だから、ここにある!終わり♪

一見、やけっぱちなタイトルになってしまいました(笑)。

自我は動き回って、いろいろ考えたり、感じたりしているこの自分が“わたし”で、自分の目に見える世界が現実だとふか~く感じているから、悟りとか真実は、いまここに明らかになっている・・と、なかなか思えないでしょう。

だから、その自分がいつか空の状態になるのだとか、またはシフとして主体と客体がない世界が見えてくるのだとか、こことは別に時空がない次元があるとか、どうしても真実を今と違うどこかに想定しがちですね。

でも、ここが「空」であって、「主体と客体もなく」、そして時空がないんです。ここが!

それをまず押さえないと、自我はずっと「今と違う状態」、「違う場所」を求め続けてしまうでしょう。

こうすれば、真我とつながれる、こうすれば「私がいない」状態になる、死んだらそれが分かる、高い波動につながれば、時空のない高い次元に移行できる・・・、などなど。

いろいろありますが、たぶん、今ある多くの勘違いは、一瞥体験などをしないと分からない、“解放”が起きないと分からないというものかもしれません。

でもそれらは、それがあったほうが真実が見えやすいということだけなんです。一瞥体験なしでも、解放が起きなくても、直接見つめていくだけで、自己の不在も時空の幻想も見えてきますね。

なぜなら、もうすでにここにいつも真実は明らかに、否定しようもなくあるから。すでにあるものを知るのに、どうして違う場所や未来(死んだら・・・、解放が起きたら・・・)という存在しない時を設定する必要があるでしょうか?

般若心経の出だしに「観自在菩薩行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空度一切苦厄」という一文がありますね。

ちなみに、現代語に直訳している英文を見たとき、めっちゃわかりやすい!と私は思いました。ので、英文もつけてしまおう。↓

Avalokitesvara Bodhisattva, while moving to the deep course of Perfect Understading, clearly saw that the five skandhas (the body, feelings, perceptions, mental formations, consciousness ) are all empty, and was saved from all suffering and distress.
「観自在菩薩が真実の完全なる理解に深く入っていったとき、五蘊(体、感情・感覚、認識、思考(意志)、意識)は、同等にすべて空っぽであるとはっきり見抜き、すべての苦悩から救われた。」

五蘊が空っぽだと見抜くためには、五蘊をただ深く見つめていく必要があるでしょう。また、これらの五蘊に同化していれば、当然それは見えてこないですね。

つまり、私たちは普段、考えや感情、体に完全に同化し、それらでものごとを認識しているから、真実はすでにいつも明らかになっているのに見過ごしてしまうんですね。

ちなみに、深く見ていく(瞑想する)とは、考えや感覚などを通さずに直に見る(ダイレクトパス)ということです。

私の先生(と勝手に呼んでいる)であるルパート・スパイラは、“考える行為(thinking)は何でできているか?”という質問を私に投げかけました。

考えが何でできているか?を考えて答えを出すのではなく、考えるという行為(考えている内容ではなく)をただ見つめるんです。

ルパートさんにうながされたまま、ただあるものを見ていくと、考えるという行為も考えも見事に空っぽであり、そして同時にそれは気づいている意識でもある!と、ある瞬間に全身で腑に落ちたのです。

もちろん、これだけで真実のすべてが分かったということでは全くありませんし、その後もいくつもの気づきを経ていきました。(経ています。現在進行形)

