カテゴリー別アーカイブ: ダイレクトパス

あざやかな分離のトリック♪

思考や感情が常に起きているけど、
その感情や思いを隣の人は知らない。

ポジティブな思いが浮かべば、わくわくする感覚がしたり、
ネガティブな思いが浮かべば、胸が締め付けられるような感覚がするかもしれない。

自分だけにしか知らない思いや感情、そしてそれに反応する体。
これらは、自分は分離しているという勘違いが生まれるには充分な証拠だ。

体の数だけ違う思い、感情、そこに流れているストーリーがある。
ある意味それは「神の遊戯」の醍醐味。あざやかなトリック。

でも、その遊戯を見ている目はたった一つ。
その遊戯に気づいている意識は、たった一つ。

「わたし」の後につく言葉はすべて、遊戯に属し、それらはすべて変化する。体も、思いも感情も。

でも、「わたし(I AM)」は常にそこにあって、どんな属性も持たず、動かず、変化せず、だから時間や空間も知らない。

じっとそこに居続けてみよう。

そして、ちょっとダイレクトパスなんかをやってみても良いかもしれない。
(※ダイレクトパスとは、思考を通さずに直接体験を見ていくこと)

エアコンの音と
お湯が沸いている音
外から聞こえてくる音に間に距離はある?

エアコンはあそこ、台所はあっち、家の外に道がある、といった記憶(思考)取り除き、ただ、今現れていることに意識を持って行ってみよう。

もう一度、音と音の間に距離はある?

次に体の感覚に意識を持っていってみる。
どこかにくすぐったいという感覚があるかもしれない。

そして、体があるという記憶(思考)を横に置いてみる。
くすぐったい感覚と音には距離がある?

思考は、感覚は自分のもので、音は自分のものではない、と言うだろう。
でも、その思いを取り去ってみたら、
感覚も音も現われているすべては、どこで起きている?

気づきの意識の中ですべてが現れている。いつも、いつも。

そして、気づいている意識と現われているすべての間にも距離はなく、それらは決して二つに分けられない(二つではない=ノン・デュアリティ)。

そして、その全体が真のわたし。
空っぽで、そして満ちている。

もう一度言おう。
遊戯を見ている目はたった一つ。

探求者は、その目を通して真実を探し続ける。

いつの日か、常にあるその目が探し物だったと気づくまで。
そこに居続けようとしていた“探求者”は、探している主体ではなく、
その目が見つめる客体であったと気づくまで♪ (=探求者はいない)

(※探し物に気づくこと。それは決してゴールではなく、真実が現われ出てくるほんの始まり。)

シンプルな観察から真実を見よう♪

数年前、フランシス・ルシールが、「“(個の)私はいる”という思いがなければ、自分がどこにいるのか分からない」というのを聞いて、目からうろこが落ちまくったことがあります。

なぜなら、“(個の)私はいる”が単なる思考だなんて考えてもみなかったからです。

もちろん、地球上のほとんどの人がそう思っているでしょう。こんな話を普通にしたら、まったく通じないか、頭がおかしいと思われるかもしれません。

でも、思考をできるだけ取り去って、よくよく自分の直接の体験を見つめてみると、本当にここにあるのは、体の感覚や音や思考といった経験があるだけでした。

でも、「経験者(わたし)」はいないんです。

感じるという経験(体の感覚)
聞くという経験(自分の呼吸の音、人の声、車の音など)
見るという経験(自分の体、風景)
考えるという経験(思考、“私はいる”など)

これらがあるのみ。(簡単に書いていますが、じっくり丁寧にやってみてください。)

そして、経験の中で感覚や音や思考が沸いては消えていき、そのどれ一つも起こす主体が見当たらないまま、すべてがただ起きています。

外から聞こえる音、家の中の音という思考をはずすと、その二つの音に距離がないことが明白になってきます。

また、

体の感覚と車の音も、体(近い)、外(遠い)という思考を横に置いて経験に寄り添うと、そこには距離がまったくありません。つまり空間のないところ(←言葉の限界)で、あらゆる経験は起きているんですね。

では、それらの経験と気づいている意識の間には距離はあるでしょうか?
ないですよね? つまり、経験(色)=気づきの意識(空)ということです。

沸いてくる思考を含めて、あらゆることがただ起きて、起き続けています。

そして、同時にまったく変化しない気づきの意識がすべてに浸透しています。

変化と不変が同時にある神秘

でもこの非二元のメッセージ、例えば“すべてはただ起きている”を世界を理解する概念として捉えてしまわないようにして欲しいなぁと思うのです。

シンプルでダイレクトな観察で体験的にちゃんと理解できるんです。(ダイレクトパス)

もちろん、真実を見る手がかりとして、ある程度の思考の理解は助けになるでしょう。
でも、ものごとをいつも分かりやすく頭で捉えようとする癖を少し手放してみませんか?

頭で捉えて理解したものは、必ずどこかが歪曲していたり、妥協があります。

そして、その部分に言葉に表せない大いなる神秘と真実、愛が隠されているんです。

それを決して見失わないように。

すべての鍵は、いまここに♪

※フランシス・ルシール(Francis Lucille)は、ルパート・スパイラの先生です。

 

☆☆☆お知らせ☆☆☆

地球ひろしさんのearth-TVに6月20日(土)夜9時より出演します!
当日質問をしたい方は、アフリカTVの無料アカウントで入るか、
FB、ツイッターでチャットに入れるそうです。

本当にここにあるもの

私たちは、自分が何かを得る、何かを知る、何かを理解する、何かに到達する・・・、
というパラダイムに慣れ過ぎているせいか、悟りも同じだと思ってしまうでしょう。

私が無心になる
私が頭を空っぽにする
私が“今”に集中する
私が欲を捨てる、
私が思考をすべてコントロールする
私が教えを実践する
などなど。

“私”の努力が必要だと思ってしまいますね。

でも、もしシンプルにただ経験を見つめるだけで十分だったとしたら?

ただただ、今ここに現れ出ていることだけを見つめてみたら?

ここに現れ出ていることを見つめるという意味は、
椅子がある、机がある、コンピューターが机の上にある・・・などと
思考でここにあるものを一つ一つ把握するということではまったくなく、

ほんとうに今、たった今あること、起きていることのすべてを思考を通さずに、
“直接”見るということ。

そこにあるのは、

見るという経験
聞くという経験
感じるという経験
考えるという経験
味わうという経験
匂うという経験

それらの経験なしで、どこに何があるのか、自分はどこにいるのか、何も分からないはずですね。

ここにあるのは経験だけ。

そして、それらのすべての経験に気づいている意識。

経験の前にあるもの、すべての経験とともにあるもの、すべての経験を生み出しているもの

それをただじっと感じてみてはいかがでしょうか?

アイデアでもなく、思想でもなく、教えでもなく、理論でもなく

ただただここに現れているすべてを静かに見つめるだけ、

そこに経験者がいないことが見えてくるまで。

経験者と経験が二つではないと知るまで。

あなたが、一つの大きなダンス、生命だったと知るまで。

シンプルに

ただそれだけ。(*^_^*)