二つに非ず♪

自我はものごとを対立させて考えることがとても好きなものです。

この世とあの世、物質世界と精神世界というように。でも、対立させて分けている限りぜんぶストーリーです。壮大なストーリーで、個人的には好きですけど。

ですが、たぶん同じ発想で「非二元VS二元」ということが語られているようです。

で、このブログの読者さんには耳タコ状態かもしれませんが、とりあえず原点に返ると、非二元とは「アドヴァイタ(advaita = not two)、二つではない 」を日本語にした言葉で「二つに非ず」という意味です。

「二つに非ず」のはずが、また見事に二つに分けられている・・・。

しかし、本来非二元はそんな対立思考に終止符を打つものなんです。

で、その二つとは、

空と色の二つではない。(空即是色、色即是空)
観る者と観られるものの二つではない。

ですね。

例えば、多くの人が“音楽を聴いているのは私”、“ラーメンを食べながら、おいしい~と言っているのは私”、“一人で部屋で世の中から取り残されたような気持になっているのは私”とあらゆる経験の「主」は、個の分離した自分だと思っているでしょう。

でも、非二元の「私はいない」というメッセージは、そういう私はいないということなんです。

“テレビを観ている私”も“ラーメンを食べながら、おいしい~と言っている私”も、“一人で部屋で世の中から取り残されたような気持になっている私”もいないということです。

そうではなく、今ここで、まさにここで、ただ“聞く”が起きていて、“食べる”が起きていて、おいし~いという“思いや感情”、そして、取り残されている~という思いや感情が起きていて・・・、すべて主体なしに起きているんです。

そして、それらに気づいているのは純粋意識で、個人のあなたの意識ではないんです。

これを個の自分の意識だと思っているのが、人類の錯覚です。

そして、それが以前にもご紹介したマイスター・エックハルトの言葉、

「私が神を見ている目と、神が私を見ている目は同じものある。」
The eye with which I see God is the same eye with which God sees me.

ですね。(この言葉大好きすぎて、何度でもご紹介してしまう。うふふ♪)

ですから、このブログの文字を追っている目は、神の目であって、あなた個人の目ではないんです。(念のため、物理的な目ではなく意識という意味)

見るが起きていて、目が動いて、理解が起きて、考えが起きているんです。あなたの中は空っぽです。(そして、現象で満ちている)

見事な経験のダンスが起きているんです。

さて、あなたの目が神の目といっても、分離していると錯覚している自我が「自分は神なのだ」と思ってしまったら、それは大悲劇です。

もちろん、そういうことではありません。

なので、主体がいないこと、空っぽであることを認識することは大切だなぁと思うのです。自我が勘違いしないためにも。

そういう意味で、一つの体に一つの意識がくっついていて、その意識がシフトすれば、「空」が分かる!とかそういうものでもまったくありません。

これは大勢の人がはまっている悟りストーリーかもしれません。

または、一つの体に一つの意識がくっついていて、その意識の波動を高め、高次のワンネスと統合するというスピリチュアルストーリーでもありません。

私も一瞥体験をするまでガッツリこれにはまっていました。

でも、渦巻き(現象=色)が自分が無限の水(空)だと知るために必要なことはなんでしょうか? 水の世界を想定して、そこへ到達すること? 水の状態にシフトして、その状態をキープすること? または渦巻きの波動を高めて、ワンネスの水に融合すること?

それとも、たった今自分を見つめ、そして自分の本質は水であることを疑いようがなく、しっかり認識すること?

水と渦巻きが分けられないように、現象と気づいている意識も決して分けられない。二つに非ず。

そこで主体も客体の幻想も終わり、分離の幻想も消える。

そして、渦巻きである“私”は水に完全に降伏し、ずっと見過ごしてきた足元の平和を知る♪

 

☆☆☆☆ お知らせ ☆☆☆☆

「ノンデュアリティと癒しのカフェ」開催

名古屋:5月14日(土)、大阪:5月15日(日)

お申し込みはこちら

 

二つに非ず♪」への27件のフィードバック

  1. ゆき

    あゆかさん、こんにちは!

