ほんとうの自分探し♪

死んだあとに意識があるってどうして分かるの?
(死んだあとに意識があるの?)

この質問の前提は、“私は肉体だ”である。

肉体の自分が死んでもその後“私”の意識はあるの?
肉体の自分が死んだら悟れるの?(私は悟れるの?)

私、私、私・・・・・

でも、そもそも肉体の所有者である私がいなければ?
一体、死ぬのは何?

まずは、体の所有者を見つけてみませんか?

体の中に“私”はいる? 探してみよう。
体をどこまで切り開いても臓器や筋肉や骨があるだけのはず。
どこにも“私”は見つからない。

では、沸いてくる思いの中に“私”はいる?
湧き上がってくる感情の中には?
じゃぁ、感情と思いの所有者は?

もし、体と思いと感情を所有する“私”がいるのなら、
探せばすぐに見つかるはず。

体と思いと感情の総称が“私”だと思う人もいるだろう。
でも、それは“会社”や“学校”のように、単に呼び名でしかない。
(会社があるのではなく、建物や人がいる)

もっと実体ある“私”を探し出したいのだ!
だってこんなに強く私がいる感じがするのだから。
探せ!探せ!死に物狂いで!
本当の意味の「自分探し」(*^_^*)

でも、どうしても“私”は見つからない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなに大切なはずの“私”が見つからない

しかし!ここで大きな疑問が残る。

なぜなら、見つけられないのに“私”は確実にいるからだ。

“私”はここにいて、あらゆるものに気づいている。
肉体の変化や一つの思いが現れて去っていくこと、
ときに感情に呑み込まれてしまっていること。
あらゆることに気づいている。

私がいないのに、一体誰が気づいているの?

あなたも私もずっとそれは、“(個の)私”だという勘違いをしてきた。

だって、私が一人部屋で音楽を聴いているとき、
それを知っているのは私だけだから、
私が考えていることを知っているのは私だけ・・・。

マイワールドに気づいているのは、分離した個のリトルミーだ・・・・。
嬉しくてジャンプしているときも、苦しくて部屋で一人泣いているときも、
リトルミーが気づいているだけ・・・・。

でも、リトルミー(“私”)はいくら探しても見つからない。

あぁ、なんて巧妙な分離の幻想だろう。ずっと気がつかなかった。

どんなに個人的な思いでも、それに気づいているのは、
リトルミーのあなたではなく、大いなるAwareness(気づいている意識)。
あなたはいない。

それをきちんと確立してみよう。
ヒントは“捉えられるものはすべてあなたではない”

呼吸も、瞬きの感触も、背中の温かみもすべてあなたではない。

唯一捉えられないもの。
気づいている意識。それが“私”

そこが確信されたとき、リトルミーの幻想は消えて、
大いなる“私”が明らかになってくる。
“小さな”私ではなく、“I AM(私は在る)” の私

在って、そして気づいている。

底抜けの受容、無音よりも静かで、不変不朽
時空もなく、なのに無限で、あぁ、思考がただひれ伏す。

それがあなた♪ (*^_^*)

PS: 最終的に気づいている私と気づかれているものは、決して分けられないことが見えて非二元(二つではない)の真実ですね♪

ほんとうの自分探し♪」への18件のフィードバック

  1. kumi

    >どんなに個人的な思いでも、それに気づいているのは、リトルミーのあなたではなく、大いなるAwareness(気づいている意識)。
    あなたはいない。

    さらっと、書いてあるけど
    これが言葉にできるって
    すごすぎます(@_@)

    じわじわ、じわじわ
    あなたがいない、の幸せが
    浸透しつつあります。

    これからも更新楽しみにしています(*^^*)

    いいね

    返信
  2. タコ

    人は思いと感情を持った生物という事で、ただの肉の塊で、個々に(私)というのが無いという事ですか?その建物を見て会社と言うように、この物体を人間と呼んで全てにレッテルを貼って。

    経験と育った環境で価値観が出来上がり、良い悪いを作り上げられてるから、それを手放すと良いって事ですか?
    価値観を手放す方法なんて分かりませんが…💦

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      タコさん、こんにちは☆

      いえいえ、そういう意味ではまったくありません。人とは何かということよりも、あなたは何か?という真実のお話しです。(って、これも分かりにくいですよね) ほとんどの人が、自分は個別の意識を持った分離した存在だと思っているけど、違いますよ~ということです。

      また、何か提案したり、どうしたら良いかという話もまったくしておりません。どうして価値観を手放すという風に読めたか分かりませんが、まったく関係ないお話しなんです。(*^_^*)

      いいね

      返信
  3. 飛翔こそ蘇生

    サンタさんがいると信じて
    プレゼントを欲する世界観(価値観)から

    自らがサンタさんに扮して
    我が子にプレゼントを与える世界観(価値観)への転換。

    多くの人生の上に現れる
    繰り返されるパターン。

    生まれて老いて死んでゆく。

    同じようになぞるだけの思考と肉体。

    これを俯瞰したとき
    私とは何?

