「ある」に寄り添う♪ 

“いつ個人の感覚がなくなったのですか?”という質問を受けたりします。正直に言えば、いつなくなったのかも分からないし、実際なくなったのかもよくわかりません。また、それが悟った証拠だとも思っていません。

確かに今年に入ってから「私がいない」という非二元のメッセージが脚光を浴びたので、そう質問する人の気持ちは分からないでもありません。

で、私にとっては「私がいない」よりも「私は何か?」のほうが、よりしっくり来るのです。

私の先生(と勝手に決めている)ルパート・スパイラは、「自分が何なのかを忘れなければ良い」と言っていました。また、ニサルガダッタは「あなたは絶対的な存在である、私の言葉を疑ってはいけない、私を信じなさい」という師の言葉を信じて、そこに留まり続けたそうです。

「I AM(わたしはある)」、気づいている意識、純粋意識、存在、全体、これ、どんな言葉でも良いですが、それが自分であるとはっきり認識するということ。

そして、「ある」=「気づいている意識」に寄り添い続けてみれば、気づいている意識とあらゆる経験は決して分けられないことが見えてくるでしょう。

気づいている意識とは単に、経験の別の名に過ぎないことを。

そして、経験と経験されるものも決して分けることはできず、こことあそこという距離の分離もまったくなったとき、すべてが「気づいている意識」の「わたし」となる。

見渡す限りすべては親密なわたしで、「わたし」だけがダンスをしている。

たとえ個の感覚があったとしても、それもまたダンスの現れであって、個とはいえども決して個人的ではない。

イギリスの芸術家、ウィリアム・ブレイクが「どこに目を落としてもそこに神の顔を見る」と言ったように、知らないものは何一つなく、すべて親密な「わたし」で満たされている。

“知らないものは何もなくなりました”というと、ほとんどの人は良く分からないという顔をします。

私と知らないもの、知らない人たちで溢れている世界があるという構図はもはや消え去り、すべては愛、受容である「わたし」だけがある。

それが真に認識されれば、もうそれを忘れることは不可能でしょう。

それは呼吸より身近で、呼吸より努力もいらず、一番自然なことだから。

もし、私が誰かに質問するとしたら、一番聞きたいことは、
あなたは個を超えた愛を知っていますか?
そして、それがあなたであると分かっていますか?
だけかもしれません。(*^_^*)

あなたの経験の中で唯一把握できないけど、疑いようもなくある「ある」という感覚。

個の感覚や分離感があるのかどうかこだわるよりも、ただそこにシンプルにあり続けてみませんか♪

 

「ある」に寄り添う♪ 」への18件のフィードバック

  1. ゆき

    あゆかさん、こんにちは!

    「空」は、ダイレクトパスで体験してみると、

    生きる喜びで充ちているように、リアルな感じがして、決して、空っぽではなく、これ以上なく、充満した静かな感じ。

    がするので、全然、「空っぽ」や「empty」じゃないじゃないんだけど。。というふうに思うことがあります。

    この世の中も、
    生きる喜び(一喜一憂の喜びや、所有の喜びでなく)、ただの、生きる喜びで、充ちあふれて、限りがないように感じるのですが、

    とくに、東京のエネルギーを感じると、東京のイメージではなく、東京の地の、街のエネルギーを感じると、今、すごく動いていて、とってもワクワクして仕方がないです。

    東京のエネルギーを感じると、現象で表れている慈悲深さと、空の、慈悲深さの、違いがよく分かりません。

    ま、分からなくていいですよね~どちらも慈悲深いから♪

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      おっしゃる通りですね。空っぽだから満たされているんですよね。でも、熟睡しているときのなにも捉えられない深遠な空、でも熟睡の間も確実に「ある」。空もどこまでも深く行けますね。素敵なコメントをありがとうございます!

      いいね

      返信
  2. ひとみ

    アジャシャンティさんが書いてくださった
    「静けさを感じられますか」という言葉が大好きです。
    この言葉を感じようとすると
    この静けさを感じようとすると
    「私は何か」にかえってこれます。
    最近は、この静けさそのものに融け入って融け入って
    これそのもの、静けさそのものにかえれるこのときが
    最高のよろこびです。

    理屈はもう!どうでもよくなり
    この静けさそのものに融け入って融け入っている時間が多くなりました。

    落ち着くところに落ち着きました。

    嬉しくて気持ちよくて有難くて
    これのなかに私が消え入り
    そしてこれそのものが私だと腑に落ち
    まるで天と地が1つに融け合った
    これとしか表現できない「 」です。