おそらく、真実が見え切ったと思ってしまったら、それは何か逆に限界、限定的なことに陥っているはずでしょう。

でも、少なくとも真実はいますでに明らかになっているということ、どこか違う場所、違う時を想定するのではないことが見えてくるはずです。

そして、この体でも、感情でも、感覚でも、認識行為、考え、意志などなどでもない、唯一捉えられないもの。常にあるもの。

それは、静けさより静かで、だから無言に平和で、徹底的な受容でもあり、すべての人に常に用意されている逃げ場、安らぎの場、そして真の私たちそのものですね♪

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

“ノンデュアリティと癒しのカフェ” in 名古屋

2016年12月3日(土)13:30~16:30

“ノンデュアリティと癒しのカフェ” in 東京

2016年11月22日(火)18:30~21:00

だから、ここにある!終わり♪」への7件のフィードバック

  1. くみ

    それに気づいているときも、いないときも
    「今」は自由に現れて、自由に移ろってゆく。
    あらゆるものが即興のダンスを踊るみたいに。

    あー。
    そうだったっけ。

    ついつい私を「私」と捉えてしまっていて
    肩に力が入っていました。

    私はいないよ、
    かつ、全てが私、
    の感覚を思い出すと
    肩が緩みます。

    私は何者なのかを
    忘れたり、思い出したりする経験が
    いまに現れてます。
    それを興味深く思う感覚が、現れてます。

    いまって、面白いです。

    いいね: 1人

    返信
  2. タケ

    溝口さん
    いつもありがとうございます。
    楽しく拝見しております。

    頑張れば何かを得られるかもしれないということが、
    自我が勝手に作った世界観だったと思います。
    何かを得ようとするんじゃなくて、全てを受け入れるというか、明け渡すことで全てを得られるというか、ごく自然なことだと思いました。

    ありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
  3. yuko

    あゆかさん、こんにちわ(^^)。
    直接見ていく、ということを少しずつやってみている毎日です。
    本当の私は気づきの意識である…というのは、わかりつつあるのですが、
    ではどうして、この身体(自分の身体)を通しての知覚しか、出来ないのか、
    単純に疑問です。
    (たぶん、似たような質問が繰り返されているかもしれませんね…(汗))

    それと、「今ある経験の外側の経験はない」というような事をルバートさんや
    ダイレクトパスの本で読むのですが…それって「今私が家でパソコンに向かっている経験があるが、現在、会社に行っているはずの主人は実際には存在してない」と言う事でしょうか…???もしそういうことだとしたら、もう天地がひっくり返すような事なので
    (笑)。受け止めきれずにいます(^_^;)。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      yukoさん、こんにちは☆

      たまたまPCの前に座っていました~♪ ので、早速お返事いたしま~す。

      >ではどうして、この身体(自分の身体)を通しての知覚しか、出来ないのか、

      問題は、誰がそれを認識しているか?ですね。目はカメラのような機能をしていますが、では、誰がその捉えたらものを認識して(気づいて)いるのでしょう? カメラも同じように風景を捉えますが、それに気づいているでしょうか? 観たものに気づいているのは、個人としてのあなたでしょうか? それとも気づいている意識?

      >それと、「今ある経験の外側の経験はない」というような事をルバートさんや
      ダイレクトパスの本で読むのですが…それって「今私が家でパソコンに向かっている経験があるが、現在、会社に行っているはずの主人は実際には存在してない」と言う事でしょうか…???

      まったく違う話です。(*^_^*) 個人的な経験の話ではなく、ここには、経験しかないという意味です。もし、経験がなくなったら(夜熟睡しているときのように)、世界があるかどうかも分かりませんよね。

      ここに出していらっしゃる例は、私としては量子学の話と通じるなぁと思います。(観測者が見ているときのみ存在する) ただ、分離して変化する個である自分を中心に考えてしまわないようにしたほうが良いかも~と思います。(“家でPCに向かっている私”というとき、普通分離した個、自我の私を指しているかと思いますので)

      真の自分は、PCの前に座っているほうではなく、それらに気づいている意識ですね♪ (*^_^*)

      いいね

      返信
      1. yuko

        早速お返事頂けて嬉しいです!(*^^*)
        そして頭が真っ白(笑)。でも思考がついてこれてない その感じのままでいる時、
        何か…何かがある気がします。

        いいね

  4. 中年会社員(男)

    あゆかさん

    こんにちは

    ぼ~んやり全体を感じそうになるとビクッとなって我に帰ってしまいます。ちょっと怖くなる感じです、自分が自分でなくなるような。

    夜熟睡しているときは、”気づいている私”も熟睡してるんですよね?寝ているなっては気づいたことがないのでそう思ってます。(夢だなと夢の中で気づく事はあります)

    いいね

    返信
  5. shige

    『 ここが「空」であって、「主体と客体もなく」、そして時空がないんです。ここが!』と深く頷きながらさっき届いた「yumingのNewアルバム」を楽しんでいる、、そんな「空」が広がっています。

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中