一瞥体験よりも求めたいもの♪

一瞥体験に関する下記のようなご質問を頂きました。↓

エックハルト・トール氏もプロフィールに一瞥体験が記載されています。全ての方ではないですがプロフィールに同じような内容が紹介されます。なぜでしょうか?そして経験(一瞥体験)が去った後は?読者や探求者は、必ずこれに引き寄せられますが・・・。

私の場合はすべての始まりであり、発信する中で自然な感じがするからです。(記載しないと何かを隠しているみたいで不自然な感じ)他の方は分かりませんが、それを目指すものとして書いているわけでもないと思います。

一瞥体験に関してある意味危険?なところは、私も見事に陥りましたが、“あの体験をもう一度”となってしまうことです。または “あの状態が続くことが悟りだ”と勘違いしてしまうことです。

せっかく真実を掴んだのに失ってしまった・・・と私は本気で思い込んでしまいました。また、その後人生の意味を見失って、虚無に陥る人も多いですね。

しかし、有難いことにロンドンには非二元のお話会が頻繁にあり、ティーチャー達によって私の勘違いは比較的早く是正されました。

体験というくくりで言えば、一瞥体験もバンジージャンプ体験もある意味で同じです。体験はすべて過ぎ去っていき、一瞬一瞬変わり続け、そして一瞬前にあったものは消えていきます。何一つとどまることはなく、つまり、実体のないものです。

一瞥体験もそうです。始まりと終わりがあります。私の大きな勘違は、必ず変化し、終わりがある経験や状態というものに永遠にとどまっていられると思ってしまったことです。

しかも、分離した個である私が(笑)。ですが、ぜんぶ丸ごと大きな勘違いでした。

というのも、存在の本質は不変であって、失うこともができず、つねにここにあるもので、そして分離した個が決して留まれるものではなく、捉えることがまったくできないからです。

ですので、大切なことは去って消えていく体験ではなくて、

“決して去らないものは何か?”という問い、

そして、

“そもそも体験者はいるのか?”という問いです。

自我は特別な体験、とくに悟り体験のような特別体験に憧れる傾向があります。ですが、もし求めているものが、去ってしまう体験ではなく、不変の真実なのであれば、一瞥体験という遠回りをしなくても良いかなと思います。

ちなみに私の先生であるルパート・スパイラさんは、一瞥体験をしておらず、一瞥体験は目覚める条件というわけでもないんです。

真実はいまここに否定しようがなくすべてに浸透しています。たどり着くものでもなければ、ここにないものを見つけ出したり、得るものでもありません。

なので、探求はどこかに向かうのではなく、いまここへの探求、そして意義ある疑問は、“今ここにある真実がなぜ見えないのか?”でしょう。

このブログでもそこを強調しているつもりではあるんです。ただ、書き言葉に限界がありすぎますが・・・。

とりあえず、体験というつかめるものではなく、あらゆる体験に気づいている、決して捉えることができないもの。いまここでそれを探してみませんか?

 

☆☆☆オンラインお話会について☆☆☆

この度は予想以上にお申し込みを頂き、また動画販売のリクエストもありがとうございます。

動画販売に関しまして、当日参加のようにやりとりができないこともあり、個人的には価格を少し低く設定すべきだ(したい)と考えています。しかし、当日参加できない方も、すでにお振込みを済ませた方も多く、現段階で2種類の設定で申し込みし直して頂くのもかなり煩雑になると判断いたしました。そこで、動画販売の価格に近付けるため、4回のお話会を同じ価格で5回やることに致しました。(*^_^*)

つまり、動画販売もいたしますので、またお知らせさせてください♪

一瞥体験よりも求めたいもの♪」への11件のフィードバック

  1. バレンタイン

    あゆかさん、いつもありがとうございます!
    お話し会の申し込み、機を逃してしまいましたので、オンライン動画の販売、楽しみにしています。

    「探求はどこかに向かうのではなく、いまここへの探求、そして意義ある疑問は、“今ここにある真実がなぜ見えないのか?”でしょう。」

    私は、どこかに向かっていこうとしている間(20年も!)は、苦しかったです。
    何かを知りたい、見つけたい。
    自己探求といいつつも、
    結局、それは、いつも外に向かっており、内には向いていなかったんですね。
    何かを探そう、とすることを一切やめたら、楽になりました。

    人間って、何か自分が人より、一歩でも知りたいとか、得したいとか、優位に立ちたい、って思って四苦八苦しておりますね。
    そういう自分は、今でももちろんおりますが・・楽しんでおります(笑)

    これからも、あゆかさんの「はっと気が付かされる、名文」、楽しみにしております。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      バレンタインさん、こんにちは☆

      すごく分かります。どうしてもどこかに向かっていこうとしてしまいますよね。多くの方が経験しているのではと思います。私もルパートさんやそのほかのティーチャーに教えてもらっていなかったら、ずっとそうしていたと思います。

      名文と言われて、すごくびっくり&嬉しいです。(*^_^*) ありがとうございます。

      今後もぜひブログをお読みくださいませ♪

      いいね

      返信
  2. ヤス

    ヤスです。
    あゆかさん。早速の回答ありがとうございました。
    状態は変化して去っていくもの、何度かこのプログで読んではいましたが読み切れていませんでした。

    状態で言えば、「私はいない」「経験者はいない」この状態も去っていくということでしょうか?五感や感情といったものも探求者と変わりはないですよね。
    ここで悟りとは?・・とは?