    今朝、仕事に向かうバスの中で、

    クライアントさんに会う前はいつも、ニュースもFBも、ましてやブログは決して見ないのですが、

    気づきのダンスが見たくなったので、ちょうど、この一個前の記事があったので目にしたら、

    ああ、知っている、わかっている、私はいないけど、私は渦巻きで、大きな海なんでしょ、だから何、と反射的に思いがわいてきました。

    そんで、なんでブログを見たのか全然わかんないっと思って、忘れて、仕事に入ったら、

    ボディークのセラピーが、その場の流れで、カウンセリングとイメージ療法で解放みたいになって、私はこれよりも違うボディーワークがしたいんだけど……流れがそういう流れだったので、委ねました。

    それで、学びました。

    今まで、知っている、わかっている、と思ったことを実際に生きたことがあったかと。

    たいせつなのは、自我が、私は大海で無限だと知っていることではなく、無限の海が、渦巻きを生きることだと。

    ま、渦を巻いていようと、無限だろうと、そんなことは、どうだっていいことです。

    私がどう考えようと、生命は毎日毎瞬、生命を生きたがっていますから。

    今朝は、カウンセリングが、カウンセリングをしていて、面白かったです。

    ありがとうございます!意識にも感謝☆

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ゆきさん、こんにちは☆

      思考は、“それは分かっている”と言いますが、それは情報として理解できたという意味程度で、実際はぜんぜんわかっていないですよね。私もゆだねたほうが良いセッションができるなぁとつくづく感じています。

      こちらこそいつもありがとうございます。(*^_^*)

      いいね

      返信
      1. ゆき

        こちらこそ、ありがとうございます♪

        足元の平和を知る、って、ほんとうに、そうですね!

        あと週末、ダイレクトパスをしていて、気づいたのですが、渦巻きと無限の海のたとえは、ものすごく、最後の最後で、誤解を生む可能性がありますね。

        日本の白隠さんが、どうして、水と氷のよう、とたとえたのか、何となくですが、知恵を感じます。

        無限の海は、どこまでいっても、形で、鏡の役割でしかないかなと。無限の海は、ワンネスだけど、静けさじゃない。鏡は壊しても、静けさは、残ります。

        あっ、海と水。海という表現のほうが、生命の多重性、多層性を感じるので、個人的には、好きです。

        ま、どうだっていいですね♪

        足元の平和に比べたら、些細なことです☆感謝☆

        いいね: 1人

  2. いく

    あゆかさん、新しい記事を楽しみにしていました♪
    ありがとうございます(o^^o)

    非二元を本当に理解するためには、いわゆる見性、悟り、などが起こらないとわからないと思ってました。でも、見性や悟りの体験がどんなものかもサッパリわからないので、自我が好むような神秘的な体験、例えば「自己が消えたような感覚?」が起こるのを期待していました。
    でも、そんなものを求めるのは、個人のわたしにとってはまさに自我を強めるだけだったような気がします。

    最近では、胸にある重苦しいものこそ、個人のわたしのエネルギーだと思って、一生懸命に消そうとしてました。でも、これも自我=個人のわたしをますます強めていることになるのでは?…となんとなく感じていたところ

    あゆかさんの今日の記事を拝見して

    あぁわたしという個人は居ないんだな。
    わたしが個人だと信じていたものは、個人ではなかったんだな。胸にある重苦しいエネルギーも個人のわたしではないんだな…

    と、あらためて認識しました。

    懐かしい風が吹きました。
    遠い昔の懐かしいものと再会したような、不思議な感覚をおぼえました。

    まぁ認識したところで、とことん腑に落ちるまではすぐに忘れて「わたしが、わたしが!」ってやるんでしょうけど…(笑)

    でももう、苦しい苦しいとウンウンうなってる個人(=渦)はいないのだから、つねにつねに気づいている意識であるわたし(=水)を認識しながら、でいいのですね?

