すべてを忘れてみる♪

先日のノンデュアリティと癒しのカフェでの会話から思ったこと・・・。

悟った人、悟りを得るなどなど、「悟り」という言葉が発せられるとき、たいてい人は「悟り」についてのなんらかのイメージを持っていると思うのです。

そのイメージに自信があるかどうかは別にして、自我はいつもなにかイメージしたり、定義付けしたり、つかめる物にしてそれを追っかけるという性質がありますよね。

ノンデュアリティのミーティングでも、まず自分が何を目指すのか明白にしてから目指そう・・・という思いが無意識に走っていることもあるかもしれません。

とにかく「つかめる何か」や手がかりがないことには、自我はただ佇んでしまうのでしょう。(実はそれがグッド♪)

中には非二元警察と呼ばれる(笑)、悟りとは~~だ、自己の不在とは~~だ、非二元とは~~だと、ばっちり定義付けがされていて、それと少しでも合わないことを言っている人にピッピーッと笛を吹く人もいるでしょう。

ですが、イメージしたり、定義付けをしてしまうと、私たちが求めているものは、いつの間にか真実ではなく、そのイメージ、定義づけられた状態(空の状態、私がいない状態、常に平和な心の状態、思考がない状態、etc)になってしまいがちです。

でも、真実は何か?という質問を真剣に自分に投げかけてみると、分からないというのが正直な答えのはずなんです。

その正直さをベースにしたとき、探求は、なんらかのイメージや定義を追っかけるものではなく、分からない何かへ心が大きく開かれていくはずですね。

ちなみに、ダイレクトパスとは思考や概念を一切通さず、いまここにあるものをただ観察するもので、求めている何かはここには要らないんです。

思考や概念は、例えそれが正しかったとしても、結局、何かを追いかけるという今までとまったく同じ自我のパターンにはまったままであって、しかも、“私は分かった、見えてきた”というストーリーに組み込まれてしまったりします。

幸せになる、状況を変える、自分を変える、悟りを得る、引き寄せる・・・すべて何かを得よう、掴もうという行為ですね。ある意味自我はこれしか知らないんです。人生疲れるはずだ。

でも、もし、本当に求めているものが、捨てた先にあったとしたら?

もし今、自分が知っているすべてを捨てなさい、何もかも!

自分が人間だとか、男だ女だとか、自分の名前もすべて!

と言われたら?

なにか怖い感じがしませんか?

寄って立つ場所がない気がしませんか?

でも、どれだけ捨てても、どうしても否定できないものがありますよね?

経験の波、あるという感覚、気づいている意識・・・・

そこにただあってみるんです。

知識や概念、思考ではなくて、そのどうしても否定できない何かにゆだねること。

これが真実の入り口ですね♪

☆☆☆☆

東京ノンデュアリティと癒しのカフェ

5月は満席となりました。6月のカフェの日程はこちら↓

日時:6月4日(日)13時半~16時半
場所:あうるすぽっと3F (有楽町線:東池袋)
http://www.owlspot.jp/access/index.html
参加費:5000円
募集は、GW後に始めます♪

☆☆☆☆

EFTプラクティショナー講座

指二本あればできる感情解放のツール♪

安心、安全、でもとっても深い。

ゴールデンウィークに少人数で学べるチャンス♪ 

すべてを忘れてみる♪」への14件のフィードバック

  1. 忘名

    こんばんは
    先日のカフェで初めてお会いして、何かが伝わったのでしょうか、
    以前よりダイレクトパスが入りやすくなりました。

    これをやると何かの境地に入るのかと思っていましたが、
    ラベルづけがなくなるということかと感じています。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      忘名さん、こんにちは!

      カフェにいらしてくださったのですね♪ ありがとうございます。(*^_^*)

      誤解が解けて良かったです。境地を目指すものではなく、たんに純粋な観察です。そこから真実が露わになるというか。境地とかラベル付けがなくなるとか、そういった言語化されたイメージや感覚も横に置いてしまってみてくださいね♪

      いいね

      返信
  2. バレンタイン

    あゆかさん、いつも素晴らしいメッセージをありがとうございます。

    いわゆる「悟り」「目覚め」に関して、非二元だけではなく、
    いろいろなメソッドで学ばれている方と交流をしながら学んできましたが、
    「私が成長した」「私がわかった」「私が気づいてきた」のストーリーを
    (人から)聞くことに違和感を感じ始めたころ、
    また「悟りに近づく私」を目指していることそのものが苦しいと感じ始めたころ、
    あゆかさんのブログに出会いました。

