散りばめられたノンデュアリティ

真実や本質を現す言葉は無数にありますね。英語では、Awareness, Pure consciousness, Presence, Being, Reality, I AM, All that is, True nature, などなど。

言葉なので、どれも妥協がついて回ります。

それでも古今東西、いろいろな形で私たちの本質について表現されてきました。

例えば、ペルシャ詩人のルーミーは、何世紀にも渡って多くの人の心を掴む「詩」という形で。また、イギリスの画家ウィリアム・ブレイクが残した作品や言葉の中に。または、多くの童話や伝承の中に。

10年以上前にアンソニー・デ・メーロの「Awareness」という本を読んだとき、半端なく心が晴れたものです。しばらく私のバイブルでしたが、そのときはそれが、ノンデュアリティの視点から書かれたものだとはまったく気づかず、「楽に生きるための本」だと思い込んでいました。

今読み返すと、どうして気がつかなかったのか不思議なぐらいです。たくさん付箋もつけていたのに・・・。

ノンデュアリティという表題の本や話だけが真実を語っていると思ってしまうと、私のようにあちこちに散りばめられている真実を見逃してしまうかもしれません。

また、ノンデュアリティのメッセンジャーも様々なタイプがいますね。

ある人は究極のレベルのみ発信し、
ある人は月が真実だとしたら、その月をさす指を語り、
ある人は自我の機能を多く語り、
ある人は比喩や例え話の中に織り込んでいく・・・

ラマナ・マハルシの「私は誰?」から始まったダイレクトパスも、
ニサルガダッタが師に言われた「あるに留まる」ことも、
すべて真実をさす指。

真実をさす指を真実そのものだと勘違いしない限り、
指をさすほうに顔を向ければ、それは私たちを夢から
本質(現実)へと導いてくれるかもしれません。

または、あるメッセンジャーの言葉で、あなたの心が深い闇から
ふと、真実へ目覚め始めることもあるでしょう。

これらの多様性のすべては現象が生み出す不思議なダンス。

一つのこれこそがノンデュアリティなのだというドグマに陥らずに、
それぞれがそれぞれのダンスを舞いながら、目覚めていく。

そして、自分のダンスを踊るためには、隠れた欲望や思考に惑わされずに
自分の本心に留まっている「正直」さでしょう。

私は一体何を求めているのか?という本心に。

それさえ分かっていれば、あとは自分のダンスを踊るだけ♪

散りばめられたノンデュアリティ」への9件のフィードバック

  1. rusland

    いつもありがとうございます。

    「本質」の対義語は「現象」・・であるらしい、
    これはなるほど「空」と「色」だよな〜と腑に落ちました。
    気づいている意識は、空と色、
    あるいは本質と現象に同時に気づいている意識ですね。

    さてここで、
    「分かったよ、でも、それがどうした?だから何?」
    ・・と思考は問うのですが、
    あゆかさんならば何とお答えになるのか聞いてみたくなりました。
    もしも良ければ、ひと言、お願いいたします。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ruslandさん、こんにちは☆

      あはは、思考ってそんな感じですよね。

      本質と現象に同時に気づいている・・・・、たぶん、お分かりになっていらっしゃるのだろうと思いますが、言葉自体が二元なので念のため~。

      気づいている意識は、英語のawarenessを私が訳してしまった言葉です。気づくという言葉に、何かに気づくという意味が含まれてしまうので、あまり良い訳じゃないかもしれませんね。が、他に思いつかず・・・。

      さて、念のためというのは、気づいている意識が何かに気づいているのではないですよね。ただ気づきのまま、というか、being and awareで、自明という感じ。

      本当は個人的に感覚的に一番近いのは、being、Realityですが、これも日本語にするともっと誤解を生みそう。

      前置きが長くなりました。「だから何?」という思いが出てくるということは、思考のレベルで腑に落ちたんですね。思考のレベルの理解は、結局は言葉の羅列にすぎないため、紙に書かれた「りんご」という文字と同じようなものです。

      体験的な理解となったとき、紙の文字から分離のない生命そのもののとなるはず。そこに「だから何?」といった思いが入る余地はないでしょう。(*^▽^*)

      いいね

      返信
      1. rusland

        あゆかさん、
        たっぷりお答えいただいてありがとうございます。
        気づいている意識は〜無条件の愛であるがゆえに素敵だなと
        ぼくは救われております。
        ところで井上老師の禅道場の入り口には、
        「悟ってどうすんの?」と書かれているそうですよw
        これもなんか素敵ですよね。
        ・・肩の荷がおりる。非二元の恩寵はたぶんこれですね。

        いいね: 1人

  2. issei

    今日も果てのない?“気づきのダンス”を、させていただきます。(_ _)

    踊り手・側の事ではなく・・

    している、とも、起きている、とも、窺えます、“ダンス”・側の事が、キーワードとなりました。

    ♪ルパート・スパイラ氏の講義で、

    >>「人」は目覚めることはできません。なぜなら、それはそれを考えている思考としてのみ存在するからです。思考、幻想が目覚めることなどあるでしょうか?

    と、あります。そこで、“気づきのダンス”が起こりました。

    ○思考や感情が起こっていないときや、

    気づきの意識が、何かに焦点を当ててないで、ボーッとしているとき、

    夢を見ないで、寝ているとき、瞑想をしいるとき、何かに夢中になったりして、今にしか意識がないとき、

    これらの状態の時は、人ではないのでしょうか?

    また、

    >>Q. 他の人の非常に強い苦しみに直面したとき、どのように反応するのがもっとも好ましいのでしょうか?

