シンプルな幻想の壊し方♪

最初は、呼吸や自分に思考や捉えられるものを静かに
眺めることから始められるかもしれない。

そうやって捉えられるものを見ていくうちに、自分だと
思っていたもの。

手がひざに乗っている感覚
お尻が椅子に接触している感覚
私が“こっち側”にいるような感じ
顔の辺りの感覚
胸や頭の感覚や
自分がいるような重量感

自分だと思っているものがすべて捉えれることに気づいていく。

そして、それらの感覚や呼吸、思考に注意を向ければ向けるほど、
それが常に変化していることも気づいてくだろう。

だんだん、それらは観察している私から、観察されているものに変化し、
観察者という「幻想」が崩れていく。

呼吸と時計の音は一緒に変化のダンスを舞い、

体の重量感と車の飛行機の音も同じダンスの一部。

観察していたはずのこっち側の私は、あっち側の風景とブレンドされていて、

私だと思っていた私は、観察される変化の一つだった・・・。

じゃぁ、ここで誰が観察しているの?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ静かにそこに居続けてみよう。

わずかに残っている観察者がすべて変化の一部だと分かるまで。

(二元の崩壊)

そして、

一つのエネルギーだけがそこで舞を舞っている。

一切の分離もなく、

主体と客体、観察者と観察されるものも消え、

それしかなくて、

「それ」がわたし♪

シンプルな幻想の壊し方♪」への27件のフィードバック

  1. kumi

    あゆかさん!
    質問しようとしたら
    わかりました!!(*^^*)

    「私は大海の一滴で、
    でもあゆかさんとわたしは別人。
    どのように受け止めたらいいですか?」

    「非二元の気付きを、今にどう生かせますか?」

    って質問しようと思ってました。

    でも!
    「私とあゆかさんは別人」って、
    これ、思考ですよね(笑)
    だから、
    それをとっぱらって。
    私の感覚に浸透する
    この気づきが
    わたしなんですね。
    あゆかさんも、それなんですね!

    合っていますか?

    そして、
    非二元を生かすも何も
    もう
    非二元という視点を
    kumiは知ってるんだから
    これも勝手に現れてくるだけなのですよね。

    合ってますか?

    こうして繰り返しあゆかさんが
    わかりやすく伝えてくださることで
    わたしは大海の一滴だったんだと
    気づくことができました。

    いいね: 2人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      Kumiさん、こんにちは!

      そうそう、その通りです♪ 良い感じですね~☆
      私もkumiさんも「それ」だし、勝手にすべては
      現れてきますよね。

      一滴であると同時に大海でもあるから、大海を信頼
      して、一滴は大海のありのままに降参して大丈夫♪

      いいね

      返信
  2. shine

    あゆかさん、はじめまして。「シンプルな幻想の壊し方♪」良いですね、読み進めるうちに頭のあたり(首から上の辺り?漠然ですが、、)が透明になって行く感覚を感じました。最近ブログを読み始めましたので1つ教えていただきたいのですが、文面に時々出てくる「ダンス」の部分、少し具体的に教えていただけませんでしょうか?

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      shineさん、こんにちは!

      なぜか自分のジョークを説明するような気恥ずかしさがありますが、
      単に「現象」とか「動き」という意味です。

      呼吸のリズムと感覚、時計がチックタックと刻む音が距離や分離もなく、
      一つの現象を生み出している、という意味です。

      元ミュージカル部、美術史出身のため、ついこういう表現が好きなんです。

      個人的には、カンディンスキーやクレーの絵みたいな感じとも書きたい
      のですが、もっと訳が分からないですよね。あはは!

      いいね

      返信
  3. タコ

    初めてのコメントです。
    非二元を知りたくて1年になりますが、全く分からなくて…。
    ブロック解放…とか受けた方が良いのでしょうか??
    こんな私は死ぬまで理解出来ないのでしょうか??

    何で気づかないのでしょう。馬鹿だから??
    見えない酸素を吸って心臓が勝手に動いて存在しているこの物体が
    全体だったと気付くのはいつの事やら💦

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      タコさん、こんにちは☆

      ぜんぜん普通です。それぐらい自我の刷り込みは強烈なんです。
      もしかすると、分かりたい、分かるはずだ!という期待が大きすぎるかも
      しれませんね。

      で、とりあえず今回の記事を試してみたらいかがでしょうか?
      読んだだけでは、ただの文字づらの情報にしか過ぎないですよね。

      あと、全体だと気づくはず・・・とか、そういった非二元や悟りの
      イメージはみな持ちがちなのですが、手放してしまったほうが良いかも
      です。非二元を知りたいという言葉を「真実」を知りたいという言葉
      にしてみて、「真実」とは?みたいなイメージをまったく持たない感じです。