    それから、だんだんと、
    「こういう私(自我)を捨てるんだ!」というようなことを思わなくなり、
    (自我は敵ではないですよね。。。)
    「まあ、いいか」という感じになり、
    非二元警察を退治しよう!というような気持ちもなくなり(笑)
    気が付くと、孤独感や、言いようのない苦しみを感じていないな??
    あれあれ?という今日この頃です。

    そして、最近、誇らしげに咲いているつつじや、
    香り立つような新緑をみては、
    ただただ、美しいな~~と感じています。
    (すみません、うまく表現できないのですが。)

    だからといって、悟りに近づいているとも感じないし、
    だんだん目覚めているんだ、という意識もないです。
    逆に、そういう「悟りや目覚め」を意識したり、
    言葉にしたりすることが、苦しい感じがしますので、
    いまは、放っておいてます。

    だらだらと書きました。
    これからも、更新楽しみにしております!

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      バレンタインさん、こんにちは☆

      はい、自我は敵ではなく、愛おしいものです。(*^_^*)

      自我が自分だという勘違いが落ちれば良いんですよね。

      今の時期は本当につつじがあちこちであいさつしてくれて、それに感ずる心、そんなシンプルさで充分だと私も思います♪

      いいね

      返信
  3. Punna Sakura

    こんにちは
    以前コメントさせて頂きましたが、少し気になるのでコメントさせて頂きます。
    (しつこくてスミマセン)

    精神世界(?)の話を見聞きする時に違和感を覚えることがあります。
    ・「主語がない」説明
    ・「抽象的なテーマのはなしに抽象語を多用して」聴衆とのコミュニケーション不成立をスルーした説明
    などです。

    お伝えしたいことを最初に書きますと「認知不協和は、思考の連鎖を生み出すから、現実社会(観念世界)の発想(思考)からの飛躍を阻害する」ということです。
    だから、コトバ(概念)を使って説明する時は、よほど丁寧な表現をしないと、曖昧が曖昧を生み、疑念が疑念を生み、誤解が誤解を生み出して、本人も聴衆も思考の連鎖から抜け出せなくなります。(それを狙ってやる人はサギ師です)

    「悟り」「ワンネス」「ノンデュアル」「愛」「神」「仏」
    これらは人によって説明も理解もまちまちで一貫性がなく、理解しようとすればするほど認知不協和により疑念、疑惑、不信、ごまかし(場合によっては”安心”)のココロを生み出していると思います。

    1.
    今回のコラムで気になるのは、『すべてを忘れてみる』です。
    「すべて」とは「制限制約があるからこそ成立できるコトバ(概念)」だと思います。
    制限も制約もなければ「すべて」という概念は成立しないと思うからです。
    仮にそうだとすれば、タイトルにある「すべて」とは、どのような制限制約における「すべて」なのでしょうか?
    もしも
    「あるものすべて、思うものすべての一切合切です」
    と言われるとすれば、それは抽象の極致ともいう説明であり、現実(概念)では把握できない空想の世界の事になると思うのです。

    2.
    前回のコラムの文ですが
    >私①が私②がいない状態になれば良いのだ・・・というのがすでに矛盾しすぎていますよね。私②がいないのを私①が確かめるみたいな。

    ここでいう「私①」と「私②」は、同じ(「①=②」の)「私」なのでしょうか?
    それとも「①≠②」の「私」ですか?
    または 「①≒②」の「私」?

    つまり「私」というコトバが抽象的すぎて説明になっていないと感じるのです。
    「私の肉体」「私のココロ」「私の自我」「私を私たらめる意識」、、etc
    さらに言えば、≪コトバ(概念)を使って説明する≫のはムリだと思うのです。

    なぜなら、「①=②」「①≠②」「①≒②」のそれぞれの観念世界が(同時に)存在する(できる)と私は考えています。
    要は説明の仕方次第でどうとでも言えて(概念化できて)しまうと思うのです。

    3.
    前回のコラムでウパニシャッドを紹介されていましたが、結局のところ、本当に覚醒した人が言えるのは次のような説明になると思うのです。

    ・『アートマンを説明することはできない。それは「そうではない(非)」としか表現することができないのだ』(ウパニシャッド)
    ・『不立文字(それを説明することはできない)』(禅)
    ・『”それ”を説明することはできず、体験を通して理解するしかない』(amazonで見たインドの覚者?の本の書評の一部)