    私は宇宙船で、太陽と地球を見た。地球は丸かった事実を知っている。でも私の目線はあなた達と同じ、太陽は登り沈む同じ経験を今でもしています。ってことに正直なところ感じてしまいます。言葉では表現できない限界があるということですよね。

    話を変えて、「気づきの意識に寄り添う」という表現をされていますが、「気づきの意識になりきる」でもかまいませんか?

    いつか、あゆかさんに会える日を楽しみにしています。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ヤスさん、ありがとうございます♪

      PCの前におりました。チャットみたいですね。(*^_^*)

      「経験者はいない」は否定できない紛れもない真実で、状態ではありません。思考を横に置いて「いまここ」を深く丁寧に見ていけば、それは見えてくるはずなんです。

      気づきの意識になりきるでも良いような気がします。気づきの意識にただあり続けるという感じでしょうか。

      こちらこそ、いつかお会いできましたら嬉しく思います☆

      いいね

      返信
      1. ヤス

        ヤスです。
        「今ここを深く丁寧に」このフレーズとてもいいです。ピンときました。
        ちょっと掘り下げると、瞑想の時間はもちろんでしょうが日常の生活の場も生かせることでしょうか?

        日常は、いろんな誘惑やストレスで思考まみれ、それどころではないと半ば諦めていました。しかし深く丁寧に見ていくけば少しずつでも障害が克服できるのでは?

        本当は、瞑想だけでなく理想をあげれば四六時中でしょうか?
        あゆかさんは厳しく指導されないと思いますが、このくらいの覚悟が必要なのでは?

        いいね

  3. ピコ

    あゆかさん

    非二元に関して初心者でこちらのブログもまだ全部を読み切れていません。
    そんな状態で質問させていただくのは、厚かましくもありますが
    よけれ教えていただければと思います。

    一瞥体験をしなくても目覚めることが出来るというのが
    どういう感じで「目覚めた」と気付けるのかが不思議に感じてしまいます。

    『“そもそも体験者はいるのか?”という問いです』
    ↑私はこの問いに対してはまだ「?」ですが、
    この問いに対しもし「体験者はいない」と気付いた時は、
    天地がひっくりかえるような体感(一瞥体験)があると思ってしまいます。
    もし体感がないのであれば、単なる思考から導き出した答えのよう気がします。
    また問いの答えを探そうと思考が働いてしまいます。
    問いかけに対して思考せずにどのように探究すればいいのか、わかりません。

    一瞥体験をしなくても「自分は目覚めた」とわかるものなのでしょうか?

    今は、気づいている意識に気づいている位なレベルなので、
    この質問が不適切だったらお許しください。

    いいね: 1人

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ピコさん、こんにちは♪

      目覚めという言葉が良くなかったかもしれませんね。とりあえず、一瞥体験は体験ですが、目覚めは恒久的な理解です。

      例えば、気づいている意識が自分であって、名前がついているほうではないと真に理解すること、主体と客体という二元の関係性は幻想であると理解すること、何かを決定している行為者はいないと理解することなど、段々理解していくことも充分にあります。

      例えば、みにくいあひるの子が、自分は白鳥だったと理解したとき、ほんとうに理解されれば、その理解は恒久的ですよね。自分は白鳥だったという真実を垣間見て、またみにくいアヒルの子だという幻想に戻ることはない理解です。で、そういう恒久的な理解を段階を追って一瞥体験なしにしている人のほうがおそらく多いだろうと思います。

      いいね

      返信
  4. ayukablog 投稿作成者

    ヤスさん、こんにちは♪

    本当は、瞑想だけでなく理想をあげれば四六時中でしょうか?
    あゆかさんは厳しく指導されないと思いますが、このくらいの覚悟が必要なのでは?

    あはは、私は厳しくもないですし、指導もしないです。なにかを続けていれば、達するとかそういうものでもないかと思います。一度オンラインかカフェにご参加ください。(*^_^*)

    丁寧に見るが実際どういうものなのか、一度体験して頂けたらと思います。自分で思ったようにやってしまうと、何か違ったことをしてしまうかもしれませんね。または、そのうち音声をアップするかもです。

    いいね

    返信
  5. ピコ

    あゆかさん

    お返事ありがとうございます。

    みにくいあひるの子の例え、わかりやすかったです。
    「絶対的な真実は揺らがない」から、
    白鳥が白鳥を体験したいと思うのは変ですね。

    ただ「真に理解すること」を思考で理解しようと
    追い求めてしまいます。
    捉えることのできないものを
    どうやって理解するのか思考が答えを探そうとしたり
    皆さんの経験談にすがろうとしてしまいます。
    (同じ道をたどりたいと思い)

    オンラインカフェは、私のような初心者レベルでも
    参加できるような内容でしょうか?
    もう少し気づきの段階を経てからのほうが、
    わかりやすいでしょうか?

    次回のオンラインカフェまで、
    “今ここにある真実がなぜ見えないのか?”を
    問いかけてみたいと思います。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ピコさん♪

      お返事ありがとうございます。
      非二元のお話会は、レベルとか段階といったものとは無縁ですのでどなたでもご参加頂けます。(段階を追って進むものでもないかと)強い好奇心が一番大切な要素だと思います。

      とはいえ、新しい人ほど自分の思い込みや誤解に気づきにくいので、お話会を利用したほうが良いかなと思います。

      いいね

      返信
  6. バレンタイン

    「人と比較し、自分はどうか」とか、
    「これをやれば、たどり着けるのではないか」とか、
    「これには意味があったのだ」とか。
    そんな考えの先に、ずっとずっと先に、成長した私の後に、
    やっと悟りがあると思っていました。

    あゆかさんの文章は、とても自然で、心にすっと入ってきます。
    いつか、お話し会参加したいです。ご返信、ありがとうございました!

    いいね: 1人

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中