ストーリーに巻き込まれてしまう・・・

それなりに頻繁に“だいぶ気づいている意識に寄り添えるようになったのですが、何かあるとすぐにストーリーに巻き込まれてしまいます~”というコメントなどを頂きます。

とってもお気持ち分かります♪

ですがもし、ストーリーに巻き込まれること自体が嫌なのであれば、たぶん、癒しのほうが早いでしょう。一つには、ボタン(抑圧された思いや感情)を抱えているから、それが反応してしまうので、そこを癒せば、自我自体が落ち着きますよね。

それはそれで価値が大いにあると思うのですが、こちらは非二元のブログなのでその観点から~。

で、ストーリーに巻き込まれてしまう一番の理由は、“私は何か?”が十分に確立されていないことにあるかなと思います。

例えば、前回から少し引っ張ると、今このブログを読んでいることに気づいていますね?

その気づいているのは、あなたではなく、気づきの意識です。鵜呑みにしないで、よ~く観察してみてください。

実際、あなたが気づいているのではなく、あなたは気づかれている側です。気づきの意識は、あなたの思い、感情、体の変化にいつも気づいています。

あなたの思い
あなたの感情
あなたの体

あなたがあなただと思っているあなたのすべては、いつも気づかれています。

人類の勘違いは、気づいているのが個の自分だと錯覚していることですね。

だって、今一人で部屋でこの音楽を聞いているのは私だけで、私だけが気づいているのだから・・・。分離のうまいトリックです。

このトリックを見抜くのは、思考を通さずにダイレクトに観察していくことでしょう。
(前回のブログに少し流れを書きました)

よ~く観察して、気づいている意識に切れ目や空間はあるでしょうか・・・・?

さて、最終的に思い、感情、体はありますが、やっぱり所有者であるあなたはどこにもいません。

でも、どうしても私感覚がある。私はいる。私はある・・・・。その“私”は、気づきの意識。私はある(I AM THAT I AM)。

その後に、あゆか(名前)だ、日本人だ、男だ、女だ、会社員だ・・・とレッテルつけて、その私があたかも個の私かのような錯覚が始まるんです。

しかし、思い、感情、体は変化しても、それに気づいている“私”は常にあるはずです。

この気づいている私をしっかり確立していくんです。

気づいている意識は変化に気づいているけど、一緒に変化しているでしょうか?

どうしてこれがストーリーに巻き込まれる話と関係あるの?と思われるかもしれません。もう少し我慢してください。

気づいている意識は、時間の変化に気づいているけど、時間とともに動いているでしょうか?

“私”である気づいている意識が確立されていけばいくほど、時間の幻想からも解放されていきますね。

というのも、時間も自我の苦しみを生む大きな要因の一つなんです。エックハルト・トールのいう「心理学的な時間」です。

個の私が生まれて、人生を生きて、そして死んでいくというストーリーは、時間の中にしか存在できません。

そして、それだけが実在だと思っていたら、そこで起きることは非常に重要性を帯びていきます。特に自分がどうあるか?自分の人生はどうあるか?は、一番の関心事になりますね。

もし、自分の人生でものごとがどんどん悪くなっていくだけだったら、生きる意味を見出せるでしょうか?

時間を生きているということは、ストーリーを生きているということ。そしてそこで自我が望んでいることは、そのストーリーが良い状態であること。

だからもしかすると、真実ではなくて、常に穏やかな状態、幸せな状態を単に求めているだけかもしれません。

でも、気づいている意識である“私”がベースになればなるほど、人生を明け渡すことは、小波が大海に身を任すことだと見えてきますね。(もともとそれしかできないのですが)

個の自分の人生を動かしているのは大海だから、来た波、起こる波、いろいろあるけど、大海が起こしているものを信頼しよう。

そして、時間のないところをベースにすれば、自分をなんとか良くしたい、自分の将来をどうにかしたいというストーリーからも解放されていきます。

他者の言動に動揺したり、出来事に巻き込まれるのは、それによって自分や自分の人生が脅かされると感じてしまうからです。(無意識のレベルのことが多い)

でも、時間が幻想だと分かれば、あらゆるストーリーは、絶対的に永遠で時間のない“いまここ”の私によって気づかれていて、そして愛されていることが見えてくるでしょう。

なぜなら、絶対的に永遠で時間のない“いまここ”の私は、変化するストーリーそのものでもあるから。(空即是色)

長い話になってしまいました。

要は、あなたは大丈夫♪ということです。だは。

東京で3月25日(土)午後ノンデュアリティと癒しのカフェを開催します☆
キャンセル待ちとなりました。ありがとうございます。

今回はまた表参道に戻って、少人数でまったりと行きます。
宜しければぜひ遊びにいらしてください♪

ストーリーに巻き込まれてしまう・・・」への8件のフィードバック

  1. kumi

    だは(*^^*)
    そうなんですよね。
    大丈夫、ですね。

    巻き込まれても、気づいていても
    どちらにしたって
    「今」はこうして
    境目のない純粋な気づきとして
    存在してきたし
    これからもそうあるだけなのですね。

    その認識が浸透するにつれ
    わたしは自由で
    そして
    他の人から見たら前より
    悪い人になってきたと思います(笑)

    以前は他人の顔色が気になって
    いい人を演じてきたけれど
    最近じゃ
    不機嫌も自然に顔に出しちゃったり。

    腹が立つことも
    悲しいことも
    気づく前も気づいたあとも
    どこからともなく今に現れてくるのですが
    現れるままに今を楽しんでいます(*^^*)