    不立文字は
    説明できない->そんな世界はない(存在の否定)
    ではなくて
    説明できない->説明不能な世界がある(存在の肯定)

    ウパニシャッドの『アートマンは「非ず」としか表現できないものだ』は
    「非ず」->アートマンの存在の否定
    ではなく
    「非ず」->「それは違う」としか説明できない世界がある(存在の肯定)

    肯定とは「事実として認める」ということです。
    しかし「その事実」は「概念として説明することはできない」のです。
    なぜなら、その世界は『観念を離れることでしか認識できない世界』だからです。

    観念を離れないと認識できない世界の存在は、たとえそれが事実であったとしても、私たちが生きる現実(観念の世界)においては、説明することができないのだ。
    とは実に見事な表現だと思います。
    ≪ソレ≫を目撃した人にしか表現できないと思うからです。

    だから「悟り」や「ワンネス」などの概念を、言葉で(完璧に)表現することは不可能なのです。
    精神世界の指導者の多くが、笑顔に余裕ある表情で「私たちはあるがままであるがままなのです」と言うようです。
    しかし、弟子や聴衆に≪体験を与える指導をしない≫で、このようなお話しに終始する指導者は
    「自分が矛盾したこと(またはポエム)を言っていることに理解が至らない人の特徴」だと思います。

    最初に書いた抽象語の弊害の話しと少し関係あるのですが、日本人が「悟り」という日本語を使っている間は、『ソレ』を理解するのは至難のような気がします。
    なぜなら、『悟り』『悟る』には「理解」という意味が含まれいて、一般的には
    「悟り」=「何らかの理解」と捉えられていると思います。
    しかし、『ソレ』には理解する要素は含まれません。
    ただ『認知体験があるのみ』です。
    そして、その後のタイミングで『ソレ』に対して意味づけが行われ『概念に変換される』からです。

    日本語には抽象表現がし易いという強みがありますが、宗教や精神世界においては、裏目に出ていると思うのです。
    そのために認知のズレが誤解を生み、誤解が妄想を生んで、心の中で迷いの連鎖が始まっているような気がするのです。

    以上です。
    (というか、かなり場違いなコメント笑のようなので、適当なタイミングで削除をお願いします)

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      Punna Sakuraさん、こんにちは!

      わぁ~~~、ものすごく考えて、整理して、結論づけていらっしゃいますね。

      今回の記事の意図がまったくスルーされたような・・・・。

      「言葉にすることは不可能なのだ」という概念にはまりすぎているかもです。このテーマにまつわるご自分の理解や概念にはまっているというか。

      こういったことをせずに、たんに「今沸いてくる」思いや知識やレッテルや概念を「ぜんぶ」忘れて、ただあってみませんか?

      そうすれば、頭で理解できなくても、明白にあるものがありますよね? 理解や認知を通さずに分かるものが。別に目覚めた人でなくとも。今すぐに誰にでも。そこにただあってみませんか?

      という超シンプルな話なんです。

      話というか、やってみてね♪ というご提案です。(*^_^*)

      いつもありがとうございます☆

      いいね

      返信
      1. Punna Sakura

        (面倒くさいコメントにかかわらず)ご返信ありがとうございます。

        1.
        >話というか、やってみてね♪ というご提案です。(*^_^*)
        なるほど~ 趣旨を理解しました。
        いろいろと思うことがありまして熱い(?)コメントになってしまいました笑

        2.
        >「言葉にすることは不可能なのだ」という概念にはまりすぎているかもです。
        そうですね。
        先のコメントにも書いた奇妙な表現ですが、私は、「言葉では説明できない(否定)」と「言葉だとどうとでも表現できてしまう(肯定)」は、同じ意味になると考えています。

        別の観点では、テーブルの上に「リンゴが一つ」置いてあり、周りに10人の人がいたとして、実際のリンゴは1個ですが、『ソレ』を見ている人の「概念としてのリンゴ」は10個存在することになり、それぞれが自身の経験から生み出された「10個の別々のリンゴ」を認識していることになる。みたいな、、(意味不明ですよね)