    これのみで
    ここからも在ります。

    ありがとうございます。
    あゆかさん

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      こちらこそ素敵なコメントをありがとうございます。(*^_^*)

      アジャシャンティさんが書いてくださった
      「静けさを感じられますか」という言葉が大好きです。

      わぁ、私も大好きです♪

      いいね

      返信
  3. i

    >私と知らないもの、知らない人たちで溢れている世界があるという構図はもはや消え去り、すべては愛、受容である「わたし」だけがある。

    それが真に認識されれば、もうそれを忘れることは不可能でしょう。

    それは呼吸より身近で、呼吸より努力もいらず、一番自然なことだから。<

    ▽もうすでに、その通りになってしまいました。

    苦楽を問わず、のめり込んだり、没頭していると、良くも悪くも、肝心なところ???で、

    優しく、ブレーキが掛かり始めます。(起きているのに意識や区別をしようとすることが寝てしまうのです。)

    いいね: 1人

    返信
  4. サトシ

    あゆかさん、こんにちは。

    僕はずっと某非二元ティーチャーの「私はいない」が正直、意味不明でした。
    (分かったようなフリをしたことならありますが…)

    表現の違いだと言われればそれまでかも知れませんが、「私はいない」というより「私の境界線が無い。すべて私だ」ということなら、とりあえず頭の理解はスッと通ります。

    かと言って、「すべては私だ!」とエゴが高揚したり肥大したりという感じでもないんです。
    しかし、それは、いわゆる「ワンネス」というものとは違うような気がするんです。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      サトシさん、こんにちは!

      それは、いわゆる「ワンネス」というものとは違うような気がするんです。

      とても良い感覚ですね♪
      分離していると錯覚している個のわたしが、「すべては私だ」と思ってしまったら、それはものすごいエゴの肥大化になりますよね。

      スピリチュアルで言われている「ワンネス」は、私とあなたは、ほんとうはつながっているというような、分離した個人がいることが前提になっていることが多いですね。私たちはつながっている・・・みたいな。

      しかし、そもそもその「私たち」がいないんです。誰もいなくて、ただ「ある」。それをワンネスといっても良いのかもしれませんし、言葉って難しいですね。(*^_^*)

      いいね

      返信
  5. ひとみ

    あゆかさん

    いつもいつも本当にいつも、ありがとうございます。

    個の私が、どこに引っ掛かっていたのか?がわかりました。
    個の私には、どうしても色と空が同じではなく別物にしか感じなかったのです。
    でも今は
    個の自分の奥底は空なんだ!とわかりました。
    これってアジャシャンティさんの言葉「静けさを感じられますか」を
    ずっと実践していて、そのうちに、すぐに静けさを感じられるように勝手になっていて、さらには、例えばお腹が痛いときでも、ふと「こんなときでも感じられるのかな?」となぜか湧いてきて、実践してみると、そんな現実には大変なときでさへ「静けさ」はいつもここに在り、すげーーーって感動しました。
    それからは「静けさ」を感じよう!と意識しなくても、なぜかいつも「静けさ」が恋しくなり、そのうち「静けさ」と恋に堕ち、そのうち「静けさ」と結婚し、そのうち「静けさ」と身内関係になり、そのうち「静けさ」は私そのものとなっていきました。
    色は個人意識の私で、空は静けさで、最初は色と空は全くの別物しか感じなかったのが
    いつのまにか色と空は同じもの!となりました。
    色の私が、空の私と恋に堕ち、結婚し、個人意識の私は空家に嫁ぎ
    いつのまにか空そのものにかえった!感じです。
    色も空。空も色。でした。
    これって私の命と命の私が同じでした!と同じですね。

    あゆかさん。ほんとうにほんとうにありがとうございます!
    あゆかさんのおかげです。
    ほんとうにほんとうにありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      うわぁ~~、ものすごく美しい表現ですね!!素晴らしいの一言につきます。(*^_^*)
      また、感謝の言葉を大変ありがとうございます。私はまったく何もしておりませんが、お気持ちをがしっとハートで受け止めさせて頂きます♪ アジャシャンティも私のティーチャーです。ふふ。

      いいね

      返信
  6. モモ

    昨日の会に参加させていただきました。
    とても響くお話しばかりでした。

    もやもやしていて…、質問です。
    あゆかさんは、自由意思がないということは、どのようにお考えでしょうか。
    セラピーで治癒が進むと生きることが楽になる、
    ということは、
    行動によって結果が変わることを示し、
    こころという生き物がいる、といえると思ってしまいます。
    こころという生き物は、何の力もないのでしょうか。