      で、ほんとシンプルに(←シンプルになっているつもり
      で思考に取り込まれている人も多いのですが)、ただ座ってみるという・・。

      それと真実を求める理由はなんでしょうか?
      そこを見てみるのも良いかもしれませんよ~。

      いいね

      返信
  4. タコ

    返信ありがとうございます‼嬉しいです‼

    真実、真実…とっても知りたいです。期待はデカかったです!!必死です!!ハハハ😂

    何をどうやって手放すのか⁉
    自分では何も抱え込んでる物も無いと思ってるのですが。
    何だろう…。

    あゆかさんが説明しにくい事を言葉にして、毎回blogで伝えて下さる事を感謝しています。
    ありがとうございました‼

    いいね: 1人

    返信
    1. ななちぶし

      タコさん、はじめまして。気持ちわかります!!
      私はYOUTUBEにある、あゆかさんの「悟り(非二元)について語ろう会」をみて理解が進んだ気がします。もしまだ見たことがなければ、お勧めします!!検索してみてください。

      いいね

      返信
      1. タコ

        ななちぶし さん、ありがとうございます!
        あゆかさんのYouTube、何度か拝見しておりますが、中々掴めません(泣)
        自分が、私が、シッカリへばり付いて居ます!

        見えているはず、一度も離れた事がないものって何??
        真実を知って、気楽に生きていきたいです🎵

        ありがとうございました‼

        いいね

  5. ぷち

    これが私だと思っていた五感で受け取る感覚・思い込みによる印象でさえ
    他と何ら違いはない
    表れては消えるものの一つにすぎなかった

    はっとしました

    いいね: 1人

    返信
  6. SHINE

    初めまして あゆかさん

    『 一緒に変化のダンスを舞い 』

    カンディンスキーの絵は初めて観ました

    特にコンポジションVIIIは 
    あゆかさんの ことばの表現を
    みごとに現している感じがします

    このたぐいの絵は
    とても とても好きです

    一つのエネルギーだけが
    そこで舞いを舞っている

    そんな感じですね

    ****

    以前のことですが・・・

    誕生日から
    「あなたの絵を描きましょう」と言われる方が
    いらっしゃいました

    興味津々で描いていただきましたら

    すーっと 伸び上がる線
    飛び散る水滴
    花の形
    ほんとうに単純な絵なのですが

    『コレって わたしなのよー!!!』 と
    ひどく胸を打たれたことがありました

    それぞれ個々の描写はすべてわたしでした

    自分の絵を見て なんだか
    気恥ずかしさを感じた その当時のことを
    思い出しました♡

    カンディンスキーの絵を観て
    そのときのことをふと思い出した次第です♡

    ありがとうございましたm(__)m

    SHINE 

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      SHINEさん、お返事をありがとうございます♪

      カンディンスキーの作品に共感して頂けるとは思っていなかったので、
      なんだかとても嬉しいです☆

      そして、わぁ、その画家の方素晴らしい!! 私も描いて欲しいな(*^▽^*)

      いいね

      返信
  7. ななちぶし

    あゆかさん、いつもありがとうございます。質問させてください。

    思考や感情、感覚など出現しては消えていくもの、それを観察しているものは生まれたときから(生まれる前からかな?)ある意識。その意識に主体性をもった生活をしていると観察されるものとの境がなくなっていく。

    私は観察している意識に気づき、その意識ですべてのものを観察している状態です。しかしいまだワンネス=私という感じではないです。この観察を続けていくことが大切なのでしょうか?

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ななちぶしさん☆

      これは、お返事するのが難しい~。というのも、言葉のあやというか、限界というか、おっしゃっている意味が分かるようでいまいちよく分かりません。

      なんか、ある状態やこんな感じというのを探していらっしゃるような気もするし、

      その意識ですべてのものを観察している状態です。

      なんとなく、ここに「この個の観察者」がいるような気がしなくもなく。

      「気づいている意識」とは、何かに気づいていたり、観察しているわけではありませんので、観察するということを忘れて、ただ決して掴めないその意識(←あぁ、言葉の限界)にあってみてくださいませ☆

      いいね

      返信
      1. ななちぶし

        あゆかさん、ありがとうございます。

        常にではないのですが、思考や感情、視界からはいってくるものと自分との違いも感じられずに過ごすことがあります。

        今のところ、私の中に無色透明の気づきの意識があり、その気づきの意識が真のわたしであるという気がしています。

        まだまだ探求中です。今後ともご教授よろしくお願いします。

        いいね: 1人

  8. タコ

    何の心配もせず怒らず自由に平穏な毎日を過ごしたい。

    二元の崩壊…面白そう🎵味わいたいです。

    時計の秒針に耳を傾け様としも、呼吸に意識を向け様としても
    いつもいつも脳で言葉や音楽が流れてい。うるさいほどに、止まらない。
    『…終わり。』が無い。

    残虐な出来事、起きてはいるけど、ただ起きてるだけ….
    癌になったけど、ただ病気になっただけ….
    行きたい所に行けたけど、行けたから行っただけ….