        アタマの中にある「概念のリンゴ」は「その人特有のリンゴ」だから、ソレを元にして「現物のリンゴ」を完全に再現(表現的な復元)することはできない。みたいな、、

        3.
        >今回の記事の意図がまったくスルーされたような・・・・。
        説明が不足してたようですみません。
        私はソフトウエア開発業をしていまして、コトバの行き違いによるトラブルは日常茶飯事です。
        今回のコラムで私が反射的に噛みついてしまった笑理由は、たぶん次の3つだと思います。

        >「すべて忘れてみる」
         の「すべて」にあるはずの制限、制約、対象を省略した表現 ①
        >真実は何か?という質問を真剣に自分に投げかけてみると、分からないというのが正直な答えのはずなんです。
         の「真実」にあるはずの、”対象”を省略した表現 ②
        それと、溝口さんのブログにある「悟り」という言葉 ③

        これらについて「怪しい!」(スミマセン)との印象を受けたのだと思います。
        (これについては、こだわる部分ではないという趣旨を理解しましたので解消しました)

        4.
        私がコメントさせて頂いた主旨(気持ち)を簡単にお伝えすると、精神世界や宗教の指導者や組織には、いい加減なものが少なくないという事実を苦々しく思っているのです。
        難関大学出身で日本で10年以上禅の修行をし、納得できずにアジアの瞑想道場で修行をした後、日本で瞑想道場を主宰している方の著書や講和に触れたことがありますが、とても論評できるものではありませんでした。
        現代的なビジネス宗教だけでなく伝統的な宗教ですら、信者のカネ、時間、性まで盗む不届き者がいます。
        以前知り合った中年女性は、カトリック系の教会の運営補助のために≪ボランティアとして≫日本各地を『転勤』して活動していた経験をお持ちでした。金銭的な補助は一切なかったそうです。

        これらの事から、
        「神は言った」と自分が言いたいことをいう牧師
        本から得た知識を集約して自身の意見のごとく説教をするキュレーション僧侶
        根拠のない話しを曖昧な言葉づかいを駆使して信者をあつめる指導者、、etc
        に対して、「どうにかならないものか」と考えているのです。

        溝口さんはカウンセリングを仕事としてされており、常識的な方だと理解しましたので、私がムキになってコメントする必要の無い方だと信じます。
        (というか私の方が、かなり怪しい人物なのは理解しています笑)

        いいね: 1人

  4. バレンタイン

    あゆかさん、コメントへの返信をありがとうございました!
    コメントを書いた日は、庭先のつつじが満開でした。
    (でも、昨日は、それが一気に枯れていました~~)
    そんなつつじを今日も、ぼけ~っとしながら、見ていました。

    自然をただ見る、、ということには、言葉が何にもいりませんね。

    でもこれまでは・・
    「これは、~の名所だからどうこう」とか、
    「この花は、色がどうこう」とか、
    そんなことを、やってきたんだな~~
    そりゃ疲れるわ、苦しいわ・・(笑)と
    思ったりしていました。

    この時期は、緑が本当に美しいです。
    どきどきしてしまいます。

    ありがとうございました。

    いいね: 1人

    返信
  5. suzu

    あゆかさん
    いつもありがとうございます。
    ノンデュアリティについて少しずつ感覚として感じられるようになってきたように思います。
    苦しくて仕方なかった時、「私はいない」状態に「なりたい」と確かに思っていました。
    体の中にはどこにも確かにいないなと分かり、
    「全てのことは、ただ起きてるだけ」というのを繰り返し思っていたら、そこには確かに行為者、経験者はいないなと分かりました。
    でも、私にとってソースと繋がれると確信できる場所である自然の中で、「私はいない」を感じようと思ったら、私はいないどころか、「わたししかいない」ぐらい「わたし」という感覚が、鳥のさえずり、風が吹いている感覚、太陽の眩しさと同じレベルで感じられて、「⁇」となりました。
    そして、先日のあゆかさんの記事で、
    「わたし」という感覚 = 気づいている意識と教えて頂き、とても腑に落ちて、ホッとしました。

    そして今回の記事で、知識も概念も思考も横に置いて、「ただあってみる」ことをまた新鮮な気持ちでやってみています。
    今回は、抵抗なく、何かになるなどの状態を求めることなく、目に映ることが映画のように見えました。
    (以前、自然の中でソースの視点になれたのと同じ感覚でした)
    ただ見ると、頭の中はしんとして空っぽで、ふと気づくと、体の中も空っぽで、なんとも言えない穏やかな安心感が感じられました。
    空っぽなので、ジャッジもしないし、苦しみもありませんでした。
    これが、全てが愛だという感覚なのでしょうか?

