タグ別アーカイブ: アジャシャンティ

わたしは、わたしを探している?

今回はご質問にお返事をしたいと思います。

気づいている側がこっち側(意識?)だと思うのですが、それに寄り添い・・・となると、なにか位置の決まらない漠然と広がった透明の「気づき意識」をイメージしてしまうのですが、それではないですよね?それ(イメージとかも含め)を意識しているこっち側にとどまる、って感じで続ければよいのでしょうか?

イメージは思考ですので、そうです、確かにそれではありません。こっち側という言葉がちょっと分からないのですが、たぶんそれだと思います。(笑)

アジャシャンティの話の中によく出てくる、14世紀ドイツの神学者、マイスター・エックハルトの言葉の中で大好きな言葉があります。それは、

「私が神を見ている目と、神が私を見ている目は同じものある。」
The eye with which I see God is the same eye with which God sees me.

最初に聞いたとき、私の中で何かが崩壊し、がん泣きしてしまいました。

すべての人が持っているこの「私」という感覚。これが「神、気づいている意識、純粋意識、それ、真我、etc」なんです。

自我の勘違いは、この私という感覚が、体や思い、感情にくっついていて、個別のものだと思いこんでいることです。

現代科学では、脳が意識を持ち、脳が死んだら意識もなくなるという考えがベースとなっていますよね。つまり、まぁ物質主義です。ただ、じゃぁ、無機質な物質である粒子が、どの段階で意識を持ち始めるのか、という点は仮説があるだけで、まったく研究されていないそうです。(参考:Why materialism is so balony by Bernardo Kastrup

一方、科学と非二元の国際会議では、量子学者などが、脳が意識を持っているのではなく、実は統一された意識があるのでは?みたいな話がされています。

科学は私の門外漢なので話を戻すと、「私という感覚」が思考や感情、体に属していると錯覚すれば、沸いて来る思いや感情を「私の思い」、「私の感情」と当然思ってしまいますよね。

私しか知らない思い、私しか感じない感覚・・・、だから「私」は個であると。ここからたぶん思考が追いつけなくなると思うのですが、全体と個が決して分けることができず、同時に起きているんです。

でも、「私」は、全体の私と個の私があるわけではなく、全体である私しかないんです。

もちろん、「私」も「私はある」も言葉であって、実際にそういった意識を持っているわけではありません。もっと言えば、私感覚もない、ほんとうに純粋に空の意識、意識ともいえなくて・・・・、言葉は不可能ですね。

ルパート・スパイラもときどき、気づいている意識(awareness)のことを、「I(私)」と言っています。最初聞いたときは、あれっ、「私はいない」んじゃなかったけ?と一瞬混乱しましたが、いわゆる「私はいない」の私は、個人としての私、個としての主体はいないという意味です。

私が8~9歳ぐらいのときだったか、夜布団の中で、目を閉じても暗闇の模様が様々にまだ見えることに不思議さを感じていました。そしてふと、考えている私と、それを知っている私の二人がいる、あっ、でも、知っている私を知っている私がいる、どこまで行くんだろう?

と思ったことがありました。また、病気をして横になっているとき、様々な音や匂いが通り過ぎ、小さな子供でしたが、私はこのすべてが去っていく感覚をずっと太古の昔から知っていると感じたりもしていました。

きっと、多くの人が何かの瞬間にふと“永遠”を知っている感覚になったことがあると思います。

思考を通らないアートなども、ときどき私たちの中の永遠に触れますよね。

この8歳のとき、私が分からなかったことは、考えている私も知っている私も同じ一つの「私(I AM)」だったことです。ただ、考えている私はいなくて、考えだけが現われていただけでした。

思い、感覚、感情は現れては去り、歩く感覚、流れる景色、聞こえてくる音、すべては去っていきます。

たった一つだけいつもあるのが、この「私(I AM)」です。決して、観察することができず、透明で位置づけることもできず、まったく静かで、変化することなく、なんの努力をしなくとも常にあるもの。

この私を個の私だと勘違いして、神(真理)を探し求めていたけれど、私が神を見ている目と、神が私を見ている目は同じものだったんです。

☆もうすでにご覧頂いたと思いますが、スピリチュアルTVに出演しました♪

どんなワークも探求を強めるだけ?

