世界とノンデュアリティ

ノンデュアリティ(非二元)というこの言葉。

人によっては、まったくもって意味不明で、
人によっては聞きすぎてげっぷがでてしまうかもしれません。(笑)

でも、私はこの“二つではない”という言い方がとても好きなんです♪

無償の愛とか、真我とか、ワンネスとか、そういった言葉に比べると、“二つではない”というと、なんだか無味乾燥な感じがするかもしれません。

イギリス人の友人には、“ノンデュアリティ?何それ?科学の用語?”とさえ言われました。

でも、この“二つではない”には、ものすごく深く豊かなものがあって、だから、昔の人は、ワンネスと言わずに、アドヴァイタ(“二つではない”)とわざわざ言ったのではないかなと思うのです。

例えば般若心経、

色は空であり、空は色である。(=この二つは分けられない)

この色と空を、もしひとまとめにワンネスって言ってしまったら・・・・。

色と空というまさに正反対で、実に対照的であるものが分けられないというミステリー、驚異、本質の深さが見過ごされてしまう感じがするのです。

相反するものが同時に真実であって、決して分けられないという、自我にはまったくお手上げなところに、途方もない深さの真実があるわけです。

でも、そんな理解不能なミステリーよりも、無償の愛や感謝を体現しようとか、高次の波動を目指すとか、空の状態になれば良いのだとか、そういった分かりやすい話のほうに流れてしまう気がするのです。

パリでテロが起きて、それは「ほんとうは起きていないし、誰も傷ついていないし、苦しんでいる個人もいない」のだけど、それがまさしく真実である一方で、テロリストを生んだ土壌に染み込んだ怒りや憎しみ、テロによって犠牲になった人々の無念さや悲しみ、そしてそれに心を痛める人たちの様々な思いや反応がある。

両方を深く感じること。

深く、深く、感じる。そうすると、私はハートの中にいて、また真の自分はハートそのものであると分かる。

私はテロの怒りであり、悲しみであり、犠牲者のショックであり、消えていく体、そしていろと家族の目に流れる涙でもある。憤りや憎しみ、愛や共感がダンスをしながら駆け巡る。

と、同時に無音よりも静かで、深い平和と愛でもあって、そこから見えるもののすべてが夢。

テロって非二元的にはどうなの?と聞かれると、さぁ、分からないけど、ただ両方を深く感じるんです、とお返事したくなります。

色と空を深く感じる。

決して言葉にならず、頭で理解できないけれど、確実にそれがあって無限に深い真実☆

もう自分は真実が分かった、悟ったなどとはとても言えない、この永遠の果てしない深さ。

はぁ~、そしてそれが最も身近で常にここにある真のわたし♪

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

大阪:ノンデュアリティと癒しのカフェ、お席若干あります。→☆

世界とノンデュアリティ」への5件のフィードバック

  1. Pink

    あゆかさん、はじめまして。
    いつも、ブログ拝見させていただいています
    さとりセラピーの本も、とても良かったです

    相反するものが同時に真実であって分けられないという、、、、本当にそうですね
    パリでのテロ、、。
    本当は起きていないのですが、両方を深く感じています。どちらにも、怒り、悲しみ、そして深くみていくと、無条件の愛があると思うのです、
    そして、
    色々感じながら、静かで変わらないものもあり。。。
    複雑であると、ため息が、、。
    ありのままを受け入れ、それに気づくということで良いのでしょうか?

    犠牲になった方々へご冥福をお祈りします

    いいね

    返信
  2. ゆき

    あゆかさん、こんにちは!

    記事を読んで、すこし、気持ちが軽くなりました。
    ありがとうございます。

    パリでのテロ、そのこと自体もショックだったのですが、私にとっては、

    友人や家族やお世話になった方々が、朝ごはんやランチ、お茶や夕飯をいただきながら、人が人を殺したニュースをテレビやネットで見ている、

    テロのニュースを見ている日本の、みんながみんな、そうじゃないけれど、日本の日常が、とてもショックです。

    悲しい。

    とっても、悲しいです。

    いいね

    返信
  3. さば

    なんてすてきな文章でしょうか。
    数日うっとりしていました。

    非二元ではないけど
    いつか学校の授業で
    アウフヘーベン(止揚)という概念を知って
    それが理解できないのに
    体がぞくぞくとして嬉しかった事を
    思い出しました。

    私にとって非二元は
    ほとんど概念(頭)の理解でしかないのに
    知る事で、何かが変わっていくのを
    感じます。

    一番面白い変化は
    自我や個人という単位(色)から
    生み出される摩擦や葛藤を
    消し去りたいとか
    逃れたいう気持ちが減って
    そのまま接することができるように
    なった事です。

    いいね

    返信
  4. 一元でいいや。

    パリでテロが起きて、それは「ほんとうは起きていないし、誰も傷ついていないし、苦しんでいる個人もいない」のだけど

    こういう身勝手な解釈が…
    原理主義でテロを起こしているのかと思います。

    こういう教えを教祖気分で触れ回って、ひとの心の弱いところを巧みに探るノンデュアリティーの方々に非常に危機感を覚える今日此の頃です。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      一元でいいやさん、こんにちは☆

      批判されているのだと思いますが、世界への愛を感じました。(*^_^*)

      大切なのはそこですよね♪

      いいね

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中