    「ただある」…心地良い良いですね(*´꒳`*)

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      suzuさん、こんにちは☆

      わぁ、とっても良い感じですね♪ (*^_^*)

      わたしがいないとわたししかいない、これは言葉で考えるのではなく、そうやって実際にただあってみたら、おっしゃる通りのことが分かりますよね。なんだかとても嬉しいです。

      鳥のさえずりも太陽のまぶしさもすべてわたしであって、わたししかいない・・・。でも、個の私はもうそこにいなくて。

      「ただある」ことを続けるだけで、真実がどんどん顔をだして、と、同時に自分の中で「個の私」という感覚があれば、それを見つめていく。どんな思い、どんな感情が、「個のわたしがいる」と説得しているのだろう?と。そして、それらももちろん悪いものではなく、それも愛おしいストーリーたち♪

      いいね

      返信
      1. suzu

        わぁ♡ お返事ありがとうございます(*^^*)!

        「わたししかいない」= 「気づいている意識」
        =「個のわたしはいない」

        教えて頂きありがとうございます!
        本当のこと言うと、この感覚で良いのかな?と思っていたので、嬉しいと言って頂き、とっても嬉しいです
        (๑˃̵ᴗ˂̵)♡
        そしてこれは、体感して初めてこの意味がわかるのだなと実感しました。
        そしてそれには段階を経る必要があったんだなと思いました。

        頭で分かった「つもり」になっていることが、
        体感として腑に落ちるって、嬉しいですね。
        違いが分かったのも嬉しかったです。

        仰って頂いたように、「ただある」を続けて、真実を見たいなと思います(^-^)

        頂いたお返事を繰り返し読ませて頂いていて、今ふと思ったのですが、近頃特に繰り返し出てくる感覚があるんですね。みぞおちのあたりがぎゅっとなる感じで、その元を辿ると「不安」が出てきました。
        なんの脈絡もなく、最近よく現れるんです。
        もう手放したはずと思っていたのですが、それこそ「個のわたし」を感じさせようとしている感覚なのでは?と思いました。
        ガッツリ分離を感じる感覚です。
        どこからともなく湧いてきて、何処へともなく消えていくのに、「個のわたし」はそれに飲み込まれてしまっていました。
        このようなことにも気づかせて頂いて、本当にありがとうございます♡

        ただあり続けた先の真実を見るのが楽しみです(*´∇`*)

        いいね: 1人

  6. 佐野 翠

    あゆかさん、はじめまして。私は、あの「非二元」がブーム?になったころにあゆかさんを知り、それ以来時々このブログを読ませていただいています。

    少し前なのですが、ひどく心を傷つけられるような、到底納得できないようなことを言われるということがありました。最初は反論してましたがふと、「誰が言っている」という部分ではなく、「何を言っているのか」という、言葉の部分にだけ意識を向けて、いっさいの反論をやめてみました。途中何度も言葉がこみ上げてきましたが、あえて何も言わないようにしていると、
    不思議に、相手の言葉だけがただ素直に心に響いてきて、「まったくその通りだ」と思ったのです。

    つまり「誰が」をぬいて言葉だけを感じていると、不思議なことに
    他人がいなくなるのです。なにかとても大きなエナジーも感じてきて、自然に嗚咽がこみあげ
    涙が出そうになります。
    でも、同時にとても怖くなり、気持ちが抵抗して、また現実感に戻ります。

    物に対してもそうです。
    名前をつけずにみつめると、何だかつながった感覚になります。
    そしてまた恐怖心がわきます。

    そんな感じなのですが、、、
    これは、何なのでしょうか?

    いいね: 1人

    返信
  7. タケ

    あゆかさん、いつもありがとうございます。

    悟りとは、悟りの概念すらも無意味になること。
    ただ、そこにある。

    難しくもありますが、言葉でいろいろな考えるのも楽しいですね。
    ありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
  8. トマト

    あゆかさん、こんにちは。ノンディアルティの視点では、霊界もストーリーだというお話しを聞いたことがあるのですが、ということは霊界のすべてがわたし、I am、で、それに気づいているのが気づきの意識ですか?
    ややこしくてすみませんが、どうやらそれを聞いて、安心したい私がいるもので。

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中