    うーん。言葉ではうまく言えないですね…(;^_^A

    大阪のカフェ、申し込みました〜♪
    今からとても楽しみにしています♡

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      いくさん、こんにちは☆

      ほんと言葉って難しいですね。限界ありありで。でも、はいそうです。気づいている意識(「ある」という感覚、etc)にただ寄り添うというか、ただあるというか。最初は目をつぶったほうがやりやすいかと思います。

      胸のあたりの重苦しいエネルギーも誰のものでもないので、気づきの意識のダンスの一つとして、一緒に踊ってあげる、つまり、よ~く感じてあげて、そのエネルギーがしたいようにさせてあげていると良いかもしれません。その過程で涙が出てきたら泣くしと、とにかく何も押さえつけず。

      大阪のお申込みもありがとうございます♪

      いいね

      返信
      1. いく

        あゆかさん、返信ありがとうございます。

        あゆかさんと他の皆様とのやりとりを拝見するほどに、何かジンワリと染み込んでくるようでやっぱり楽しいです(^-^)

        胸の辺りの重苦しいエネルギーですが、今までは「自分のものだから」と「ガッツリ取り込んで」「自分でなんとかしなくちゃ」と頑張ってました。
        でも重苦しいエネルギーも「わたしものではない」のだから「すっと手を放してあげてもいい」ということがやっと理解できました。
        (ちゃんと言うと、ガッツリ取り込んでいるわたしも、手放すわたしもいないんですよね)

        それから

        ***
        そして、それらに気づいているのは純粋意識で、個人のあなたの意識ではないんです。

        これを個の自分の意識だと思っているのが、人類の錯覚です。
        **

        ↑この文章、さりげな〜く書かれてますが、かなり衝撃的ですよね!?

        個のわたしはいないのだから、気付いている意識が個の自分であるはずがありませんよね。

        すると、わたしの目は神の目……になりますね。

        うわ!

        またまた、どっひゃーーっです(笑)

        理解の具合はズレてるかも知れませんが

        …なんだか…楽しくてたまりません♪

        いいね

  3. Coco

    そうなんだ〜気づいてる意識は全体の純粋意識で、私個人の意識じゃないんだ〜っと思った途端、そういう「わかったような」思いこそ個人の意識なんだよと思い知らされる…(笑)だって、気づきに気付くことはできないんですもんね。
    どこまで行っても、絶え間ない自我・自意識のおしゃべりから免れられず、少々疲れて参りました…
    夜、眠りにつく時が私にとって一番幸せな時なのです。とっても寛いで安心できます。で、朝目が覚めると、特に理由はないのに、いつもどんよりと気分がすぐれず、なんとなく不安な気持ちに苛まれる。自我さん、またあなたなのね〜という感じです。
    私にとって、呼吸より近いモノ、密着してて離れないモノって、純粋意識じゃなくて、自我意識だと思ってしまいます。常に引っ付いてくる。まあ「私」がそう思うのだから、当然そういうことになるのでしょうが。

    去年、気が付いた時には満席で参加できなかった大阪カフェ。今年もあるんだ〜やったー!って思って日程見たら、すでに家族旅行の予定が入ってる日でした…残念(_ _;)
    integrated心理学のセミナーとかにも興味あるんですけど、なかなかあゆかさんのイベントに参加できない…これもただ起こってるだけなんですよね。
    またの機会、楽しみにしています。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      Cocoさん、こんにちは☆

      その自我意識が、純粋意識です。これがみんな勘違いしているというお話なんです♪ 

      その自我意識から、思考と感情を取り除いたら何が残りますか? 

      思考=意識ではないですよね。思考はただ湧いてきて去っていくものです。きっと思考がうるさいのであって、そららの思考に気づいている意識はただ静かなままのはずです。

      「わたし」と言った後に、なにも思いも感情もくっつけなければ、風景はどうなりますか?

      気が向きましたら、実験してみてくださいね。

      >これもただ起こってるだけなんですよね

      もちろんそうですが、頭で納得させた形で使ってしまうとただの感情の抑圧になり、すっきりしないというか、苦しくなることすらあります。Cocoさんは違うかもしれませんが、これを読んでいる他の方々のためにも、くやしいとか感じていましたら、“悔しい~~!!”とかちゃんと認識してあげたほうが楽ですよ♪

      いいね

      返信
      1. Coco

        あゆかさん、御返信ありがとうございます!

