ダイレクトパス♪

今回もご質問にお返事させてください♪

一つだけお聞きしたいのですが、ただ起きるだけということは、例えば悲惨な戦争も傍観者のように 、空(くう)の状態を保つという感じなんですかね。 それと、個々の分離していると錯覚している魂は、カルマによる役割を演じている(神の遊び)って感じになるんですか?

どんな感じか?というご質問から、悟ったらどんな感じ?という発想になっているのかなぁ~と思います。

もしそうだとしたら、これは消しゴムでキュ、キュと消してしまったほうが良いかもしれません。(*^_^*)
というのも、この発想だと「ある状態になる」ことを目指してしまいがちだからです。

真実は、真実としてすでに疑いようもなく、自我の何の努力も必要もなくすでに現われていて、ある状態になるとか、ある状態を保つということとは無縁なんです。

ある意味、地球は平らだと思っていたけど、実は球体だったみたいな話です。自分は、思いと感情と体だと思っていたけど、気づいている意識のほうだったみたいな。(=私はいない)

地球は丸いと分かっている人ってどんな人だ?どんな状態になっているのだ?どうしてあの人だけ地球は丸いって分かっているのだ?“地球が丸いと分かっていると、地球の端っこはないと確信している感じですか?”

などと、“その人”や“その人が地球をどう見ているか”に集中するより、地球そのものを自分で見てみたほうが良いですよね。(ちょっと例えに限界がありますが。)

つまり、今、まさにここに起きていることをただダイレクトに見ていくんです。

ということで、いまここになにが起きているでしょうか? 何があるでしょうか?

部屋の中にあるものを指しているのではありません。

今まさに起きていること、あるもの。

見るという経験
聞くという経験
感じるという経験
考えるという経験

経験が常にあることは誰も否定できませんね、
でも経験されていることは、常に変化しています。

そして、

経験が常にあることに気づいている意識がありますね。

でなければ、自分がいることさえわかりません。

では、個人としての自分がいることはなぜ分かるのでしょうか?

体の感覚を感じる経験
体を見ている経験
考えるという経験
そして、
それらに気づいている意識

では、それらに気づいている意識は、一人の思い、感情、体に限定されているでしょうか?

それとも、無限で、完全に静かで、変化がなく、空間とか時間という言葉があてはまらない?

ここが70億人の錯覚なんです。気づいている意識は、自分だけのものだという錯覚。だって、私の思い、私の感情は私しか分からないし・・・と。

でも、よく見てみませんか? 徹底的に。ニサルガダッタ・マハラジの先生が、“「私はある(I AM)」という感覚を掴み続けなさい、根気よく、その感覚から一瞬たりともはなれないように”と言ったように。

「私はある(I AM)」(=気づいている意識、純粋意識、それ、etc)に徹底的に寄り添って、それは単に気づいているだけではなく、自分がそれそのものであることが確信できるまで。

そして、気づいている意識は決して、経験と分けることができず、さらに経験は、決して経験されているものと分けられないと、はっきり分かるまで。

戦争や景色(見られるもの)を見る経験と、そしてそれに気づいている意識の外に持って行くことができるでしょうか? それらを分けることはできるでしょうか?

だから、「I AM」である私は、決して傍観者ではなく、戦争そのものでもあり、また愛する人を亡くして頬を伝わる涙でもあって、突き抜ける悲しみでもあります。

見るものと見られるものは決して分けられない。(=二つではない=非二元)

あらゆることが目撃され、それはあらゆるものであって、そして同時にそのどれでもなく、一切何も起きていない。

頭では決して理解できないけど、いままさに「それ」しかなくて、わたしもあなたも「それ」が創り上げたストーリー。

でも、「I AM」である私は生まれもせず、死ぬこともなく、まったく影響されず、無条件に愛であるまま♪

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

ノンデュアリティと癒しのカフェ
名古屋も広い会場を用意いたしました。まだお席若干あります。

ダイレクトパス♪」への15件のフィードバック

  1. marikyon

    あゆかさん、いつもありがとうございます。
    とても分かりやすい説明の先に、また疑問が生まれてきます笑。

    この“気づき”“経験”は、例えばこちらサイドに座ってあちらを見ています。あちらサイドの“気づき”“経験”は、こちらを見ているとすると、全体にはあらゆる“気づき”“経験”があるのでしょうか。
    それとも、こちらからあちらを見ている、“これ”だけでしょうか。
    最近、誰も何も無い一人芝居をしているのかと、恐ろしく感じることがあります。“私”が居なくなれば、一人芝居も何もありませんけど。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      marikyon さん☆

