いにしえがあなたの耳にささやく真実♪

今回は、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ウパニシャッドを訳したので、それをご紹介させてください♪

あるきっかけで禅を覗いたらとても面白く、そうこうするうちにインドまで辿りついてしまいました。古典は、今まであまり興味がなかったのですが、読んでみるとシンプルで素朴な匂いがなんともたまらない。

読むというより、吸い込むみたいな感じ。

私の解釈などいらないかも~ですが、書いちゃおう。

私たちは自分が見ている、聞いている、話している、考えている、呼吸していると思っているけど、そこに主体(経験者)はなく、一切捉えることができない「それ」がその経験そのものなのだよね、ということです。

自我にとって分かりにくいことは、自分が経験していないのなら、「それ」が経験しているんじゃないのか?と、どこまでも主体を想定してしまうことかもしれません。

また、自我は経験している対象物、音や景色、思考、言葉に囚われすぎ、例えばそもそも「見る経験」など「経験」そのものがあることを見過ごしがちです。

または、物質主義的な考え方が深く刷り込まれているので、脳が捉える、目が見ているという発想から抜けられないかもしれません。

でも、脳や目は主体ではなく、臓器であって、それを活かしている生命がそもそもありますね。

また、いまここにあるものをダイレクトに見つめてみれば、あらゆることはあるけど、経験者だけが存在しないことが見えてくるはずです。

気づいている意識があって、(経験に気づいている意識)
経験があって、(見ること、聞くこと、考えること、感じること・・・)
経験されるものがある。(風景、音、思い、感情・・・)

そして、さらにダイレクトに見ていけば、音と聞く経験は決して分けられず、気づいている意識とそれらも分けられない。

気づいている意識=経験=経験されるもの=「真の私」

ここには意識しかない
ここには経験しかない

そして、

経験されるものはすべて幻想(色)。

だから私はすべてであって、そのどれでもない。

真の自分は、意識そのもの、経験そのもの、存在そのもので、そして同時に気づいている。(being and aware)

真の自分は、体に制限されないもの。決して消えてなくならないもの。そして唯一思考でも目でも、耳でも感覚でも捉えられないもの。

つい長くなってしまいましたので、ウパニシャッドはこちらからどうぞ!

☆☆☆

ご覧頂いた方も多いと思いますが、動画をアップしました♪

気軽なノンデュアリティトーク・パート1

気軽なノンデュアリティトーク・パート1

大阪ノンデュアリティと癒しのカフェ、会場が広くなりました!

気軽にいらしてください♪

◎4月の東京ノンデュアリティと癒しのカフェは、

今回キャンセル待ちの方に優先案内させて頂きます。

優先案内希望の方は、3月のカフェに一旦お申込みください。

マインドの苛立ち、それは真実への道♪

私たちが“分かった”というとき、二種類の“分かった”があると思うのです。

一つは、言葉によって説明され、それを頭でなるほど~と分かった、というもの。

これは、マインドにとって極上に気持ちが良いはず。

すっきりした!目からウロコが落ちた!分かった!そうか!

もちろん、目にウロコを貼ったままよりはきっと良いでしょう。

でも、反対につかめない、分からないという場合。マインドは非常に落ち着かないはず。

“起きていて起きていないって?どういうこと?どう見えるの?”

(なんとかつかみたい、分かりたい、分からないもやもやが気持ち悪い・・・。)

“私がいない”ってどんな感じ?どういう状態?

(つかみたい、つかめれば、そこを目指せるのに!)

マインドは何かをつかむことしか知らないので、つかめないものも必死につかもうとします。

なのに、ノンデュアリティが示しているものは、唯一つかめないもの。

マインドにとっては悪夢ですね。

そこでマインドがしてしまうことは、“たぶん、こういうことだろう”、“こういう感じだろう”というつかめるイメージを作り上げてしまうこと。

そして、いつの間にかそれを追ってしまう・・・。

でも、もう一つの“分かった”があると思うのです。

それは、頭を経ない理解。

例えば、夕陽が照らされる空の美しさにうっとりしているとき、その美しさは頭で捉えられているのでしょうか? または、マインドを通らないダイレクトな体験的な理解?

ダイレクトで深い理解であるほど、説明するのが難しくないでしょうか? または、言葉にすると、なんだか虚しく感じられないでしょうか?

私たちが“言葉にならない”というとき、実は頭の理解よりもうんと深く“分かって”いませんか? 全身で捉えていませんか?