        そうかぁ〜あゆかさんのコメント読んで、「これは自我意識だから純粋意識ではあり得ない」って無理やり思い込もうってしてるのかなぁって思いました。自我には騙されないぞって頑張ってるのかも(笑)

        うるさいのは思考だけで気づいてる意識は静か…そう思うと少し楽になりました。うん、確かにそうかも。湧いてくる思いや感情に、またかとうんざりするのではなく、もっと素直に反応すればよいのかな。「気が向いたときに(いい言葉だな)」ちょっと丁寧に見てみますね。

        あゆかさん、いつもありがとうございます☆

        いいね

  4. ふっきー

    あゆかさん、こんばんは。
    いつも楽しみにしています。
    私は自我意識と気づきの意識を、別の存在?のように感じてましたが。
    自我意識から、思考や感情を外した後に残っているのが気づきの意識で、元々この2つに見えてるものは、同じ一つの意識だということでしょうか?
    そうだとしたら、
    本当は、気づきの意識であるのに、思考や感情によって、本来の自分自身が見えなくなっていて、、、気づきの意識が思考で曇っている時に、自分自身が自我意識になったかのように感じてしまっている(これが錯覚?思い込み?)ということですか?
    最近こういうことを意識すると、頭の後ろの方が、グニグニします〜。

    いいね

    返信
  5. Coco

    ふっきーさんに乗っかって、私も再度質問です。

    あゆかさんのコメントを頂いたあと、ふっきーさんと同じように感じたのですが、ここでまた引っかかってしまいました。

    自我意識から思考と感情を「取り除く」ということは、やはり自我意識と純粋意識とは別ものってこと?でも、純粋意識(気づき)しかないのだとしたら、思考も感情も切り離せないのでは?一方で、思考や感情は現れたり消えたりする対象であって、それを直接見ているのが気づきであるということも聞きます。つまり、おっしゃるように、意識=思考ではないということですよね。なら、気づきと、それが見ている思考や感情の間に分離はないということと矛盾しているような…?おそらく矛盾はないのでしょうが、「取り除く」という言葉を聞くと、頭が混乱してきました〜(-_-;)

    いいね

    返信
  6. ayukablog 投稿作成者

    ふっきーさん☆&Cocoさん☆

    ご質問ありがとうございます♪ これは、頭で考えるより、実際に見てみた方がうんと早いですよ~。
    また「取り除く」という言葉が混乱するのであれば、忘れてください。(*^_^*)

    では説明を変えて~、

    自分が何を考えているのか分かりますよね?ということは、気づいている意識が思考に気づいているわけです。一つの思考が他の思考を見ることはできませんから。これは、頭で考えるよりも、自明の事実ですね。たとえば、“あとで仕事をしよう”という思考が、“今日の夕ご飯何にしよう”という思考を眺められないですね。思考は常に観察されるているだけです。

    また、聞くと音を分けることはできますか? 聞くだけがあって、音はまったく分離しているとかあるでしょうか? 絶対分けられないですね。これも自明の事実です。

    また、“聞く”が起きていることに気づいていますよね? 今自分が音楽を聴いていることは分かっていますね? 聞くが聞いていることい気づくことはできません。なので、これも自明の事実。

    さて、思考や音や聞くといった経験は変わり続けますが、この中で一つだけ一切変化しないものは?
    そうそれらのすべてに気づいている意識です。

    なぜ、取り除くと書いてしまったかというと、変化するものをいったん無視してもらいたかったからです。書き方が大雑把でしたね。

    少しはご質問に近づけたでしょうか? 頭で考えるより、自分の経験を見つめた方がきっと早いですよ♪

    いつかぜひカフェにいらしてくださいね~☆

    PS: あっ、ふっきーさん、この気づいている意識が自分だけのものだと思っていることが、人類の錯覚という意味です。(*^_^*)

    いいね

    返信
    1. Coco

      あゆかさん、丁寧な御回答ありがとうございます。

      自分の経験を見つめようとし始めると、必ずその前に取り敢えず言葉で理解したいという欲求というか思考が入り込んでしまうので、なかなか前に進めず、ループをグルグル回ってしまいます^_^;

      でも、懲りずに何度も説明して下さって感謝です!

      早くカフェでお会いできるといいなぁ〜☆

      いいね

      返信
  7. ふっきー

    あゆかさん、ありがとうございます!

