いつまでも頭の理解なんです・・・。

真実を知りたくて探求を長く続けているけど、今だに頭の理解でしかない・・・とおっしゃる方がそれなりにいます。

知識は増えていくのに、実感がまったく伴わない・・・。

一つは、確かに真実を知りたいのだろうけど、思考を手放す準備がまったくできていないという場合があります。思考(頭)を手放さないから、いつまでも頭の理解だけ・・・。ある意味当然の帰結です。

思考を手放すとは、瞑想の時だけ思考を鎮めるという話ではありません。すべての思考をあてにしないということです。ほんと~にすべての思考を。

私はセラピスト養成講座を長く続けていますが(次回で一応終了)、実は癒しのベースも「中立で透明な立ち位置(考えが邪魔しない立ち位置)」というのがとっても大切です。

考えに邪魔されず、しかもどの思考も信じない、という立ち位置です。

例えば、クライアントさんが“いつも相手(彼)がウソをついて自分が傷ついて関係が終わる”というテーマでいらした場合、

相手がウソをつく・・・は、事実ではなくて解釈ですね。その人はどんな相手の言動を“ウソをついた”と解釈したのか知るためには、“彼は実際なんて言ったのですか?”と聞く必要があります。

すると、

“火曜日に仕事に行くと言ったのに、行っていなかった。”

というお返事。

私は年中日程を間違えるので、私なら“日にち間違えたのかな?”と解釈してしまうでしょう。

しかしこの人が“彼がウソをついた”と解釈した理由は、“私はすべてを正しく把握していないとダメ”→“把握していないということは、頭が悪いという意味”→“頭が悪い私は生きていけない”という思考のストーリーが潜在意識にあったからです。

なので、自分が把握している事実と違うことが起きていることが許せなかったのですね。

でも、“頭が悪い私は生きていけない”というストーリーが解体された時、その人はその思考の同化から自由になり、また、彼がウソをついているという投影も落ちるんです。

ここで、いつも“でも相手は本当にウソをついているかもしれないじゃないか?”という質問を頂きます。

もし相手が本当にウソをついていても、反応がぜんぜん違います。ストーリーに支配されていると、“このウソつき野郎~~!!!”となるかもしれません。一方ストーリーがなければ、なんでウソついたの?と話し合いができるかもしれませんね。

究極的にはどちらもストーリーですが、後者のほうがはるかに穏やかなストーリーです。

しかし、私たちは普段これをストーリーとしてはみなさず、真実、事実として捉えています。深い眠りの状態です。

自分の中にたくさんのストーリーを“真実”として握りしめ、ストーリーに同化しながら知識を深めても、ストーリーが私たちを夢にとどまらせてしまいます。

しかし、自我は自分を見たがらないもので、たいてい意識が外にいつも向いています。

ので、自分の握りしめているストーリーにはほぼほぼ無関心です。それよりも瞑想や何か(外からもらうもの)が真実へ導いてくれないかと「やり方」を知りたい!みたいな。

ちなみに自分の気づいていない潜在意識のストーリーを知るために、私は「気づきの問いかけ」を使っています。

基本、皆さん、“難しい、使い方がさっぱり分からない”とおっしゃります。

でも難しい理由は、「中立で透明な立ち位置」を忘れて、ストーリーをそのまま聞いてしまうからです。

あらゆるストーリーを鵜吞みにしない、シンプルだけどものすごく難しい。

自我の長年の自然な行動(ストーリーに同化し、ストーリー上で考える)に相反する上に、ストーリーという楽しく、苦しく、エンターテイメント性たっぷりの世界から離れる、ある種のつまらなさ。

ここまで書いて、真実を知るには、自分の無意識のストーリーを知ることが必須だね、と書いているわけではありません。

すべての人にすべての人の道があり、様々な目覚め方があるでしょう。

しかし、私たちはどこかで自分のストーリー(思考)を手放す準備がないといけないかもしれません。

そして、トニー・パーソンズがリチャード・シルベスターの耳ともとに“I wish you die soon.あなたが早く死にますように”とささやいたように、最終的にストーリーだけではなく、自分そのものを明け渡し、真実の中へある意味死にいく準備が必要なのかもしれません。

それは肉体の死という意味ではまったくありません。肉体の死は、始まりがあって、終わりがある自我のストーリーですね。死んだり、目覚めたりする誰かをあきらめるということ。

個の消滅♪

小波が小波であることをあきらめるということ。

そして、小波は大海となる♪

 

 