    唯一常に完全な存在に気づく視点によって
    これの価値が反転する。

    いいね: 1人

    返信
  4. yuko

    あゆかさん、いつもありがとうございます☆

    「I AM」としての私は…すべての人共通なんですよね…?
    つまり私が感じる「気づきの意識」もあゆかさんの「気づきの意識」と同じなのでしょうか?

    それと気づきとして肉体を超えて「在る」…まではわかるのですが、
    では知覚できるのは何故「1人分の」身体だけなのだろう…と考えてしまいます(^^;)。
    何故他の人の身体に起こる事は知覚できないのだろう…と。
    そこのあたりの理解がどうしても超えられなくてもどかしいです!

    いいね: 1人

    返信
    1. Coco

      「私」がいて「あなた」がいるという前提に立ってしまうと、こういう疑問が湧いてきますよね。

      肉体を持って生きている限り、この分離感覚はあまりにも当たり前になっているので、取り除くのはとても難しいですね。「私」はある「肉体」に同化することで現れる「思考」ですから。

      でも「気づいている意識(気づき)」だけがあって、分離した「私」や「あなた」という実体はないのだから、「あなた」のことがわかる「私」はいないのですよ。「私」が所有する感情も「あなた」が所有する痛みもないのです。なので「私」の気づきとか「あなた」の気づきとかもないのです。「あゆかさん」にも、あなたの考えていることはわからないのです。「私」も「あなた」も「あゆかさん」も気づかれる方で、気づいている主体ではないのです。「気づき」は気づかれることはありません。なぜなら「気づき」は「そのもの」だから。例えば、自分の目で自分の目を見ようとしても見れない、みたいな感じです。で、「気づかれる方」と「気づいている方」は結局一緒なんです。境目がないから。ハハハ・・・さっぱりわけがわかりませんよね(笑)。そりゃそうです。理解しようとしているのは「私」ですから。でも、真実は、私たちが頭で考えているほど複雑ではなくて、もっとシンプルなんじゃないかと思います。「気づき」は理解を必要としません。ただ「気づいている」があるだけです。「これ」があるだけですから。

      これは、しつこくダイレクトパスをやってみたら、なんとなくわかってきますよ(経験上)。広いホールでみんなで一緒に音楽を聴いているとします。そのとき「聴く」ことを所有しているのは誰でしょう?「私は聴いている」と言いますが、あなたの「聴く」はどこからどこまででしょう?隣の人の「聴く」はどこからどこまででしょう?あなたの「聴く」と隣の人の「聴く」に境目はあるでしょうか(「耳」と「耳」じゃないですよ)?あるいは、あゆかさんがおっしゃるように、あなたの境目を探してみては?どこまでが「自分」でしょうか?目を閉じて、「身体がある」という概念を捨ててみたとき、あなたとあなたじゃないものとの境目はどこかわかりますか?

      いいね: 1人

      返信
      1. ayukablog 投稿作成者

        Cocoさん、こんにちは☆

        またも素晴らしいコメントをありがとうございます!
        ダイレクトパスをしつこくやられたということで、同じだ~ととても嬉しくなります。(*^_^*)

        yukoさんのご質問は、とても自然で多くの人の疑問だと思います。ですが、考えで理解しようという方向に行ってしまっているかなと思います。気づいている意識は主体でもなく、また誰かに属しているものでもないですね。目で見ている、耳で聴いているという発想から、まず聞くという経験、見る経験が起きているというほうへ少し移動してみると良いかもしれません。(もちろん、目も耳も知覚の機能はしていますが) そして、見る経験と聞く経験が気づいている意識と分けられるかどうか? じっと見つめてみるのはいかがでしょうか? そして、そこに誰かいるかどうか? (*^_^*)

        いいね

      2. yuko

        Cocoさん、あゆかさん、丁寧な導きありがとうございます☆
        ~「あなた」のことをわかる「わたし」はいない…なるほど!です。
        ダイレクトパスをやってみて感じるのは「気づきの意識=果のないスペース」みたいな感じです。
        それと「経験が経験している…」としか言いようがない感覚…そこにはだーれも居ません。
        しつこくダイレクトパスをやってみます(*^^*)。

        いいね

  5. ひとりしずか

    あゆかさん、ありがとうございます。 
    最近、とてもリラックスした状態でいられることが、素直に嬉しいです。
    非ニ元のお話し、私がいないという話は、とても難しいと思っていたのですが、気づいてる意識に寄り添うことを、何回もやってたら、ホントに気づきの意識がいつもあることに気づきました。

    言葉で表現される事はとても難しい事だと思いますが、あゆかさん、本当に素晴らしいです。
    重ねてありがとうございます!