マインドは追いついていないけど、全身で分かっていて、自分と感動の間に距離もまったくない。

悟りたいという言葉と真実を知りたいという言葉は、微妙だけど大きな違いがあると思うのです。

悟りたいという場合、悟りとはこういうもの、こういう状態というイメージがあって、それを得たい、そうなりたい・・という感じ。

そうであれば、悟りたいと言いながら、マインドがつかんだイメージを追っかけているだけですね。空の境地に達したい、苦しみがない状態になりたい・・・・。

でも、 “真実を知りたい”と言うとき、何が真実なのか分からないから知りたい、真実がなんなのかさっぱりイメージもできない、知らない状態を受け入れているオープンなスペースがそこにあります。

自我=マインドといって良いほど、自我にとって何かを理解する、イメージするということは、息するほど自然なことでしょう。

でも、そのマインドの癖の延長線上で真実を知ろうとするのは、いつまで経ってもマインドの輪の中。

知識やイメージをすべて捨ててみたら?
未知の世界へオープンになってみたら?
なにも分からないことを受け入れてみたら?

マインドにとってこれは恐怖でもあり、怒りにもなるでしょう。

なぜなら、マインドにとって蓄積された理解は、進歩であり、成長であり、真実へ近づいている証拠だから。それはまた拠り所でもあって、大切にしてきたものだから。

もちろんマインドは人間の夢には欠かせないツールであって、気づいている意識が生み出す魅惑的なダンス、タペストリーの一部。決して悪いものではないですよね。

それでも、マインドが満足しているということは、夢の中にいるということ。

すべてを捨てて、ただあってみる。

存在のありようをダイレクトに見る。

マインドが欲求不満に陥って、崩壊し、あきらめたところに、真実が優しく佇んでいるかもしれません♪

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

東京ノンデュアリティと癒しのカフェへの多数のお申込みをありがとうございます!

今回キャンセル待ちになられている方々みなさんメーリングリストに入れさせて頂きました。
次回の先行案内をお送りさせて頂きます。
(不要な方は、お手数ですが、nondualseminar@gmail.comまでお知らせくださいませ)

ストーリーに巻き込まれてしまう・・・

それなりに頻繁に“だいぶ気づいている意識に寄り添えるようになったのですが、何かあるとすぐにストーリーに巻き込まれてしまいます~”というコメントなどを頂きます。

とってもお気持ち分かります♪

ですがもし、ストーリーに巻き込まれること自体が嫌なのであれば、たぶん、癒しのほうが早いでしょう。一つには、ボタン(抑圧された思いや感情)を抱えているから、それが反応してしまうので、そこを癒せば、自我自体が落ち着きますよね。

それはそれで価値が大いにあると思うのですが、こちらは非二元のブログなのでその観点から~。

で、ストーリーに巻き込まれてしまう一番の理由は、“私は何か?”が十分に確立されていないことにあるかなと思います。

例えば、前回から少し引っ張ると、今このブログを読んでいることに気づいていますね?

その気づいているのは、あなたではなく、気づきの意識です。鵜呑みにしないで、よ~く観察してみてください。

実際、あなたが気づいているのではなく、あなたは気づかれている側です。気づきの意識は、あなたの思い、感情、体の変化にいつも気づいています。

あなたの思い
あなたの感情
あなたの体

あなたがあなただと思っているあなたのすべては、いつも気づかれています。

人類の勘違いは、気づいているのが個の自分だと錯覚していることですね。

だって、今一人で部屋でこの音楽を聞いているのは私だけで、私だけが気づいているのだから・・・。分離のうまいトリックです。

このトリックを見抜くのは、思考を通さずにダイレクトに観察していくことでしょう。
(前回のブログに少し流れを書きました)

よ~く観察して、気づいている意識に切れ目や空間はあるでしょうか・・・・?

さて、最終的に思い、感情、体はありますが、やっぱり所有者であるあなたはどこにもいません。

でも、どうしても私感覚がある。私はいる。私はある・・・・。その“私”は、気づきの意識。私はある(I AM THAT I AM)。

その後に、あゆか(名前)だ、日本人だ、男だ、女だ、会社員だ・・・とレッテルつけて、その私があたかも個の私かのような錯覚が始まるんです。

しかし、思い、感情、体は変化しても、それに気づいている“私”は常にあるはずです。

この気づいている私をしっかり確立していくんです。

気づいている意識は変化に気づいているけど、一緒に変化しているでしょうか?

どうしてこれがストーリーに巻き込まれる話と関係あるの?と思われるかもしれません。もう少し我慢してください。

気づいている意識は、時間の変化に気づいているけど、時間とともに動いているでしょうか?