さて、「どんなワークも探求を強めてるだけで、(真実から)遠ざかる」と聞いて、混乱していますというコメントを頂きました。

どんな表現の仕方にもプラスとマイナスな点があると思いますが、真実だけはっきり言い切るタイプのメッセージは分かりやすく、自我に良い刺激を与える一方で、「どんなワークもダメ。終わり。」みたいな印象も与えると思います。これはおそらく、個のエネルギーを強めるからということを強調したいのだと思います。

トニー・パーソンズなどは、「あなたにできることなど何もない」ともよく言い、真実ではあるけれども、欧米では非二元的ニヒリズムと指摘されたりもしています。

個人的には、このメッセージによって「自分がやるのだ」モードからだいぶ抜け出せたので良かったなと思っています。でも、それでチャンチャン!となってしまうとやはり先に進めません。ということで、ちょっとアジャシャンティの言葉を引用させてください。彼は瞑想について語っていますが、それをワークと置き換えて読んでも同じことだと思います。

『真の瞑想とは、ゴールや方向性がないものである。それは、まっさらで言葉がなく、降伏、純粋な静けさ、そして祈りである。ある特定の心の状態を目指したものは、どんなメソッドでも限界があり、持続性がなく、条件付けられたものである。真の瞑想とは、一番最初にある気づいている意識(awareness)にとどまっているものである。』

これは、ある意味どんなワークも探求を強めるということを、違う角度で話をしているんです。何かを目指したとたん、どうしても個のエネルギーが強まるからです。

ただ、アジャシャンティなどは、長年探求し、あれこれやっては失敗し、行き詰まり、すべて失敗したおかげで、真実が見えたとも言っています。

なので、探求の罠をよく知り尽くした上で、同じような罠にはまっている人たちへ愛情にあふれたアドバイスをしてくれるんですね。

ついでにニサルガダッタ・マハラジのケースも紹介させてください。

『私の先生は、“私はある(I am)”という感覚を掴み続けなさい、根気よく、その感覚から一瞬たりともはなれないようにと言った。私は自分ができる最善の努力をして、そのアドバイスに従い、比較的短い時間で先生の教えが持つ真実を自分の中に見出したのだ。』

これをワークと定義するかどうかは分かりませんが、ニサルガダッタもかなり真摯な人生をかけた取り組みをしていたんですね。

ちなみに“私はある(I am)”という感覚とアジャシャンティの言う、「まっさらで言葉がなく、降伏、純粋な静けさ、そして祈り」、「一番最初にある気づいている意識(awareness)」はすべて同じことを指しています。なので、二人が言っていることは、まったく同じです。

話は少し逸れますが、非二元のメッセージの難しさは、ご存知のように言葉があてはまらないものが多いですね。そのためにティーチャーによって言葉や表現がまちまちすぎて、同じ事を言っていても、受け手が違うものとして受け取りがちなことでしょう。

例えば、「私はいない」と「私と鳥、鳥のさえずりは一つである」もまったく同じことを言っています。でも、後者の表現だと「私はいない」と捉えない人もいるかもしれません。

話を戻して、個人的にはなにもしないでいると、思いや体に同化したままの何もしていない自我がただいるだけ、という状態になりかねないと思っています。

なので、真実を知りたいのなら、やはり何かしたほうが良いだろうと思うのです。ということで、陥りやすいワークの罠を少しあげてみましょう。

・さぁ、ワークをするぞ!と、意気込んで今と違う状態になろうとする。

・うまくやろうとする(←この思いがあることは意外に気がつかないものです)

・ワークや瞑想をしている時の時間、そのほかの日常生活の時間みたいに分けた考え方をしている。

・“いつか悟った自分”を想定してワークする

・思考をなくそうとするなど、状態をコントロールしたり、ある特定の状態を作ったりしようとする。(思考がない状態など)

・何かが起きる(突然のシフトなど)ことを期待している

他にもあるかもしれませんが、今日思いつくのはこんなところです。

アジャシャンティやニサルガダッタが言う、「気づいている意識、私はあるという感覚に留まる」ことは、四六時中やれることですね。歩いているとき、電車に乗っているとき、料理をしているとき・・・。

そして、自我の緊張した状態ではなく、こっちのほうが私たちにとっては本来の自然な状態です。なので、さぁ、留まるぞ!みたいな力が入らない、最もリラックスした態度でやるのが良いでしょう。(リラックスしようと意気込まないこと)

最も何もしない瞑想?ですが、最もパワフルなものですね。

悟りや非二元についてのごちゃごちゃした考えを落とし、徹底的に真摯に正直に、そしてリラックスしてただそこに留まる。

そのうちに純粋な静けさのエネルギーが、あなたのハートを開き、固まった意思をそぎ落としてくれるかもしれません♪

※「気づいている意識、私はあるという感覚に留まる」以外にもやれることはいろいろあると思います。