです。

また、ご質問の中心が「自分が出来事をどう受け入れるべきか」という目線になっていらっしゃいますね。

これもやりがちなことですが、自分がいるということが無意識に大前提になっているまま、頭のレベルでは「私はいない」という理解だけ進み、「本当は私はいないのだから・・・」とやってしまっている状態です。(間違っていたらごめんなさい)

でもそれでは、単なる思考活動ですね。

ということで、理解しよう、知ろうとしようということをやめて、「見よう」「感じよう」としてみませんか?

たとえば、今この瞬間いろいろなことが起きているけど、もし、ここに私がいなかったら、それはどんなふうに見えるだろう?とイメージしてみるとか。

ここに自分がいなくて、私なしですべてが起きている・・・・。

自分というものが完全に消滅してしまって、ただものごとが起きている・・・とイメージしてみたら?

自我はいつも自分が世界の中心にいる感覚でいますよね。私が世界を把握する、私が社会で~~をする、などなど。自分を軸にして世界を見ているはずです。

何かを見たり、聞いたりすれば、必ず「それは自分にとってどうか?」と自分に照らし合わせて、ものごとを意味づけしていきます。

でも、その中心が不在だったら? 照らし合わせるものがなかったら? 世界はどんなふうに見えるでしょう?

自分を中心にしていたときは、自分を基準に上や下、右左と位置づけられていた空間が、位置づけがなくなった瞬間、全体の動きだけが現れてくるかもしれません。

または、自分がいたから意味があったものが、その意味を失い、ただ単にあらゆることが起きているだけに変わるかもしれません。

こうやってさんざんイメージをしながら、中心がない世界を感じてみるんです。

そして、ふと振り返ってみるのです。

そもそも自分はいないのに、なぜ「私がいない」ふりなどしているのだろう?

・・・・・・・、この問いが真に響けば、かなり衝撃的です。

これで特になにかが起こるかどうかはゼロ保障です。でも、頭でいろいろ考えているよりは良いかも。

いずれにせよ、自己の不在をきちんと体験的に理解することで、非二元のメッセージが知識ではなく、見たままの真実に変わっていくでしょう。

その視線から犯罪や暴力、戦争をみたとき、一人一人が経験している苦痛、そして人類の集合としての嗚咽のような悲しみがつき刺さるように感じられるかもしれません。と同時に、それらを含めたすべてに慈悲と静けさといった粒子がくまなく浸透し、包まれていることも見えるのです。

こういったすべては、仕方がないと自我の小さな頭で納得してしまうには、あまりに深く神秘的すぎるかもしれません。

そして、現象である溝口あゆかは、暴力が恐ければ、それなりに自分を守るようにし、また戦争や苦しみをこの世からできる限りなくしたいと願って、自分なりにできることをただやっていくんです。

理解から見ることへ」への10件のフィードバック

  1. とも

    あゆかさん
    いつもありがとうございます☆

    自分なしで、ただものごとが起きているイメージ試してみたいと思います。
    旅行などに行くと自然とそういう感覚になりやすい気がしています。
    私不在の風景を経験しました。

    そもそも自分はいないのに、どうして私がいないふりをしているのだろう?
    確かに‼︎
    と思いました。
    そして、ゼロ保証という表現が可愛らしくて、笑ってしまいました。
    お茶目なあゆかさんが大好きです。
    これからもよろしくお願い致します(o^^o)

    いいね: 1人

    返信
  2. Meg

    あゆかさん。いつも更新されるのを楽しみにしています🎵
    「私」に意識のShiftが起こって、この事がもしかしたら非二元?と思い非二元関連の本を読み始めました。非二元のTeacherたちは、「これ」について色んなやり方で表現しているんですね。
    でも、身体感覚について言われている事は少ないように思います。ジョーイ ロットが、「とにかく寛ぐこと」と言っていましたが一番、共感しています。私はヨガをしているせいか、身体感覚に敏感で意識がShiftするとともに身体感覚も変化しています。
    今は、ぶつかるものが無くて網戸みたいに軽くて、何もかもが「向こう」から来る感じ。
    あゆかさんは身体感覚に関しての変化はありましたか?

    いいね: 1人

    返信
  3. 南風

    今回の記事とても響きました!
    自分という照らし合わせる基準がないと
    世界が違って見えました!
    肩の荷が下りたような開放感ですね!
    新鮮です♪

    「その視線から犯罪や暴力、戦争をみたとき、一人一人が経験している苦痛、そして人類の集合としての嗚咽のような悲しみがつき刺さるように感じられるかもしれません。と同時に、それらを含めたすべてに慈悲と静けさといった粒子がくまなく浸透し、包まれていることも見えるのです。」

    ここ数日、国会前ではデモが行われ
    戦争への不安が国民の間で高まっていますが
    ひとりひとりが心の平和を保つことが大切かと思っています。

    このあゆかさんの文章を読んで
    戦争にさえ慈悲と静けさといった粒子がくまなく浸透していることを
    この先、見続けていこうと思いました(^∇^)

    いいね: 1人

    返信
  4. ひとみ

    いつも、ありがとうございます。

    「今、目覚める」という本に、
    【生き残ろうとしている】
    という言葉が書かれて在りました。

    ん?と反応しました。
    そして反応している!と気づいている気づきが在りました。

    そもそも自分はいないのに
    生き残ろうとしている?
    これは何?
    ひぇ〜〜これが幻の自己かーー

    大笑いしました 😃
    今までの人生というシナリオの辻褄が合いすぎて
    大笑いしました😄

    幻の自己の探求

    気づきが嬉しいやらビックリするやら
    でもいつも安心そのもの

    ありがとうございます。

    感謝

    いいね: 1人

    返信
  5. まゆみ

    あゆかさん

    初めまして。

    「聴くこと」や「感じること」に、主体と客体は無いというのはわかったのですが、「見る」ということは、どうしても私の視点を中心に向こう側に何かあり、私とその物との間に距離を感じます。分離が無いって、あゆかさんの目に日常はどのように映っているのでしょうか?