      疑問はわんさ湧いてきますよね。(*^_^*) さぁ、お返事をしようと思ったのですが、非二元は話すほうも、質問する方も言葉が難しいようで、ご質問の「あちら」「こちら」という意味が分かりませんでした。
       とりあえず、こちらとかあちらとかないですよ♪ 空間も時間もないです。一人芝居する“一人”もいません。でも、すべてがあって、満ち満ちてもいて・・・・。ミステリー満載です♪

      いいね

      返信
      1. 匿名

        あゆかさん。

        ご回答ありがとうございます。
        でも、二元的にはあちらとこちらがあります。
        私とあゆかさん、それぞれに見ているものが違います。
        今ここで返信している私には、あゆかさんはいません。
        多分あゆかさんのところに私はいません。
        それぞれに表れの様子が違いますか?それとも、今ここにあゆかさんがいなければ、それは、いないということでしょうか。

        いいね

  2. ゆみ

    いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
    質問ですが、「私」がいなくなっても、世界はあるでしょうか?
    もともと「私」なんてものは無いのだから、今まで通り世界はあるということ?
    世界、というのは比喩ですので、「それ」「ここにある全て」という解釈です。
    また、肉体がなくなっても、世界はあるでしょうか?
    自己意識が消失するわけですから、そこには世界を認識する個人はいないですよね。自己意識の消失=私の不在=ただ「それ」だけが残る。
    「それ」が残ったとしても、認識できる脳や身体は無いわけだから、認識すらできない=「それ」は無い、と同じですか?
    大和田菜穂さんは以前「個人は死んでも太陽はあります」と言っていたので、混乱しています。
    もしご教授いただけたらありがたいです。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ゆみさん、こんにちは☆

      「私」がゆみさんを指しているのであれば、ゆみさんがいなくなっても、溝口あゆかがいなくなっても、世界(現象)はなくならないですよね。

      大海が気づきている意識(=全体、純粋意識、空、それ、etc)であるとしたら、ゆみさんも溝口あゆかも小波です。小波が消えても、大海は大海のままで、大海は生まれたり死んだりしません。

      私たちの多くが勘違いしているのは、小波が世界を認識していると思っていることです。世界を認識しているのは、大海のほうです。そして、ゆみさんは小波であると同時に大海であって、いつか大海になるのではないんです。朝起きて、朝陽を認識しているのは、ゆみさんではなくて、大海です。

      でも、きっとゆみさんは、この朝陽は私にしか見えないから、ゆみという私が認識していると思っているでしょう。これが、巧妙な錯覚なんです。ふふ。(*^_^*)

      さて、長くなりましたので、これもまたいつか記事にしますね♪

      いいね

      返信
  3. ayukablog 投稿作成者

    marikyon さん☆

    なんとなくご質問の意味が見えてきた気がします。間違っていたらごめんなさい。気づきと経験が誰か個人に属しているという発想なのかもしれませんね。見る経験といった場合、私の見る経験ではなく、見る経験を所有している誰かはいないということなんです。溝口あゆかという現象はありますが、経験の主体、所有者がいないということです。これでお返事になっているかなぁ・・・・?

    いいね

    返信
    1. 匿名

      あゆかさん。

      ありがとうございます。
      「経験の主体」があちらとこちらに在るという感覚が分離なのでしょうね。
      肉体が自分だという感覚をもってしては、やはり理解の及ばないところです。
      これは、諦めるしかなさそうです笑。
      ありがとうございました。

      いいね

      返信
  4. ゆみ

    早速のお返事ありがとうございました。
    とてもわかりやすく、鋭いご回答に、今深い洞察を感じました。
    一瞥体験を数ヶ月前にしたのですが、ゆっくりと影がさすようにだんだん自我の再構築の最中におりました。
    そこで、こちらの言葉に再び霧がパッと晴れたような、そんな表現がここから出てきます。
    大変ありがとうございました。
    来月の東京ミーティングに参加する予定です。楽しみにしてます。

    いいね

    返信
  5. ino

    素朴な疑問ですみませんが、
    分離してる私と個人と自我は同じ意味ですか?

