タグ別アーカイブ: アンソニー・デ・メーロ

悟る前に鬱、悟った後も鬱

「悟る前に鬱、悟った後も鬱」(by アントニー・デ・メロ

この言葉は、悟りへの幻想を打ち壊すためにしばしば引用される言葉です。悟れば、愛と平和しか感じのだろう、だから、苦しみや嫌な気持ち、まして鬱なんてまったく感じないはずだ・・・。

この話を悟りのセミナーでしたときに参加者から、

“自己の本質は愛や平和なのだから、その人は悟っていないということではないですか?”

という質問をもらいました。

実を言うと私もそんな勘違いをずいぶん長く抱いていました。

でも、愛や平和とは、ネガティブな感情や状態がないという意味ではないんです。

愛は、鬱があることを受け入れ、鬱のままでいることを許しているんです。

そして、鬱をなくそうと戦わないからそこに平和があるんです。愛は、鬱と永遠の平和協定を結んでいるんです。

苦しみは、鬱を排除しようと抵抗したとき、なくそうと戦ってしまったときに生まれるんですね。鬱=苦しみではないのです。

鬱と戦わずに受け入れて100%向き合い、寄り添ってみたときに、はじめて「鬱」というレッテルを貼られ、今まで気づいてもらえなかった様々な思いや感情との「(平和的)対話」が始められます。

そして、対話のすべては真のあなたによって理解され、受け入れられていることを実感できれば、そこに無条件の愛を見つけるでしょう。

なので、

“自己の本質は愛や平和である”

は、その通りなのですが、本当に無条件の愛と出会うために、これを頭の理解や悟りの知識にして欲しくないなと思うのです。なぜなら、自我は必ず自分なりの「愛」や「平和」のイメージを抱き、そのイメージに合っているか、合っていないかと判断し始めるからです。

ということで、すべての知識を横に置いて、“私とは何か?”を見つめてみたらどうでしょうか?

私だと思っているもの、体や思いや感情、これらは何?変化し続けるこれらに本当に実体はあるの?

私が経験していると思っているもの、考えること、見ること、聞くこと、感じること・・・・、これらの経験は何でできているの?経験のすべてを取り去ったら、何か残るの?

経験の主体はどこにあるの?本当にあるの?

経験を直に深く見つめてみませんか? (←ダイレクトパス)

皆様の今年一年が恩寵にあふれたものでありますように!