    また、引き寄せの法則は、ないのでしょうか。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      カフェにご参加頂きありがとうございました!(*^_^*)

      自由意思に関して、次に来る思考をいつも自分が知っているのか? それとも、思考は単に湧いてくるのか? 自分を観察してみると見えてくるかもしれません。考えを生み出している誰か主体がいるのかどうか?考えるのではなくて、観察してみると良いですね。

      考えに走ると、どうしても行き詰ります。なぜなら、思考は白黒でしか考えられないからです。自由意思がないのなら、自分にできることはない、みたいな。

      引き寄せの法則も、もし出来事に意味づけをまったくしなかったら、それは存在するでしょうか? 誰かが何かを引き寄せるというのは、主体がいて、客体がある幻想の世界観ですね。

      じゃぁ、まったくないのか? 白か黒で考えてしまうとその両方のはざまにある深遠なミステリー(真実)を見逃してしまうかもしれません。ほんと、決して頭では理解できないこの“現れ”。それが自分♪

      いいね

      返信
  7. りらくま

    私は、1年前にうつ病になり、あらゆる事が出来なくなりました。
    精神科に通院し、投薬治療を受けても、うつ病は悪化する一方で、現在では、ほぼ寝たきりの状態で毎日を過ごしています。

    ノンデュアリティはうつ病患者の救いになりますか?

    よろしくお願い致します。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      りらくまさん、こんにちは☆

      ほぼ寝たりきはお辛い状態ですね。

      ノンデュアリティの理解は、うつになった自分への否定的な思いから救ってくれることはあるかもしれません。しかし、うつそのものが治るということは残念ながらほとんどないかと思います。もちろん、鬱になった原因にもよると思いますが。

      鬱の原因は、トラウマであったり、または抑圧された、いくつかの高いネガティブな感情であったりします。個人的には投薬よりも原因を探り、解放していくセラピーのようなものがお勧めです。

      スカイプでもセッションは受けられますので、ご興味がありましたら、info_ayukahealingspace@yahoo.co.jpまでご連絡ください。セラピストさんをご紹介をします。

      いいね

      返信
  8. ゆうた

    いつもブログを拝見させていただいてます。
    最近非二元のお話を見たり聞いたりして、わからないところがあります。
    自由意志というのは無いとよく聞くのですが、例えば湧いてきた思考に対して、それに執着するのか手放すのかという選択の自由も本当は無いのでしょうか?

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ゆうたさん、こんにちは☆

      自由意思に関して、よく思考を観察すれば疑いようもなく分かるはずですね。ですので、自分は次の思考を本当に知っているのか? 執着する思い(または衝動)が出てくるのか、手放す思い(または衝動)がでてくるのか、自分は事前に本当に知っているのか? 観察をしてみれば、おのずと答えは出てくるはずです。

      ただ、普段から思考を眺める癖がないと、あたかも自分で考えたように感じてしまうでしょう。なので、普段から思考を眺める癖をつけておくと良いかもしれません。

      最初は億劫かもしれませんが、それが体験的な理解につながりますので、ぜひよ~く観察してみてくださいませ♪

      いいね

      返信
      1. ゆうた

        ご返信いただきましてありがとうございますm(_ _)m
        人のブログにコメントすることが初めてだったので、こうして個人的な質問に答えていただくという経験も初めてだったので感動してます!
        確かに観察してみると思考は勝手に湧いてきて、その思考に執着せずに手放した方がいいぞという思いも勝手に湧いてきていて、そもそも観察するということ自体も自分が選択したわけではなく勝手に起きているように見えました。
        これからも思考や内側をよく観察しながら生活しようと思います。

        全く関係ない話ですが、自分が非二元やスピリチュアルなどに興味を持ち始めた半年前くらいにたまたま買った本が溝口さんの訳されてるガイアの本でした。それだけです(笑)
        ご返信いただきましてありがとうございましたm(_ _)m

        いいね

  9. ゆき

    あゆかさん、コメントにお返事をいただいていたのですね!ありがとうございます♪

    ブログを拝見させていただくと、コミュニケーションはこういうふうにするのかぁと参考になります。ハートが大事なんですね♪

    出口は、今、この瞬間。

    現れているものは、ほぼ過去の思考と願望~私の世界では。
    ということに気づきました。

    今この瞬間、これほどの自由はないですね!

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中