★★★

OAD心理セラピスト養成講座募集中

苦しみのストーリーを解体し、本質にくつろぐ♪

詳細はこちら↓
https://heart-resilience.com/therapistcourse

いつまでも頭の理解なんです・・・。」への7件のフィードバック

  1. ピコ

    あゆかさん

    遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
    今年も気づきのメッセージ楽しみにしています。

    ブログ全部読みました。
    途中何度か一瞬だけフワッと体感しそうな感じがあるのですが、
    思考でとらえようとしてしまうせいかすぐに引き戻されてしまいます。
    今の私は、記事のように思考での理解しか出来ていない感じです。

    思考での質問になってしまうのですが、
    「気づきの問いかけ」とは具体的にはどんな問いかけになりますか?
    記事にあったようにストーリーを深掘りしていくかんじでしょうか?
    (根底に“頭が悪い私は生きていけない”というストーリーがあるんだなと探る)
    それとも別の意味合いでしょうか?

    すべては思考のラベル貼り、思考の解釈でのストーリーとは思考での理解はありますが、
    言葉の暴力に傷ついてしまいます。
    言葉は言霊というラベルを解釈を採用しているからでしょうか?
    (そもそも非二元的には、言霊なんておかしな話ですか?)
    出来事に「良いも悪いない」とよく言われているので、
    言葉そのものにも「良いも悪いない」し、傷ついている「私」もいないし、
    ただあっちで波が現れ、こっちで波が現れ、という現象に過ぎない、
    なんてことを思考で納得させようとしてしまっています。
    でも途中でそれも無理矢理っぽい感じなのでしんどくなって、
    結局思考を手放す(そのことを考えない)ほうがうんと楽なんですよね。
    嫌なストーリーと同一化しているなと気付いたら、
    無理にポジティブシンキングしたりしなくても
    思考から離れるのがいい感じと思う今日この頃です。

    なんだか支離滅裂な文章になってしまいましたが、
    「中立で透明な立ち位置」を意識したいと思います。

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      ピコさん、こんばんは♪

      いつも読んでくださってありがとうございます。

      言葉の暴力に傷つくということですが、非二元の知識や思考でねじこめないで、それはちゃんと癒してあげたほうが良いかなと思います。

      思考で解釈しているから傷つくとかそういうことではまったくなく、人の心はもっともっと複雑なんです。

      違っていたら申し訳ありませんが、非二元の教えを楽にするために使おうとすると、たいてい傷ついた心に非二元蓋(笑)をしてしまい、苦しくなることのほうが多いですので、非二元は目覚めるための教えとして、楽になりたい場合はセラピーや癒しをお勧めしますね。

      ちなみに「気づきの問いかけ」とは、潜在意識のご本人が気づいていない思いを引き出していくものです。皆さん何年も学んで頂いております。(*^-^*)

      いいね

      返信
  2. ピコ

    あゆかさん

    お返事ありがとうございます。

    一応、非二元と悟りと癒しは、なんとなくですが別かなと捉えています。
    いろいろと過去にセラピーやヒーリング、エネルギーワークを
    受けてみましたが私の場合、癒しを感じたことはなかったです。
    セラピストとの相性がよくなかったのかもしれませんが…。
    なのでセラピーに対しては懐疑的な気持ちも少しあると思います。
    セラピーで本当に楽になれるのであればいいなぁと思います。

    非二元に関しては、純粋な興味といった感じです。
    今回の記事のように、出来事に対してアレコレと思考が
    不幸ストーリーを作り出すのが、客観的にみると
    自分で自分を傷つけている感じで不思議に思うのです。
    不幸ストーリーを生み出している潜在意識があるということでしょうか?