    ひょっとして、熊本地震で体験した、何かに突き動かされる感覚も、そうだったのかなって気がしてきました。
    地震が起きた直後、一瞬血の気が引く感じはしたのですが、次には、そこには感情はなく、淡々と動く身体があるけど、自分がいないような・・・

    その後、何かに導かれるように、どんどん軽い状況へと変わって行きました。
    避難所での、皆さんの温かい支援、一軒家を貸してくれた友人、沢山の方からの応援の心に感動の涙の連続でした。

    現在も、みなし仮設住宅暮らしですが、ただただ、ありがたい毎日だな、と思います。

    私も前期高齢者になりました(^▽^笑)
    沢山の経験から、あゆかさんのおっしゃる通り、全て愛によって守られてるという事を実感する
    この頃です。

    幻想でも(^-^)、この身体があって、さまざまな事を感じることが出来るしあわせに感謝です。

         

      

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ひとりしずかさん、こんにちは☆

      素晴らしいシェアをありがとうございます♪

      気づいている意識は、ある意味究極に逃げ場になれるかなと思います。(←言葉の限界)
      自我はいつもすっかりスルーしているので、思考や感情がパニックになると、もうそれだけになってしまい、苦しみますよね。

      仮設住宅生活を送られながら、ありがたい毎日とおっしゃることができることが本当に素晴らしく、頭が下がる思いです。

      いいね

      返信
  6. 田中 正彦

    前回の「非二元と癒しのカフェ」で質問させて頂いたものです。あゆかさんから「気づいている意識はどこに居ますか?」という思いもかけない問いかけを頂き、集団の中で、「・・・・うーん・・・・」と、ややあせりながらも一所懸命に見つめた所、「・・・認識できません・・・・」と言葉が出て来ました。これが、私はいない、空の認識なのですね。悟りに至る何里塚に居るのか、さっぱり判りませんが、まさか空即是色、色即是空が腑に落ちるとは思いもしませんでした。どうもありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      田中様、こんにちは☆

      カフェへのご参加ありがとうございました!

      気づいている意識は、唯一つかめないもの、それが腑に落ちて頂いたようで嬉しく思います。そして、そちらが「わたし」であること。体や思いのほうではなく。これはほんの出発点ですが、とても大きな出発点だと思います。(なんだか上からの目線ですみません)

      また、ぜひご参加頂けましたら幸いです。(*^_^*)

      いいね

      返信
  7. ひとりしずか

    あゆかさん、ありがとうございます。 

    やはり、私は心理を追求することより、今を安らかに過ごしたく・・・ 
    非ニ元のお話しは、これまで、自分を癒す為に、肩に力を入れて頑張って来た私に、「よく
    やって来たね。もう、そんなにがんばらなくていいよ~」って言ってくれた気がして、本当に、
    楽になりました。

    これまでを振り返ると、ホント、なるようにしかなってないし、苦しかった時も、全ては、愛おしい体験になってるし、喜びが更に深くなり、今を大切に思えるのだと思います。

    あゆかさんが、教えて下さった、私のビリーフに気づくこと、それと、境界線のお話しも、日々
    取り入れてますが、特に、夫との関係で、イラッと来ても、すぐに切り替えられるので、自分でも驚いている所です。
    おかげさまで、笑いが絶えないです。
    血行も良くなるので、元気になり、ちょっぴり若返ったかも、です(*^▽^*)

    私にとって、非ニ元のお話しは、難しいことはよくわかりませんが、究極の癒しになったようです。

    みなし仮設住宅(市からの一部補助で、マンションの一室を借りてます)から見える、夕陽の美しさに、吸い込まれそうになります。

    これからは、色々な波を、軽~く越えて行けそうです。

    あゆかさんに、お会い出来て、色々な気づきを頂けた事、とっても有り難かったです。

    今年は、最高の年になりました✨
    ありがとうございました(o⌒∇⌒o)

      

    いいね

    返信
    1. アーサー

      ひとりしずかさん

      通りすがりの後期高齢者です。

      悲惨な状況。私なら到底乗り越えられそうにありません。

      前期高齢者の方なのに、あゆかさんに出会えて、透き通った目で

      物事を見つめ、感謝しながら日々を送られているようで、

      本当によかったですね。

      遠くない大震災。来ないうちに往生できればよいのですが。

      なんとかそれまでに、ひとりしずかさんの境地までたどり着きたいと

      思います。

      素晴らしい体験談本当にありがとうございました。

      いいね

      返信
  8. ひとりしずか

    アーサーさん ありがとうございます

    前期高齢者、後期高齢者で笑ってしまいましたが(≧∇≦)

    私の場合は、色々な面で恵まれてたのだと思います。

    あゆかさんに教えて頂いた、ハートの声を聞きながら、今したいことをして楽しんで過ごしています。

    アーサーさん、お身体お大事に💕

    あゆかさん、ブログお借りさせて頂きありがとうございました!

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中