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      まゆみさん☆

      確かに「見ること」は一番難しいと思います。私もルパート・スパイラにダイレクトパスで導いてもらったとき、そこが一番難しかったです。

      で、風景や物、人ではなくて、「見る経験」に少し着目してみると良いかもしれません。始めてみる風景でも、見る経験はいつも同じですよね。見る経験と見るものは決して分けられないんですよね。

      そして、見る経験と気づいている意識も分けられませんね。

      目に映る景色は、まゆみさんとまったく同じだと思います。でも、すべてが気づいている意識に彩どられているんです。で、真の私は気づいている意識です。

      これが体験的に腑に落ちたとき、分離がどこにもなくなりますね♪

      いいね

      返信
  6. ユーミン

    こんばんは^ ^

    久々にこちらのアーカイブを読み直して、ただただその表現に感動して思わず書き込みしてしまいました♪

    私の場合、思考と感情のセットにもっていかれる事が多く、何となく避けていた(ありのままのつもりで蓋をしていた?)ような気がして、、感情へのアプローチに意識が向かい始めました。

    手探りで感情と向き合う内、都度オリジナルメソッドが出来ては消えて(笑)、はっと気づきが訪れては、また問題自体なく、ただ在るといった感じで。

    感情に向き合おうとすると、在る、というかその自覚を見失ってしまうのです。。

    ハートがギュッと閉じてしまい、その途端開いたままでいようとする意識が蓋をしてしまう感じです。

    でも、おかえりっとそのまま迎えてあげられるケースもあったりσ^_^;

    何だか、気づいている意識の時が恋しくて(笑)ワークに力みを感じてしまいます。。逃げたいだけかな。

    魂のケアの内容になってしまうのかもしれませんが、ここは集中して向き合いたくもあって。

    気づいている意識と、ワークの両立って可能なものですか?

    質問しておいて、変だなσ^_^;っと思うのですが、アドバイス頂けたら嬉しいです。

    いいね

    返信
  7. まゆみ

    あゆかさん

    ご回答ありがとうございます。

    >見る経験と見るものは決して分けられない
    →あああああ‼️‼️「見る」ということは、見ようとしなくても、目が開いている以上いつも必ず何かが目に映っています。風景を私の目から切り離すことはできない!「なぜ私と物体との間に距離はあるのだろう?」なんて改まって考えはじめた途端、物が物としてありありと立体的に見え始めて距離感も出るように感じます。もしかしたらトンチンカンな解釈をしているかなあ?

    なぜこんな質問をしたかと言うと、5連休だというのに何の予定も無く、9年住むワンルームのアパート半径1kmくらいを買い物に行くことくらいしかありません(めちゃめちゃストーリー語り 笑)でも、私はこの見慣れすぎた風景の中に美を見たいし、驚異•感嘆を味わいたいのです。

    私もユーミンさんと一緒で、昨日は昔のアーカイブを読み返していました。いつも底辺に流れているのは”優しさ”ですね。そこから文字が紡ぎ出されている感じをうけます。厳しいこと言うなと感じる時も、その優しいトーンは変わらないんです。これって非二元で言ってることですよね。愛の中にすべてがある、って。

    いいね

    返信
  8. naoko

    あゆかさん、はじめまして。動画を拝見し、ご自身の言葉で、とても丁寧に答えておられる姿に、ほんとうに素晴らしいなぁ、、と感動し、こちらへきました。
    最近、非二元について、とても興味があり、魅了されていて、ずっと、それについて、想いを巡らせてきましたが、あゆかさんの表現は、とてもわかりやすく、気付きへのアプローチのヒントも沢山頂くことができました。あゆかさんとの出会いに感謝いたします。
    これから、いろいろ見て感じていくのがとても楽しみです。ありがとうございます❤️

    いいね

    返信
  9. ゆかり

    あゆかさん、質問に丁寧にお答えいただき、ありがとうございます

    あゆかさんの仰る通り、バリバリの分離感のある中で、自分目線で思考活動として、非二元を捉えようともがいておりました

    この記事を読んでから、気がつくたびに
    あゆかさんが提案して下さった
    「見よう」「感じよう」
    もし、ここに私がいなかったら、今はどんなふうに見えるだろう?
    ここに自分がいなくて、私なしですべてが起きているとしたらと感じることを試しています

    今までいかに自分が頭の中でこねくり回して考え理解しようとしていたかが、よーくわかりました
    見よう、感じようとすると、目線は180度全体に、そして、今まで聞こえてなかった音に敏感になりました
    それってただ外に目と耳が行っただけじゃんってことかもですけど、頭の中に向かってないから、ささやかな一歩かなーとやり続けております

    そして、体感として自己の不在が腑に落ちて
    あゆかさんの仰る、すべてに慈悲と静寂といった粒子が浸透し、包まれていることがみえると世界が根底から変わるんでしょうね

    実践してからと思ったので、お礼が遅くなり過ぎました
    本当にありがとうございました
    これからもどうかよろしくお願い致します

    いいね: 1人

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中