    ☝理解が出来ないので頭で理解してみますが(笑)
    こんな感覚なんでしょうか⁉

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      タコさん☆

      何の心配もせず怒らず自由に平穏な毎日を過ごしたい。

      ちなみに、このような状態になるわけではまったくありませんよ~。
      怒りや心配を嫌がらなくなるんです。

      残虐な出来事、起きてはいるけど、ただ起きてるだけ….

      これは頭で理解してしまうと、愛がなくなってしまい、感情に蓋をしてしまう人もいますよね。。

      「自分がどういう状態、感覚になるか」に意識が行き過ぎているかもしれません。そうではなくて、真実は何か?ですね。

      いいね

      返信
      1. タコ

        あゆかさん、お忙しい中、全く分かっていない奴に
        返信を有難うございます‼

        テディさんとのスピリチュアルTVをよーく観てみます。
        潜在意識の深い部分、自分一人では到着出来るかどうかですが、
        この今が真実ではないと教えて下さっているのを受け入れてるので
        私はいなかったという事に気付きたいです。

        いいね

  9. ayukablog 投稿作成者

    ななちぶしさん☆

    書き忘れました♪
    コメント欄でのやりとりは限界がありすぎますので、私の言葉よりも、ご自分の体験のほうを信頼してくださいませ☆

    いいね

    返信
    1. ななちぶし

      あゆかさん、ありがとうございます。
      言葉で伝えるのって難しいです。でもその中であゆかさんのコメントはとても参考になります。

      まだ探求中の身ですが、思考や感情に同一化しないようにすることだけで、実生活でとても楽になりました。いまを楽しみたいと思います♪

      それからEFTもYOUTUBEを参考にさせてもらいながら、実践しています。今を楽にしてくれる素敵なメソッドですね♪ありがとうございます!!

      いいね: 1人

      返信
  10. yamazaki

    はじめまして。
    いつも更新を楽しみにしています。

    脳科学者のジル・ボルト・テイラー博士の右脳の体験( https://www.ted.com/talks/jill_bolte_taylor_s_powerful_stroke_of_insight?language=ja )や手術によって分離脳になった人達への実験( http://www.siruzou.jp/otaku/13759/ )を見るとノンデュアリティの方々に起こっている体験に近いように思います。

    エゴの体験が左脳、ノンデュアリティの体験が右脳が引き起こすものである可能性についてはどう思われますか?
    ノンデュアリティの体験が単に人間の脳に起こっているもので、他の存在には関係が無い、宇宙の真理では無いという可能性もあるかと思います。

    以前ここで関連した記事を読んだ気もするのですが、どこにあったのか探せないので改めて質問しています。

    ノンデュアリティの先生方はこのことをどう言ってるのでしょうか?
    私の読んだ本には、このことに言及しているものはありませんでした。
    溝口さんはどう思われますか?

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      yamazakiさん、こんにちは☆

      ジル・ボルト・テイラー博士の本や動画は随分前に拝見し、とても感銘を受けました。
      で、博士の話をスピリチュアルな覚醒や一瞥体験と同じだと考える気持ちはよく分かります。

      ですが、ノンデュアリティは体験ではないということと、エゴの体験というのも、ごめんなさい、あまりよく分かりません。体験というより、perception(物の捉え方?)でしょうか? とりあえず、では、もしそうだとしたら、エゴの体験をしている人は誰でしょうか? エゴ? 体験者はどこにいるのでしょうか? 脳を所有している人は誰?

      おそらく一番のポイントは、たとえ脳がどんな体験を引き起こしたとしても、それに気づいている意識があるということです。

      脳科学の世界では、脳は物質だと定義されていて、では、その物質がどの段階で意識を発生するようになるのか?が、まったく解明されていないそうです。(hard problemと呼ばれています。Bernardo Kastrup(オランダの科学者)さんの本がとてもよくそれを説明されています。

      科学とノンデュアリティの会議では、そもそもものごとを物質と考えるほうが違うのではないか? 脳の前に意識が先にあるのではないか?と量子学や神経学の方々もおっしゃっています。

      こちらのほうが真実に近い話しだなぁと思っております。

      いいね: 1人

      返信
  11. ゆみ

    思考を取っ払ってしまうと、
    ぽかっと何もない。何もないしかない。
    何もないのではなくて何かがある。詰まってる。それで全部。
    全部は全部を見てる。(察してる?)一個だから。ものすごーーーく全部。
    そしてそれは絶えずうねっている(ダンス?)←私には喜びでうねってるように感じます。
    よくみるとうねりの一筋一筋ですら、感覚を持っている。その感覚ですらうねりの一部。

    てことは、我慢してようが、馬鹿騒ぎしてようがただの現象で。
    恥ずかしいとかもただの動き?
    分離した思考もただの動き?
    いま、このほどけてしまいそうで怖いって感情も?
    ゾクゾクするほど魅力的です。
    そして、ほどけなくても別に構わないんですね。そういう動きだから。
    で、あーダメだったか。なんて思って悔しくても、そういう動きなんですね。
    それで良いんですね。
    笑えてきます。

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中