死は自我の解放?

今回は、コメントにお返事いたします。コメントをありがとうございます♪ 

自分を無くしてしましたい。という思いを、輪廻・来世を理由にずっと封じ込めてきました。<省略>「私」という感覚は高度に発達した人間の脳が創る幻想であり、時間も幻想なのだから、前世も来世も存在しない。起きていることに意味はなく、生きざま死にざまにかかわらず脳の死は個の消滅・解放である。(消滅したと知る個もなくただ全体があるだけ)とのお話。 長年の死にたい病患者の私にとってそんな魅力的な話はなく、単に「死にたい」が湧いているだけで、自死すら解放の妨げにならないなら、いっそ今にも逝きたいと願い、何処でどうやって死のうかとばかり考える狂気じみた日々が暫らく続きました。家族のことも気にかかりましたが、本当に気にかかったのは「本当に私がなくなれるのか?」でした。<省略>

始めに「本当に私がなくなれるのか?」ですが、コメントの方が思っていらっしゃる「私」がそもそもいないんです。「私がいるという思い込み」があるだけなんです。

でも、おそらく本当に消したいのは、苦しみではないでしょうか? もしめっちゃ幸せだったら、それでも自分を無くしてしまいたい?

とりあえず話を進める前に、脳が幻想を生み出すというのは、私は賛成ではないんです。個人的には量子学をベースにした考え、脳ではなくて「量子フィールドに情報(思い、感情、記憶)がある」という理論のほうがしっくりきています。

実際、量子学と非二元はかなり重なるため、欧米で開催されている科学と非二元の会議でも常にテーマになっています。

また、ブルース・リプトン博士の細胞膜が量子フィールドにあるそれらの情報を受信し、細胞に影響を与えるというリサーチ結果を出していますね。現在、その理論が他のリサーチとともに主流になりつつあるようです。→☆

であれば、臓器移植でドナーの記憶や思いを持つようになる人がたくさんいたり、臨死体験があったり、セラピーをやっていて年中勝手に前世が出てくることにもうなずけます。

で、この理論をベースにすれば、肉体は死んでも個の情報(個の思い、感情、記憶)は残るんです。トラウマのショックや傷ついた思いなどすべて。その集合した人類の情報をユングは、集合的無意識とも呼んでいます。

ので、本当に私は消えるのか?という問いを勝手に、本当に苦しみはなくなるか?に変えると、その保障はないかも~~ということです。

いわゆる多くの人が思っている「私」とは、体と思いと感情の集積に「それが私である」「自分である」という思い込みがくっついたもの(=自我)ですね。

でも、そこに主体、選択者、行為者はいないんですね。よ~く観察してみれば、思いは勝手に湧き、体は勝手に動いているはずです。

そこに物事を決めたり、選んだり、何かを起こしている主体、行為者はいないはずです。こっちにしようとか、そういった数々の思考があるだけで、それらの思考も誰の意図もなく、勝手に沸いているだけです。

しつこいようですが、こういう話をただ概念で捉えると、ほぼ間違いなく誤解、勘違い起こりまくりです。

ので、徹底的に観察してみてください♪ 

で、そもそも苦しみが生まれる理由とは、「個の私がいる」という思い込みに始まって、あらゆる思いを信じ切っているからです。

となれば、問題は「(個の)私がいる」という思い込みです。ですから、消滅させたいのなら、肉体(脳)ではなくて、思い込みを消滅させれば良いんです。

でも、その思い込みには、長年刷り込まれた収縮したエネルギーがしっかりあるために、超リアルでとても思い込みとは思えませんよね。

しかし、その収縮したエネルギーがなくなれば、思い込みを支えるものもなくなり、それを一般的に「解放」と呼んでいるんですね。

さて、カウンセラー&セラピストの身としては、「なぜそんなに死にたいのか?自分を消したいのか?」というところにどうしても興味が行ってしまいます。

お話をさせて頂かないとそのへんの事情は分かりませんが、長年死にたいと思っていらっしゃったということは、逆に言えば深いレベルでは「生きたい」という思いも強いはずです。

または、生きるためにすごく欲しい何かがあるというか。なぜなら、生きていても、死んでいてもどっちでもいいや~と本気で思っていたら、そんなに「死にたい」病にはならないからです。どっちでも良いことに私たちは囚われませんが、大切だと思うと囚われますよね。