    なんだかいろいろな話とごっちゃになってしまったかもしれません。

    ちょっと思考で理解しようとするのをやめてみようかな…。

    いいね

    返信
  3. はた

    いつも記事の更新ありがとうございます。
    なぜ人は映画やドラマに夢中になるのかが分かるように思います。
    投影という考えの観点から生活をしていると、本当に人によって気にする場面が異なり、それぞれ癒されていない投影元が違うのだなと思います。(それぞれの私の物語と一体化している。私個人という映画を観ている。けれど、面白いのは個の悩みや葛藤は共通していることが多い。)
    あるいは、私たち、としても壮大な巨篇映画を観ているのかなとも思います。(国、性差、民族、格差等)
    そうなると、映画を観る行為というのは自分が引っかかる事柄を完全に自分のストーリーだと同化することなく集団で観ているという特殊な状況なのかもしれません。
    段階的に考えや個というものの実体のなさを経験し、変化していく色を空の観点から受け容れ、さらには私たち、ということも超えて。
    透明な立場でいるというのは、投影元のない本来のあなたを思い起こさせる鏡になっているのかもしれないなと思いました。(私、あなた、はなく鏡というよりは、それそのもの、を思い起こさせる)
    それが、癒しに繋がっていくのかなと思いました。
    今は、個の探求をやめられないままに、個はないということに助けられています。
    また、人に対する恐怖が、怖がりながらも、人と関わることを通して一つ一つ癒されているなとも思います。
    形のあるものは手段として、(仕事、趣味等)その先にある形のないもの、繋がりや連帯感なとが本当は大切なのかもしれないと思うようになりました。(掴みたいと願う物事は、その先にあるものを真に願っている。けれど、そのことに気づかなければ、物事に執着してしまう。)
    投影というものを知り、陰と陽の融合ではなく、幻想性を見抜くということなのだなと感じています。けれど、生存に対する恐怖は根深いのだろうと思います。
    また、物理的な空腹というのも深く捉えれば、一定以上は精神的な飢餓感から来るのかもしれないと思います。
    もしかすると大事なのは、色(意識が捕らえられるあらゆること)が起こることを深い所で受け容れることなのかなと最近は思います。その際何を本当は恐れているのか、目を塞いでいる手をゆっくりと外して見つめてみる。
    また、捕らえられるものを一つ一つ認識して、唯一捕らえられないものが常に誰しもに寄り添っているという探求は本当にすごいなと思います!
    いつも、まとまりもなく、長文のコメント失礼します。本当に長くてすみません!
    考えや恐れを通さない、してみたいことを一つ一つと思っています。

    いいね

    返信
  4. HARUMAKI

    オンラインカフェとてもよかったです。有意義な時間をありがとうございました。
    ここでコメントするのは適切ではないのかもしれませんが、当日質問する勇気がなく、聞きそびれたことがありましたので、書かせていただきます。

    「自我は実在するものではない」というのは理解できます。思い、感情、感覚、それらが自然と起こっているというのも理解できます。そして、それら起こっていることに、常に気づいているという状態があるというのもわかります。体感できます。ですが、これらすべてのことが、すなわち脳の意識活動そのものであると主張する人がいたとしたら、どのようにお応えになりますか?

    いいね

    返信
    1. ayukablog 投稿作成者

      HARUMAKIさん、こんにちは♪

      オンラインカフェのご参加ありがとうございます☆

      脳の意識活動という意味がもっと知りたいのですが、現時点での脳科学では、脳がどの段階で意識が発生するのか?というのは科学のハードプロブレム(難題)と言われ、まだ解明されていません。脳は基本的に物質(臓器)であり、物質がどの段階で意識を持ち始めるのか?、まったく分かっていませんね。

      ですが、一方で脳が意識を持つのではなく、意識(全体のエネルギー)から体(物質)が生まれているのではないか?という量子学的な観点の説もあります。こちらは非二元の教えとかなりマッチします。

      こうった科学の説は置いておいて、何かを捉えるためには、そうでないものがどうしても必要です。脳は脳を捉えることができないですね。耳は音を捉えますが、その音に気づくことはできません。

      ということは、どうしても脳や臓器と意識は別でないといけません。これは深い観察で見えてくるはずです。(←気づきの意識に寄り添うこと)

      脳という生と死があり、分離した固体は、不変なもの、分離のない全体を捉えることでは決してできないでしょう。しかし、気づいている意識に寄り添えば、それはまったく変化せず、そしてどこにも分離はないですよね♪

      いいね

      返信
  5. HARUMAKI

    あゆかさん
    お返事ありがとうございます。

    先の質問で使用した「脳の意識活動」という言葉は、感情や思考が起こること、そしてそれらを知覚することという意味で使っていました。脳のどこかの分野から思考や感情が生まれ、それを脳のまた別の分野が捉えるという感じです。

    物質である脳にどのようにして意識が宿るのかは、実はまだ謎なのですね。
    「脳に意識が宿っている」という発想自体、地球がお皿のように平らだと想像していたのと同じ様なものなのかもしれませんね。

    頭であれこれ考えるよりも、まずは気づきの意識に寄り添うという体験をきちんと積んでいくことを大切にしていきたいと思いました。

    次のオンラインカフェも楽しみにしています。自宅であゆかさんのお話が聞ける贅沢に感謝しております。

    いいね

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中