禅と父と許し♪

16359055_10155830679468146_935690176_n

今日はすごく個人的なお話で失礼します♪

さて今、盤珪(ばんけい)の「不生禅」を英語版で読んでいます。なぜ、英語なのかというと古文が苦手だからです。

禅の美術も禅寺やお庭も大好きなのですが、今まで禅を深めたいという気持ちがあまりありませんでした。

というのも、昔から「偉そうなおじさん」が苦手だったからです。
つまり、私の頭の中では高僧=偉そうなおじさん。
もちろん、100%私の歪んだ解釈です。

そんなくだらない理由で手付かずでいたですが、
盤珪の「不生禅」を読んだところ、ものすごく面白い!
面白すぎる、この盤珪おじさん!(失礼、やっぱりおじさん扱い)

ということで、今更ながら「盤珪」をネットで検索してみたところ、
「盤珪の不生禅と王陽明の良知心学」という短い論文を見つけました。

ものすごいショック!(後で意味が分かります)
というのも、私の父は東京大学で中国哲学を教えていたのですが、
王陽明は、その父の大切な研究の一つだったのです。

恐る恐るその論文を読むと、王陽明という人物、そしてその教えに
ものすごく興味を抱きました。
(※個人的にはウィキベディアの説明はいまいち・・・)

そして、アマゾンで検索してみたら、父の翻訳本(伝習録)があったのです。父が亡くなってから、書斎にあった何百冊という本は、お弟子さんたちの手に渡りました。で、この本が実家にあるのかどうかはまったく分かりません。

そもそも私は父の本を読んだことが一度もなく、実は今も読めそうにないのです。それを考えただけで、涙が出てきてしまいます。

それは、父を偲んでいる涙ではなく、私の中にある葛藤の涙。
尊敬したい気持ちと反抗したい気持ち。後悔や怒り。

長い間、父の仕事に興味を示さないことで、支配的な父から自分を守っていたつもりの抵抗。父とは全然違う道を歩んできたつもりの抵抗。そんな抵抗があることさえ忘れていました。

でも、涙が教えてくれたことは、その抵抗はまだ生々しく生きていたのです。私の中にある父を許していない部分。未だに逃げたいと思っている緊張。

でも、今一つ分かっていることは、その抵抗もすべてすでに許されているということ。

そして、私はその許しを温かい飲み物を飲むように味わう日がすぐそこにあることも。

許しとは、自分はダメージを受けることができる存在だという幻想を溶かすエネルギー。(あなたは決して傷つかない)

近い将来、気持ちの良い公園で私は父の本を読むのでしょう♪

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

盤珪の教えが、ものすご~くダイレクトパスだと感じた部分をほんの少し翻訳してみました☆
(古文で読んでいる方、私の現代日本語に目をつぶってください)

「あなた方がこちらを向いて私の話を聞いているとき、スズメがチュンチュン鳴く声が背後したとしたら、あなたはそれをカラスだと間違えたりしない。鐘の音を太鼓の音と間違えたり、男性の声を女性の声、大人の声を子どもの声と間違えたりしない。光明な智慧が見事に正しく働き、あなたはただ一つの間違えなしにそれらの違う音を聞き分けることができる。あなたたちのどの一人もあらかじめそれらの音を聞くと決めていたからその音を聞いたのだ、といえる人はいない。もしそうだとしたら、正しいことは言えないだろう。

あなたがたみな、こちらを向いて私の話に熱心に耳を傾けている。そのときあなたの頭の中には背後で聞こえるかもしれない音についての思いなどひとつもない。しかし、音を聞いたとき、聞こうとしなくても、あなたは音の違いを聞き分けられる。なぜなら、あなたは不生の仏心で聞いているからだ。」

※不生の仏心=気づきの意識、純粋意識、本質、etc
※すべては自動的に起きていて、聞いているのはあなたではなくて、聞くが起きて、理解が起きていている。

禅と父と許し♪」への8件のフィードバック

    1. ayukablog 投稿作成者

      はい、そうです♪
      誰が聞いて、誰が理解しているのか? 私に属するという「私」(主体)はいるのか? または、その「私」とは、体と思いと感情の集積である私(不在)ではなくて、気づきの意識である私?不生の私?I AMの私?

