非二元

 

非二元とは、もともとサンスクリット語であるアドヴァイタ(ad=not, vaita=two、「二つではない」を日本語に訳した言葉です。英語では、Non Duality(ノン・デュアリティー、二つではない)と訳されています。

非二元を不二一元論とか非二次元(次元とは関係ありません)と訳すものや、二元を「二極」と解釈している人などもみかけます。ですが、非二元とは単純に「二つではない」という意味です。ポジティブ、ネガティブ、熱い、寒い、善、悪という相対的なことではなく、「主体」と「客体」の二つではない、「私」(見る者)と「世界」(見られる物)という二つがあるのではない、ということです。

また、日本語では、「論」とつけることのあるように、まるでそのような思想があるかのようなイメージを与えていますが、非二元は思想でも、論説でも、ましては仮定でもありません。たとえば、太陽が東から昇ることを「太陽東昇説」などと言わないように、非二元とは自明の真実です。

多くの非二元のティーチャーがいう、「この世は幻想である」とは、「私(主体)が、世界(客体)を見る」という主体と客体の二つがあるという世界観は幻想だよという意味です。

実際に、自己をよく見つめていけば、「私」という主体はなく、経験(色)があるだけです。そして、経験をよく見つめていくと、それは気づきの意識そのもの(空)です。つまり、色は空であり、空は色であって、空と色の“二つではない”ということです。

経験されるものと経験する人は、二つではなく、経験がただ起きています。それは生命そのものであり、生命が紡ぎだす事象が消えることは決してありません。そして、あらゆる事象が移り変わる中、生命である「それ」はずっと静かに存在し、同時に気づいています。

そして、それが真のあなたなのです。紛れもなく、否定しようもなく、永遠であり、静けさであり、ダイナミズムであり、大いなる愛です。

時のない永遠の中で、あなたのダンス(色)がやむことはなく、幻想と現実を同時に舞って、舞う。