    A. 他の人の激しい苦しみに直面したときは、見かけ上のその人が本当は意識であり、意識は苦しんではいないと深く理解していることが、どのような関係においても有効な手段となります。

    ○最近YouTubeで、野生動物の弱肉強食の実体を見ています。

    ほとんどの動物たちは、戦いに負けたら、生きたまま、まだ意識があるのに・・

    手足を引き千切られたり、頭や首をかじられたり、内蔵を引き出されて、食べられるのです。

    本当は、かわいそうで、苦しそうで、痛そうで、見たくはないですが・・

    私個人の人生としては、どんな信実や、出来事にも、目を背けてはいけないと、

    誓いのような思いを、子供の頃から、受け入れていますので、

    慣れることは、ないのに、いつも、自分が目を背けそうになったり、忘れそうになったら、頑張って、知ろうとしてます。

    動物のたとえに、なってしまいましたが・・

    ★あのような、人から観ると、映画などで、ゾンビに人が、食べられるような、とても残酷な状態でも・・

    “彼らの肉体を使っているであろう純粋意識も、気づきの意識も、

    ルパート・スパイラが言うように、本当に?苦しんで、いないのでしょうか?

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      isseiさん、こんにちは☆

      >気づきの意識が、何かに焦点を当ててないで、ボーッとしているとき、
      夢を見ないで、寝ているとき、瞑想をしいるとき、何かに夢中になったりして、今にしか意識がないとき、これらの状態の時は、人ではないのでしょうか?

      自分が人だというのは、これは思考ですね。事実ではないです。体と思考と感情という三つを便宜上「人」と言っているだけですね。なので、私もisseiさんも最初から本当の意味では人ではないです(笑)。レッテルと実体を混乱しないようにすれば、もう少し分かりやすいかもしれません。

      >“彼らの肉体を使っているであろう純粋意識も、気づきの意識も、
      ルパート・スパイラが言うように、本当に?苦しんで、いないのでしょうか?

      意識というと、多くの人が個人の意識があると思っていて、また意識が痛い!と言っていると勘違いしますよね。

      でも、例えば自分がパニックになっているとき、自分がパニックになっていると分かっていますよね? では、その分かっている意識はパニックになっていますか? それとも、「自分がパニックになっていること」にただ分かっているだけでしょうか?

      自分が辛いときも、それに気づいている意識も辛い、辛いと言っているでしょうか? それとも、辛い、辛いと言っていることにただ気づいているだけでしょうか?

      純粋意識、存在、全体、なんと呼んでも良いですが、ルパートさんがawarenessというときは、この意味です。そして、このawarenessは、いつも静かですべてを受容しています。そして、苦しんでいるほうではなく、そちらが私たちであって、awarenessが苦しむことは一切ないという意味です。

      なので、動物が苦しんでるのではないと言っているのとは、まったく違いますね。(動物もトラウマになりますし)(*^▽^*)

      いいね

      返信
  3. ayukablog 投稿作成者

    ruslandさん

    なるほど~、そういう意味の「だから何?」だったのですね。

    なんかやさぐれた感じの「だから何?」かと思ってしまいました。あはは!

    いいね

    返信
    1. rusland

      何度もすみません〜☆
      あゆかさんのおっしゃる「やさぐれた思考=自我」という表現も
      かゆいところに手が届いてぼくは大好きです。
      思考=自我が、およそ100%やさぐれた性質であるからこそ、
      もの言わぬ真我の大きさを感じられるのかもしれませんね。

      いいね

      返信
  4. issei

    なるほど・・とても、分かりやすいです。

    あゆかさんが、何度も、何度も、言われてることだったと、思いましたが、

    勇気を持って、私・自我なりの、質問をして良かったです。

    こうして、自覚の肥やしとなっていきます。

    でも、耐えられぬほどの、恐怖や、痛みはは、体験している、

    人間のように、自覚が行われなければ、焦点を当て続けて、しまっているということも、意識体験として、起こっているということですね。

    現象世界は、残酷ですね。(T_T)

    ◎詳しい説明、ありがとうごさいます。

    いいね

    返信
  5. Mana

    あゆかさん、こんにちわ♫
    今ちょうど、ルーミーの詩を読んでみてるところデス(*^^*)

    以前、「他者の感情の抑圧が分かってしまうのは、分離がないからだと思っていました」とコメントさせていただいたところ、
    あゆかさんが「感情の抑圧に気付いているのは意識だけれど、それにコメントしているのは思考です」と教えてくださったことが、
    以前よりもグッと みぞおちあたりの硬直具合に向き合うきっかけになり、お陰様で、先月まで感情解放の大キャンペーン期間になりました~♫
    その影響で 最近は、リラックスしていると、みぞおちが ふなっしーみたいに踊り出す日々が続いていますが、今までこんなに我慢してたんだと思うと、この体がいとおしくなります。
    あゆかさんの一言から 大きなきっかけを頂き、感謝感謝ですm(___)m

    そんな中、普段 体の感覚として 何かと体験することと類似した描写を、アジャシャンティさんなどの本で見かける分、
    マインドが一層 巧妙になり、“理解したつもり”になっていたり、
    やっぱり普段の主役は 個人の“私”で、時々存在感を醸し出す 意識の方が “客人”として捉えていたなぁと、気づかされました。
    これって、逆ですよね…(^^;;
    とここで思考するよりも、しっくりくる表現 “ダンス”を通して体験してゆくのみでしょうか(^^)!

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中