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      kumiさん、こんにちは☆

      コメントに深く共感いたします。

      おっしゃる通りで何も付け足す必要もなく、いつもありがとうございます♪ 

      いいね

      返信
  2. anco

    いつもありがとうございます。
    今回の記事を読んで、すーっと意味がとけ込んできています。
    気づいている意識はどの事を指しているのか必死に掴もうとしていたのですが
    あゆかさんの記事を毎回読む毎にクリアになってきています。
    毎朝目が覚めて、今日もまた今日だと不思議に思う感覚(毎日がデジャブ感)
    いつも今日な感じしかしていないのにふと気づくと爪がえらく伸びていたり、
    もう1週間が経ってしまって驚いたり、
    年が明けたと思っていたらもう梅や桜が咲き始めて驚いたり、
    旅行に行っても、あれ?いつもと変わらない私がいる、
    確かに目の前の景色が変わったけど何も変わらない私がいるって思ったり・・・
    目まぐるしく変化する季節や身体や思いを見ている何か。
    何かなんだけどもそれはかなりハッキリといるんです。
    それが個の自分だと勘違いしてしまったんだというあゆかさんの説明がとてもピンと来てます。
    あまりにもハッキリといつもいるから、それが個の自分だと思ってしまいますよね。
    ふと自分は今何歳なんだろう?と思ってみても、ハッキリと答えられない。
    いくらでも実質の年齢なら言えるけどその年齢に全くピンと来てない感じで。

    ただまだそれと対象が実は同じもの?というところがよくわからないのが正直なところです。

    あゆかさんがオススメしていたマイケルタルボットの「投影された宇宙」も今読んでいて
    科学的にも非二元が解き明かされているのが面白いですね〜。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ancoさん、こんにちは☆

      嬉しいお言葉をありがとうございます。

      毎日がデジャブ感って、良いですね!
      朝が来て夜が来るという不思議に毎日驚かされ、そして変わらない自分(気づいている意識)がいることにも不思議を感じます。ancoさんにもめちゃくちゃ共感いたします♪

      例えば、見る経験、感じる経験と見る対象、感じる対象が分けられる? そして、それらは何でできている?と見ていくと良いかもしれませんね。

      アメリカとヨーロッパで開催されている非二元と科学の会議なども面白い話題がたくさんあって、またいつか行きたいなぁと思っています。

      いいね

      返信
      1. anco

        優しいお返事嬉しいです♫

        好きな曲に目を閉じて聞き入ってみたら、
        確かに聞く経験と曲は分ける事が出来なくて
        聞いているのは誰なのか?曲に自分が溶けてしまった様な感じで
        時間感覚が完璧に消失して
        ふと息さえもするのを忘れてしまっていて
        言葉に例えると「陶酔」とか「同調」とかそんな感じ。

        でもそれは特別な事ではなく、この頃はずーっと時間が止まっている感覚が続いています。
        時計を見ては、針の進みの早さにギョッ!とびっくりしてます笑
        時計が壊れてるんじゃないかと思えるくらいです。
        気づいている意識に切れ目や空間はないと言う言葉
        好きな曲を聴いたりする時、すごく分かりやすいのかな〜と思いました。
        視覚的な事になるとまだ概念が強すぎて
        ちょっと分かりにくいですね〜ヽ(´o`;
        視覚的な部分はもう少しダイレクトパスなどで深めていきたいと思います。

        いいね

  3. kulumin

    初めまして♪

    個の自分の中に「私」を探してみてみました!
    確かに思考や感情は自動的にやってきて、
    私の思考を見ている私(?)そしてそれをも見ている私(?)それも見ている・・・エンドレス(ーー;)
    なんじゃこりゃ⁈でした。

    なんとなく「私」は胸のあたり、ハートにあると思い込んでましたが、「私」はどこにもいないというより永遠に掴むことはできないという感じでした。
    でも、これすらも個人としてのただの思考?もう、わからないのオンパレードです。

    ただひとつわかった(この表現が正しいのか?ですが)ことは「掴めないし、わからない。わかりようがない。」ってことでした。

    じゃあ、本当の私ってなんだろうと考えた時、いくら個の私がいないとしても
    個の私を通してしか世界は体験できないし、自我からは離れることは不可能だし、たとえ一暼体験(私はないですが)をしたとしてもそれも個としてのひとつの体験だろうし。。。

    結局、目の前にある現実が真実なのかなって。
    なんだかまた振り出しに戻った感じで、モヤモヤしてます。

    なんかはじめはいい感じって思いましたが、ここから、一歩先に行きたいです 泣

    いいね

    返信
  4. いっせい

    「気づき」とは、あっちでも、こっちでも、共通というもので、「気づき」が本当のわたし・わたしたちということなら、

    あゆかさんと、わたしでは、「気づけること」が違いますし、「気づき」が起こる動機や、タイミングも違いますが、同じ「気づき」なのでしょうか?

    また、その辺の鳥や猫との間でも、「気づけること」が、違うと思うのですが、「気づき」はわたしたちで、共通なものなら、この違いや、起こっている現象は、何が起こっているのでしょう?

    また、動くものや、気配や、音や、光、振動などに気づくことの五感・六感的な「気づき」

    「記憶」や、「ヒラメキ」、「思いつき」などの「気づき」もありますが、

    これらも、わたしたち共通の「気づき」であり、同じものなのでしょうか?

    「気づき」も「現象」も「わたしたち」自体も、「無」から表されていることには違いないと思いますが、

    「気づき」だけが実在するわたしで、他は幻か、はたまた、何も現れていない、起こってないとは、本当でしょうか?

    そのように認識出来る肉体や、人間は、いったい何者と言えるのでしょう?また、それも錯角なのですか?

    なぜ?わざわざ錯角が起こって、それを体験しているような意識体験があるのですか?

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中