    すべてに気づいてる意識。一切変わらずにある意識は、なんとなく分かるような感覚があります。
    ただ、その意識が、私だけの意識ではない、というのは、、まだ言葉の上でしか理解できないですね〜。
    よく瞑想や、ダイレクトパスの誘導などで、この気づきの意識を体感?しようとする時、自分の内側を見るようにしますよね?
    そうすると、自分の身体の中に気づきの意識があるように感じてしまうので、つい、私の身体の中にあるのだから、これは私の個人的なものだと、感じてしまいます。
    あゆかさん、無理のない範囲で、いつかこの辺のことを書いていただけたら嬉しいです。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ふっきーさん☆

      こんばんは♪

      今、自分がいることは分かっていらっしゃいますよね? その分かっているという意識です。一番はっきりしている意識ですね。なにか今はっきりしていないもの、何かをして見つかるものという思い込みがあるかもしれませんね。(違ったらごめんなさい!でも、こういう誤解をしている人のほうが圧倒的に多いです。)

      私が知っているダイレクトパスは経験を見つめていきますが、体の内側を見るというのは、私はあまりやったことがないです。体の中に意識があると多くの人が錯覚していますよね。でも、明らかに反対なんです。(*^_^*)

      気づいている意識を位置づけることはできるでしょうか? 

      それでは、今回はこのへんで~♪

      いいね

      返信
  8. ayukablog 投稿作成者

    ゆきさん、こんにちは☆

    お返事ありがとうございます♪ 
    ほんとたとえは、すべてどこかで崩壊します。
    ただ、静けさとは静かな状態とは違いますよね。波がないとか、形がないとか。気づいている意識もどこまでいっても形です。でも、そこには無音より静かな静けさがありますね、たとえ騒音の最中でも♪

    いいね

    返信
    1. ゆき

      あゆかさん、おはようございます。コメント、拝見しました。ありがとうございます!

      申し上げた表現が、伝わりづらかったかなと思ったのですが、ただ、0(ゼロ)と1、その違いを私は言いたかったです。

      0(ゼロ)を中国では、道(タオ)と表現されますが、1は、0(ゼロ)から生まれるけれども、0(ゼロ)じゃないんだろうと。

      気づきも、静けさも、ただ在るだけですね♪

      それに、
      気づきの意識を体感するんじゃなく、気づきの意識が、肉体や感覚、感情を感じているだけです。今、春に咲く花のように、きっとね。

      いいね: 1人

      返信
      1. ayukablog 投稿作成者

        ゆきさん、ありがとうございます☆

        目の前にいらしたら、ハイタッチをしたい気分です♪ うふふ。(*^_^*)

        いいね

  9. Coco

    あゆかさんが「取り除く」とおっしゃったことがどういう意味だったかわかったところで、昨日ダイレクトパスやってみました。

    確かに聴覚と音との間に距離や境界はなく、視覚と見ている対象との間にも距離や境界はなかったです。おもしろ~い(^o^)聴覚の方がよりわかりやすいですね。最初はこの「距離がない」というのがよくわからなかったのですが、どうやら感覚器官としての「目」や「耳」と対象物との間のことだと捉えて勘違いしていたようです。「目」と見ている物との間や、「耳」と音源との間には距離が感じられますが、それはダイレクトパスではないのですね。

    少し難しいのはやはり「身体」でしょうかね。固体ですし、目に見えますから、どうしても、皮膚が自分と他との境目だと思ってしまうので、自分の「内側」「外側」という感覚が生まれてしまいます。でも、目を閉じて自分の身体の一部に触ってみると、皮膚や体の輪郭というのは、自分の記憶や思い込みから来るもので、ダイレクトに伝わってくるのは「感触」だけってことがなんとなくわかってきました。感触というのは、例えば風が吹いて肌に当たったときなどに「暖かい」とか「冷たい」と感じることができるものなので、そこに固体があるという証拠にはならない、ということでしょうか。となると、どこまでが「自分」でどこからが「自分でない」のかすごく曖昧になって、結局、これが自と他を分ける境界はないってことなのかな~と。