      いいね

      返信
  1. ミドリ

    あゆかさん、いつもありがとうございます。
    記事を拝見して、ドキドキザワザワしました。
    私と母との関係です。
    母はもう20年近く前に他界しているのですが、私はいまだに母が嫌いで母が許せず、抵抗・葛藤、ドロドロです((+_+))
    亡くなった人相手にバカみたいだ!と もちろん自分でも思うわけですが、なかなかそこから抜け出せずにいます。
    私が母を嫌ったように 母も私を嫌がっていた、いつまでもその嫌われている 受け入れられていない私でいてしまうのです。
    母はもういないのに、誰に対して?何に対して?
    苦しいです。

    あゆかさんにも記事にしてくださったような抵抗があっただなんて驚きました。
    と同時に、少~し近しく感じられて嬉しくなりました(^^;

    “その抵抗もすべてすでに許されている”

    ーそうなのですか?
    許していないこんな思いも許されているですか?
    わかりません。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ミドリさん、こんにちは☆

      はい、許していない思いも許されています。でないと、現われないですので。

      そして、あはは、もちろん私もいろいろあります。
      ものすごく普通に悲しみ、怒り、泣きます。ただ、それが苦しみにはならないですが。

      頭ではもういない人にいつまでも・・・・とわかっても、思いや感情が手放せないのは、深いレベルで抑圧された思いがあるからなんです。

      その声がきちんと出されたときに、実は自分もお母様も愛があったのだということが見えてくるはずです。このようなセッションを今までたくさんやってきました。

      親子はほんとうに多くの思いや感情がくっついているだけに、それなりに時間がかかりますが、最終地点はいつも美しいです。宜しければ、すでにお読みかもとは思いますが、もう一つのブログ、「魂のケア」も覗いてみてください。

      いいね

      返信
  2. ひとりしずか

    あゆかさ~ん、非ニ元のメッセージ、掴めて来ました(^-^) ありがとうございます!

    あゆかさんの非ニ元のブログをさかのぼって、ず~っと読ませて頂きました。どうしても分からなかった所が、見えて来ました。
    なかなか頭に入らないので、メッセージをノートに書き出して何回も何回も噛み締めるように・・・です。

    レッテルを剥がして、剥がして・・・・・

    ここに 変化しないものが、ありました。

    そして現れては消えて行くものも。

    「全てを受容して、流れに身を任せて、何をしたいか、何をしたらよいか、生まれて来る衝動、それをやるだけ。」という、あゆかさんのメッセージは、起きることが起きるだけ、という虚無から、抜けられます。

    大海に抱かれて、安心して、個の現れを楽しみます♪

    ゆっくり、ゆっくり、長い時間を掛け、癒しながらの、ここまででした。

    あゆかさんから、この素晴らしいメッセージを頂けたこと、本当に幸せです。💗

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ひとりしずかさん、こんにちは☆

      レッテルを剥がして、剥がして・・・・・
      ここに 変化しないものが、ありました。
      そして現れては消えて行くものも。

      素晴らしいです♪

      そして、ほんとうに本質が分かれば、生命そのものであって、
      虚無にはならないですよね。

      ひとりしずかさんの言葉は、とても深みを感じます。

      こちらこそありがとうございます!

      いいね

      返信
  3. ひとりしずか

    あゆかさん、本日、熊本でのEFT養成講座のご案内を頂きました。
    春に、おいで下さるのですね。本当にありがとうございますm(__)m

    おかげさまで、最近、とても解放されて、日々軽い感じで過ごさせて頂いていますが、EFTにより、またどのような展開になりますか、とても楽しみです。

    気付かないでいる、心の奥に溜まっているものが、吹き出して来るのでしょうかf^_^;

    どうぞよろしくお願いいたします。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      お会いするのを楽しみにしております!

      といっても、ハンドルネームしか存じ上げていませんので、
      お声をかけてくださいませ☆

      いいね

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中