タグ別アーカイブ: ノンデュアリティ

あざやかな分離のトリック♪

思考や感情が常に起きているけど、
その感情や思いを隣の人は知らない。

ポジティブな思いが浮かべば、わくわくする感覚がしたり、
ネガティブな思いが浮かべば、胸が締め付けられるような感覚がするかもしれない。

自分だけにしか知らない思いや感情、そしてそれに反応する体。
これらは、自分は分離しているという勘違いが生まれるには充分な証拠だ。

体の数だけ違う思い、感情、そこに流れているストーリーがある。
ある意味それは「神の遊戯」の醍醐味。あざやかなトリック。

でも、その遊戯を見ている目はたった一つ。
その遊戯に気づいている意識は、たった一つ。

「わたし」の後につく言葉はすべて、遊戯に属し、それらはすべて変化する。体も、思いも感情も。

でも、「わたし(I AM)」は常にそこにあって、どんな属性も持たず、動かず、変化せず、だから時間や空間も知らない。

じっとそこに居続けてみよう。

そして、ちょっとダイレクトパスなんかをやってみても良いかもしれない。
(※ダイレクトパスとは、思考を通さずに直接体験を見ていくこと)

エアコンの音と
お湯が沸いている音
外から聞こえてくる音に間に距離はある?

エアコンはあそこ、台所はあっち、家の外に道がある、といった記憶(思考)取り除き、ただ、今現れていることに意識を持って行ってみよう。

もう一度、音と音の間に距離はある?

次に体の感覚に意識を持っていってみる。
どこかにくすぐったいという感覚があるかもしれない。

そして、体があるという記憶(思考)を横に置いてみる。
くすぐったい感覚と音には距離がある?

思考は、感覚は自分のもので、音は自分のものではない、と言うだろう。
でも、その思いを取り去ってみたら、
感覚も音も現われているすべては、どこで起きている?

気づきの意識の中ですべてが現れている。いつも、いつも。

そして、気づいている意識と現われているすべての間にも距離はなく、それらは決して二つに分けられない(二つではない=ノン・デュアリティ)。

そして、その全体が真のわたし。
空っぽで、そして満ちている。

もう一度言おう。
遊戯を見ている目はたった一つ。

探求者は、その目を通して真実を探し続ける。

いつの日か、常にあるその目が探し物だったと気づくまで。
そこに居続けようとしていた“探求者”は、探している主体ではなく、
その目が見つめる客体であったと気づくまで♪ (=探求者はいない)

(※探し物に気づくこと。それは決してゴールではなく、真実が現われ出てくるほんの始まり。)

世界とノンデュアリティ

ノンデュアリティ(非二元)というこの言葉。

人によっては、まったくもって意味不明で、
人によっては聞きすぎてげっぷがでてしまうかもしれません。(笑)

でも、私はこの“二つではない”という言い方がとても好きなんです♪

無償の愛とか、真我とか、ワンネスとか、そういった言葉に比べると、“二つではない”というと、なんだか無味乾燥な感じがするかもしれません。

イギリス人の友人には、“ノンデュアリティ?何それ?科学の用語?”とさえ言われました。

でも、この“二つではない”には、ものすごく深く豊かなものがあって、だから、昔の人は、ワンネスと言わずに、アドヴァイタ(“二つではない”)とわざわざ言ったのではないかなと思うのです。

例えば般若心経、

色は空であり、空は色である。(=この二つは分けられない)

この色と空を、もしひとまとめにワンネスって言ってしまったら・・・・。

色と空というまさに正反対で、実に対照的であるものが分けられないというミステリー、驚異、本質の深さが見過ごされてしまう感じがするのです。

相反するものが同時に真実であって、決して分けられないという、自我にはまったくお手上げなところに、途方もない深さの真実があるわけです。

でも、そんな理解不能なミステリーよりも、無償の愛や感謝を体現しようとか、高次の波動を目指すとか、空の状態になれば良いのだとか、そういった分かりやすい話のほうに流れてしまう気がするのです。

パリでテロが起きて、それは「ほんとうは起きていないし、誰も傷ついていないし、苦しんでいる個人もいない」のだけど、それがまさしく真実である一方で、テロリストを生んだ土壌に染み込んだ怒りや憎しみ、テロによって犠牲になった人々の無念さや悲しみ、そしてそれに心を痛める人たちの様々な思いや反応がある。

両方を深く感じること。

深く、深く、感じる。そうすると、私はハートの中にいて、また真の自分はハートそのものであると分かる。

私はテロの怒りであり、悲しみであり、犠牲者のショックであり、消えていく体、そしていろと家族の目に流れる涙でもある。憤りや憎しみ、愛や共感がダンスをしながら駆け巡る。

と、同時に無音よりも静かで、深い平和と愛でもあって、そこから見えるもののすべてが夢。

テロって非二元的にはどうなの?と聞かれると、さぁ、分からないけど、ただ両方を深く感じるんです、とお返事したくなります。

色と空を深く感じる。

決して言葉にならず、頭で理解できないけれど、確実にそれがあって無限に深い真実☆

もう自分は真実が分かった、悟ったなどとはとても言えない、この永遠の果てしない深さ。

はぁ~、そしてそれが最も身近で常にここにある真のわたし♪

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

大阪:ノンデュアリティと癒しのカフェ、お席若干あります。→☆