    いいね

    返信
  10. あゆかさん、ブログいつもありがとうございます!!
    時に体調が悪いときや、心配事がある時でも、個人意識ではないのですね〜
    ほんとは全て愛に包まれているとは、わかっていても、わかってるつもりかも(笑)
    調子が悪い時は、個人が、ガッツリ出てきます。恐るべし、錯覚!!
    思いを眺める、少しづつですが、やっています、週間にしてしまえば、良いですよね?
    エックハルトの言葉良いですね、好きです!
    オススメの本、買ってみますね

    いいね: 1人

    返信
  11. あゆかさん、追加で、すみません。

    私が神を見ている目と、神が私を見ている目は同じものである。
    で、思い出したのですが、
    とある場所で、歩いてるおじさん、おばあさん、主婦、屋台、ビル。
    横断歩道を歩いてる時に、突然、
    全部、愛だ〜!!
    すごく、一体感というか、同じエネルギーみたいな感じで、涙がじんわり出てきた事を思い出しました。
    それって、それですか?
    違うかもしれないけど、感動したのを思い出しました

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      Kさん、こんにちは☆

      真実に触れた瞬間ってほんと素晴らしいですよね♪ 

      >私が神を見ている目と、神が私を見ている目は同じものである。

      常に常にいつも呼吸より近いところにあるよ~く知っている意識です。愛を感じている状態のときも、そうでないときも。(*^_^*)

      いいね

      返信
      1. K

        あゆかさん、
        返信ありがとうございました〜

        そうだ! 意識〜!!
        常にいつも、ありますね

        ちょっと、心配な事があり、
        思いを眺めるをやっているうちに、
        ふっと、ハートあたりが軽くなり、
        あれっ、空っぽになった??
        って、思ったのです
        やはり、苦しくしていたのは、
        思考か〜と、再認識しました

        ありがとうございました〜

        いいね

  12. めぇ〜

    初めましてです。
    今まで漠残とした理解でしたけど、皆さんのコメントを読んでいると納得できることが増えてきて、感謝感謝です。

    Cocoさんの聴覚や視覚の距離がないというのは、一体化する、溶け込むという感じなんですかね〜 何となくわかってきました。

    思うに目には見えないけど、自分の空間の周りに漂っているエネルギー(空気のようなもの?)空間?オーラのようなものが、この自分の感覚器官を通じて感じている、見ている、経験しているのかな〜であっているのでしょうか?

    非二元の本は色々読んでいるのですが、こちらのやりとりのお陰で理解が深まり助かっています。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      めぇ~さん、こんにちは☆

      >思うに目には見えないけど、自分の空間の周りに漂っているエネルギー(空気のようなもの?)空間?オーラのようなもの

      今、自分が存在していることが分かっていますか? その分かっている意識です。超シンプル。自分が存在していることが分かっている意識は、自分の空間の周りに漂っているのでしょうか? (*^_^*)

      いいね

      返信
  13. 脳天気

    あゆか様

    いつも深い記事を、堪能させていただいております
    ありがとうございます

    ふと感じましたが、なぜ英語でも日本語でも非二元と表現するのでしょうか?
    神は何も否定することがないと思われますので、非○○というのはしっくりきません
    単に一元と表現すればよいのではないでしょうか?
    素朴な疑問です

    それと、これはずっとあゆか様にお聞きしたかったことですが、
    「現実が、概念によって、どのようなプロセスで作りだされるのか?」
    お分かりになる範囲内でお教えいただければ幸甚です!

    よろしくお願いいたします

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      脳天気 さん、こんにちは☆

      いつもお読みくださりありがとうございます♪

      二つに非ずとは、記事に書きましたように「空と色の二つに分かれているのではない」と言っているだけで、否定しているわけではないですよね。たんなる描写です。

      ワンネスとか一元と言っても良いと思いますが、個人的には、空と色をまとめて一元と言ってしまうと、真実の深みがなくなってしまって、もったいないなぁと思ってしまいます。

      >「現実が、概念によって、どのようなプロセスで作りだされるのか?」

      私は概念によって現実が作り出されていると思っていないんです。思考はいつも後付です。現象を作っているのではなく、現れては消える現象の一つです。

      いいね

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中