ですから、本当は生きる何かをすごく求めているはずなんです。でも、それが手に入らない、生きることを支えてくれる何かがないといった「思考」を信じてしまい、それが紛れもない事実だと思ってしまったとき、私たちは死にたいと思ってしまうんですね。

話を戻して、

前世も今世も来世もすべて壮大なストーリーであって、ここに取り上げたコメントの方の苦悩もすべてストーリーです。だからたいしたことがないという意味ではなく、真に理解されれば大きな救いとなるでしょう。

起きていることのすべてなにもかもが、ある意味ストーリー以前でもあり、すべてがただ起きています。

真のあなたは、それらのすべて気づいていて、そして隅々まであなたです。

言葉を超えて、思考を超えて、ストーリーを超えて、

すべてが理解不可能だけど優しくて、

あぁ~~、(*^_^*)

死は自我の解放?」への4件のフィードバック

  1. さとこ

    「脳ではなくて「量子フィールドに情報(思い、感情、記憶)がある」という理論・・・
    であれば、臓器移植でドナーの記憶や思いを持つようになる人がたくさんいたり、臨死体験があったり、セラピーをやっていて年中勝手に前世が出てくることにもうなずけます・・・・・で、この理論をベースにすれば、肉体は死んでも個の情報(個の思い、感情、記憶)は残るんです。」

    ↑この部分、非常に興味深いです。もっと詳しく知りたいです。
    日本語で読めるサイトか、あるいは書籍で参考にできそうなものはありますか?
    よろしければ教えてください。

    いいね

    返信
  2. 7830

    あゆかさん、ありがとうございます。何度も読み返しています。

    あゆかさんは、個という思いこみは脳が創る幻想だというお考えでないこと有難く拝見しました。

    更なる疑問が湧いてしまったのですが、「脳ではなく量子フィールドに情報(思い・感情・記憶)がある」ということが上手く摑めません。
    そのフィールドは、収縮した個ごとににあるものなのでしょうか?
    収縮して「私」だと思っている個々のフィールド範囲みたいなものがあって、そこに情報が蓄積され全体となった時にもそのフィールド範囲は、次にというか一つの意識から別の意識に持ち越すみたいな感じですか?
    もしもそうならば何となく魂の歴史(こういうと時系列っぽくなってしまいますがパラレルとかでも)のように感じられ、例え幻想であっても個のエネルギーが続くように思えてしまいます。

    それとも、例えば大木の葉のひとつに溜めこまれた情報は、その葉が落ち腐り土になり根から養分として(その情報が)全体に引き継がれるのであって、再び新しい葉として生まれる時に持ち越してくる情報があるとすれば、個々の蓄積した個別の情報を引き継ぐのではなく全体からランダムに表れた情報の一部であり、何の意味もない(例えば生まれる環境・体質・気質などなど)と理解したほうがいいのでしょうか?

    頭で理解できることではないのでしょうが、知りたい気持ちが湧いています。

    あゆかさんの仰るとおり、私は苦しみを完全に消したいだけでした。確かに人生が楽しかったらそうは思いませんものね。
    湧いてくる感情や思考が嫌で仕方なく、こんな簡単なことさえ分からなくなっていました。
    そして、生きる意味を求めても手に入れられず、生きていく支えを見つけられずにいることに絶望していたのだと思います。
    でもそれも思考が紛れもない事実だと思ってしまっただけなら、それが本当でなかったと芯から腑に落ちたとき、奥底ではきっと生きたいと思っている私に人生をもう一度楽しめる時がくるのかもしれません。

    今は12日にお話し伺えることを一番の楽しみにしています。

    また、さとこさんが質問してくださったことにも感謝します。
    「投影された宇宙」今から読ませていただきます。もしかすると上の質問の答えが書かれてるかもしれませんね。

    あゆかさん、心からありがとう!

    いいね

    返信
  3. かぜ

    はじめまして。

    「気づいている意識」から全てが起こっているのなら、自我が流れに抵抗して苦しむのも、そもそも自我さえも「気づいている意識」そのものなのでしょうかね。
    「気づいている意識」が「空」で、「自我」が「色」?
    「気づいている意識」からは何故苦しみや全てが起こるのでしょう?
    「気づいている意識」が自らの存在そのものに気づくためですか?
    自我がどうしても理由を探してしまいます。

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中