    よく、思いや思考が自分の現実を作ってると聞きますが、その思考は私個人がコントロールしてるのではなくて、「それ」から湧いてきてるということですか?

    いいね

    返信
  6. ゆゆ

    あゆかさん、こんにちは!
    あゆかさんの動画を何回も何回も見ているところです。
    その中で『すべてのストーリーは、何から作られているか。すべてのストーリーは、何から生まれているか。よーく見ていくと、気づいている意識から作られている。』
    ここが、どーーーしても見えて来ないです。
    (泣)
    何かアドバイスをお願いします。

    いいね

    返信
  7. うに

    あゆかさんはじめまして♪
    私は非二元論に嫌悪感を持っていました。
    非二元論を語る方はみんな口を揃えて「何もない」「何も起こっていない」「私もいない」と言うだけで、人間として生きている意味がないように感じてしまって腑に落ちませんでした。

    でも、あゆかさんのおっしゃる事を聞いて、今まで感じていたもので良かったんだとわかり、モヤモヤが消えました。ありがとうございます!

    ひとつだけ質問があるのですが、何も起こっていないというのは、起こっていること=気づいているものだから、気づいているものには何も起こっていないということでしょうか?教えて下さいm(_ _)m

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      うにさん、こんにちは☆

      さて、何も起こっていないだけではなく、「何も起きていないと同時にあらゆることが起きている」なんです

      例えば、大海に波が起きますよね。波はどの一瞬も同じ形にとどまることがなく、常に形を変えながら起きていますね。では、一瞬に出来上がったその波の形はあったと言えるでしょうか?一瞬たりともとどまっていない波の形をあったとは言えないでしょう。でも、なかったとも言えないですよね。

      同じようにこの世界に現れているものもすべて常に変化し続けていて、一瞬たりとも同じ形をしていません。ただ、人間の目には変化していないように見えるものも多ですけど。建物とか山とか。でも、それらも毎日変化しています。

      気づきの意識に立った時、そこには時間も空間もなく、だからすべてが実体を持たず(何も起きていない)、でも同時に、あらゆることが起きているかのように見える世界、美しくも愛しい世界があるんです。

      あまりお答えになっていないかもしれませんが、このへんで~♪

      いいね

      返信
  8. ゆき

    あゆかさん、こんにちは!

    ずっと、ダイレクトパスをしてきて、

    最近、趣味はダイレクトパスです、と言ってしまいそうになり、ああ、乗り物に愛着が出てきたわ、と思うことがありました。

    欧米で暮らしている人が、趣味は英語です、とは言わないですもの。

    ダイレクトパスをしてきて、私でないものを私と思い込んでいたことに気づいたことは、気づきが大きかったです。

    さて、

    〉見るものと見られるものは決して分けられない。
    (=二つではない=非二元)

    観察者と観察されるものは同じ。

    というのは、

    旅する旅人こそ、旅そのもの。

    The traveller is the journey.

    と、表現してもいいですか。

    もしも、同じことを指しているなら、この言い方、いいな、と思って、お伺いしました。

    (引用 ……Further investigation suggests that the human form does not so much contain the Kingdom of heavens, but rather is(この is は太文字)the Kingdom of heavens. When you realize this you understand that the traveller is the journey,the seeker is the sought. And when you seek this kingdom all ‘things shall be added unto you’(Luke 12:31).

    ブログの記事を集中して見ていたら、

    最近、なぜか、英語が分かるようになって、10代の頃から英語が苦手だったのですけれども、それで、英語の本を眺めていたら、こういう行が出てきました。

    ダイレクトパスを続けたいと思います。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ゆきさん、こんにちは☆

      わぁ、よく聖書の中から見つけましたね。the traveller is the journey,the seeker is the sought. まさに非二元ですね。経験者と経験は二つではない。(観察者と観察されるものは二つではない。)

      素敵なシェアをありがとうございました!(*^_^*)  趣味はダイレクトパスも宜しいかと・・・うふふ。

      いいね

      返信
  9. ゆき

    あゆかさん、こんにちは!

    そうなんですね!お返事、ありがとうございます!!

    英語は、The Esoteric Practice -Christian Meditations & exercises という本から引用しました♪

    聖書の言葉が深い!ことに引用文を見直していて、気づきました。日本にいて、ほんとうにそうだな~と感じることばかりです。

    愛が愛を生きるとき、生命が生命を生きるとき、何が起こるか、楽しみですね!

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中