すべてはすでに決まっているの?

すべてはすでに決まっているの?

しばしば聞かれるご質問です。

例えば、今自分が難病で苦しんでいたら、この苦しみは仕方がないことなのか? すでに決まっていてどうにもできないことなのか?と思うかもしれません。

ですが、非二元が指しているのは、この問いを超えた先なんですね。

すべてはすでに決まっているの?という質問は、どうしても時間と空間の意味合いが含まれてしまうでしょう。

ある意味運命論的で、あらゆることがすべて“すでに”決められていて、だから私の未来も決まっている・・・・みたいな。

また、誰がすでに決めているのか? それはなんとく神、純粋意識、宇宙意識などとなるのでしょうか?

いずれにしても、時間を想定している時点で、「空」の観点は切り捨てら、100%現象という「色」の話だけを語っているものでしょう。

また、この質問で一番知りたいことは、おそらく“私の人生はどうなのだろうか?”、“私のやることに意味があるのか?”ということですね。

今日の夕ご飯に私が何を食べるのかも決まっているの? それじゃぁ、いろいろ献立を考えても意味ないの?みたいな。

しかし、個の自分を中心に世界を見たり、考えたりしても、自我ワールドを超えたものは見えてこないでしょう。というのも、自我はどうしても現象にしか目がいかないからです。

現象の中では、現象を生み出し、維持していく様々な法則があるに違いありません。でなければ、いつ月が地球に向かって落ちてくるか分かりませんよね。(あり得なさすぎる例でごめんなさい)

ですが、現象の世界の法則がいくら解明されたところで、「空」の観点から見れば、それはどれも「色」というストーリーの世界です。

見る者(主体)と見られるもの(客体)は二つではないという、ノンデュアリティの言葉に立ち返ってみれば、それはイコール時間も空間もないということで、ここに時空前提のあらゆる法則が消えてしまいます。

でも一方で、主体と客体という分離の幻想が生み出す時空の現象を否定することもできません。

つまり、空と色が同時にあって、それは一つとも言えなければ、二つとも言えない。一番近いところで「二つではない=非二元」

そして、それが私たちの本質。法則があり、法則がないところ。

変化そのものなのに常にそこにいて、

時間をともなって起きるあらゆる事象であると同時に

時間のない常に静かで平和と受容の意識でもあります。

空の上にヘリコプターの音が聞こえてきたら、

それを聞いている客体としての(個の)あなたという経験者はいなくて、あるのはヘリコプターの音とそれに気づいている意識(=聞くという経験)だけ。

そして、ヘリコプターの音はそのまま「気づいている意識」であって、それらは決して分けることができません。

ヘリコプターの音を生み出す「気づいている意識」は、同時に一瞬の時間差もなく音そのものでもあるんです。

だからあなたは、ヘリコプターの音でもあって、「気づいている意識」でもあり、そこに一瞬一寸たりとも時間も空間も存在しませんね。

すでに~とか、誰が~とか、そういった言葉は当てはまらないでしょう。

すべてを決めるものと出来事がどうしても分けられないとき、私たちがせいぜい言えることは、“分からない”です。

でも、その“分からない”は、自我が不安や混乱を抱いてつぶやいているのではなく、生命に身を捧げた(サレンダー)信頼とピュアな信仰心♪

信仰心とは、神など何か対象への信仰心ではなく、“分からない”ということがはっきり見えたとき、存在のすべてに対して勝手に起きてくる信じる心。

個としての自分が、全体である自分へ持つやすらぎとなつかしさ、そして安堵感。

私はどうなるの? 私の人生はどうなるの? 

それらの思いも「気づいている意識」によって受け入れられ、それはまた「「気づいている意識」そのもの。

そこは、“私は?”という視線を超えた地平線。

そしてその地平線があなた♪

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

感情について体験的に学んでみよう。感情とは?感情解放とは?

2017年9月16日(土)~18日(月祝日) 3日間

JMET認定EFTプラクティショナー講座 in 大阪

詳細はこちら

 

すべてはすでに決まっているの?」への9件のフィードバック

  1. タケ

    あゆかさん、いつもありがとうございます。

    難病、苦しみが消えて無くなるのではなく、苦しみを苦しみと感じている私そのものが、幻想というか、影というか、執着により概念化しているだけというか、だと思うんです。

    まず、今握っているものを手放してみることだと思うんです。
    まあ、それが自らを苦しみから解放することを目的としてしまえば、それはそれでなかなか手放せ無いんですけどね。

    でも、それはそれで成るように成っているんだと思うんです。

    いかがでしょうか?

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      タケさん、こんにちは☆

      こちらこそありがとうございます♪

      苦しみを感じている経験者としての私はいないですよね。また、今握っているものを手放せれば、もちろん手放したほうがぜんぜん良いと思います。(*^_^*)

      でも、例えば自己の不在が見えても虫歯が痛いように、痛いことは痛いままですね。なので、私はちゃんと苦しみの中身を見よう派(笑)です。

      今回のポイントは、なるようになっているかどうかというより、そのような自我の心配(私はどうなるの?)を超えた視点があるよ~というお話しでした♪ 

      いいね

      返信
  2. タケ

    的を外していてすいません。

    あゆかさんの文章から、身勝手に感じたまま(一部は加工有り)コメントしています(笑)

    ありがとうございます。

    いいね: 1人

    返信
  3. Punna Sakura

    こんにちは
    ときどき乱入(オイオイ)させて頂いている者です。
    思うところを少しコメントさせて頂きます。

    >すべてはすでに決まっているの?
    この問は『意味を持たない』と思うのです。(なんか身も蓋もない言い方ですね笑)
    決まっていようとなかろうと、わたし達は日々生きて活動しなければならないからです。(生を全うするという意味です)
    今日登山することが「決まって」いても、ルート選択、出発時刻や装備を決めるのは人の意志であり判断です。道を間違おうが雨でビバークしようが、その時々に判断して前進し、時に停留し、時に後退もするのが「生きる」ということだと思います。

    人生には魂を打ちのめされるような出来事に遭遇することもありますが、すべて受け入れるしか手がないのが『人の人生』だと思うのです。
    ただ、もしも『人の自由意思』に影響を与えるものがあるとすれば、経験上それは『徳』だと考えています。

    >おそらく“私の人生はどうなのだろうか?”、“私のやることに意味があるのか?”ということですね。
    これは「将来に希望が見いだせない」ということでしょうか?
    そうだとすると、人は行動を通して意味づけし、価値(色眼鏡)を見出すので「希望が見いだせる何か」を見つける(探す)のがいいかもしれません。

    「散歩して白い花を10個見つけたらカフェで休憩しても良い」なんてルーチンをやると、希望につながる出会いやアイデアが見つかるかもしれません。

    >「二つではない=非二元」
    非二元は未だによく分かりません笑
    というよりも、もし『真理を表現するジグソーパズル』があるとしたら、その1ピースでしかないように感じるのです。

    溝口さんは、易経を読まれたことはありますか?
    まず太極(円)(元、一元、ワンネス、無、空、神、真理、存在の源、混沌)がある。
    そこに両儀(2元、陰陽、相対世界)が生まれる(派生する)。
    そして4象(現象世界)がうまれ、8象~となり、現象世界に森羅万象が現れる。

    私は太極図こそ、1元(空)から森羅万象(色)が派生(生成発展)して、それらが一つであることの関係性を見事に表していると思うのです。
    それを言葉ではなくシンボル化して表現しているのもツボを押さえていると思うのです。

    言葉を使って『われわれは一つ』と言えばそれはウソ(矛盾)になります。
    『我々は分離していて別物である』と言えば、それも間違いになるからです。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      こんにちは! 少し前に承認制にしましたので、すぐに反映されないかと思いますが、コメントできますよ~。
      そのうち、また承認制を解除しようと思っております♪

      いいね

      返信
      1. aoi

        コメント欄がなくなってしまったのかと思っていましたが、違ったのですね。
        ご返信ありがとうございます。

        いいね

  4. あんず

    こんにちは、あゆかさん。2度目のコメントをさせていただく杏です。はい今回のテーマは、すごく興味を持って読ませてもらいました。という書き方がもうすごく、個の自分ありありと言う事なんですけど。ついこうなってしまいますね。例えば難病とかひどい病気になってしまわないように健康に気をつけた生活や食べ物を心がけるとか、海とか地球の汚染をを減らしで環境問題に興味を持つとか。

    1年前に猫をガンで亡くしてしまい、すごく悲しかったですね。猫がガンにならないようにいろいろ気をつけていたのに、思わぬことで、ワクチン接種から来るガンになってしまっていました。私たちは存在していないだれも生まれてもいないし死んでもいないのだと言うことはしっくりきますが、結局自分に見えているものは時空の中でのストーリーです。

    結局このストーリーが終わってしまえば、これはなかったことだったあれは夢のようなことだったと言うことになれば結局はどんな夢でも構わないかもしれないし、他のノンデュアリティトーカーの方が意味があるとすればそれは意味がないことですとおっしゃっていました。けれども、時空はないと言う事でも、あるような感じがありますよね。今日1日何をしようとか。それでついじゃあ何をしようかと考えたことをしてしまいますよね。

    今もある人に目的を持って生活しよう目的がない生活はあまりうまくいかないみたいなことを言われましたね。そう、結局今見えているところに場所があり時間がありじゃあ何をしようかと思った時にじゃぁ何をしたらいいのか。もう決まっていることなのか。決めた人が神とかそういう意味では無いのですが、例えばライフ例えば気づきの意識 呼び方は変わってもこの自分でない存在がそれを望んでいて、ガンにならないようにしようと思って生活していても、その存在が望んでいたことが起こるのであればそれが起こると言うことであれば努力をしてもまぁあまり変わらないのでしょうかと言うような意味なのかなーって思いました。

    書かれていた結局それはわからないと言うのはすごくそうだなぁと思いました。ノンデュアリティーについてまだまだなのですが、結局は自分がやりたいことをやるしかない、自由選択は無い、やりたいと思ったことも自由に浮かんできてそしてそのままやる〜結果はわからないそんな感じなのかなと思いました。ずいぶん長くなりました 読んで下さってありがとうございます。そしていつもメルマガありがとうございますそれではお元気で

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中