“私”である気づいている意識が確立されていけばいくほど、時間の幻想からも解放されていきますね。

というのも、時間も自我の苦しみを生む大きな要因の一つなんです。エックハルト・トールのいう「心理学的な時間」です。

個の私が生まれて、人生を生きて、そして死んでいくというストーリーは、時間の中にしか存在できません。

そして、それだけが実在だと思っていたら、そこで起きることは非常に重要性を帯びていきます。特に自分がどうあるか?自分の人生はどうあるか?は、一番の関心事になりますね。

もし、自分の人生でものごとがどんどん悪くなっていくだけだったら、生きる意味を見出せるでしょうか?

時間を生きているということは、ストーリーを生きているということ。そしてそこで自我が望んでいることは、そのストーリーが良い状態であること。

だからもしかすると、真実ではなくて、常に穏やかな状態、幸せな状態を単に求めているだけかもしれません。

でも、気づいている意識である“私”がベースになればなるほど、人生を明け渡すことは、小波が大海に身を任すことだと見えてきますね。(もともとそれしかできないのですが)

個の自分の人生を動かしているのは大海だから、来た波、起こる波、いろいろあるけど、大海が起こしているものを信頼しよう。

そして、時間のないところをベースにすれば、自分をなんとか良くしたい、自分の将来をどうにかしたいというストーリーからも解放されていきます。

他者の言動に動揺したり、出来事に巻き込まれるのは、それによって自分や自分の人生が脅かされると感じてしまうからです。(無意識のレベルのことが多い)

でも、時間が幻想だと分かれば、あらゆるストーリーは、絶対的に永遠で時間のない“いまここ”の私によって気づかれていて、そして愛されていることが見えてくるでしょう。

なぜなら、絶対的に永遠で時間のない“いまここ”の私は、変化するストーリーそのものでもあるから。(空即是色)

長い話になってしまいました。

要は、あなたは大丈夫♪ということです。だは。

東京で3月25日(土)午後ノンデュアリティと癒しのカフェを開催します☆
キャンセル待ちとなりました。ありがとうございます。

今回はまた表参道に戻って、少人数でまったりと行きます。
宜しければぜひ遊びにいらしてください♪

私がパソコンを見ているという錯覚♪

日本ではノンデュアリティの解釈がびっくりするぐらい様々で、自由といえば自由なのかと思いますが、ちょっと“いろは”に戻ってみたいなと思いました。

ということで、

「観察者と観察されるものという、二つがあるのではない」(非二元)

つまり、私(観察者)と世界(観察されるもの)の二つではない。

ウパニシャッドから禅、クリシュナムルティ、ニサルガダッタ、ノンデュアリティ

みんなが指し示している大切なメッセージ。

これは、ほんとうはすべてはワンネスでつながっているという意味ではなく、見るものと見られるものは、文字通り分けられないという意味ですね。

つまり、例えばたった今、 “私がパソコンを見ている”というのは錯覚だということ。

主体としての個のあなたが見ているのではなくて、また、その見る対象としてパソコンがあるのではないということです。

私、見る、パソコン、は分けられないということ。

私たちの多くの失敗は、それについて“どういうことだろう?”と考え始めてしまうことでしょう。

でも、太陽は東から昇り西に沈むと教わったとき、それについて考えるより、実際に観察するほうダイレクトな理解になるでしょう。

まったく同じように、あたかも自然科学の観察でもしているかのように、いまここを観察してみるんです。(ダイレクトパス)

体はある
思いはある
感情や感覚はある

では、その所有者はいる?

観察してみませんか? 考えずに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う~ん、見つからないけど、私がいるという感覚がすごくある?
そうであれば、それらの感覚を見つめてみませんか?
ほんとうにその感覚の中に実体がある“私”がいるかどうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真摯に、時間をかけて・・・・・・・・・・・

では、次に、

見るという経験はある
風景はある

では、見る経験と風景は分けられますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めからまとめてみます。

体はある
思いはある
感情や感覚はある

そして、

見るという経験はある
風景はある

そこに経験者である“私”はいますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、どうしても見つけられなかったら、では誰があらゆる経験のすべてに気づいているのでしょうか?

経験者なしに、経験だけがあって、経験と経験されるものは分けられなく、でも、気づいている・・・。ここで頭は停止するはず。

私がいるという刷り込み、脳が捉えているという刷り込み、目や耳が見たり、聞いたりしているという刷り込みのすべてを置いて、すっかり思考が静まったとき、そこにあり続けてみます。(無眼耳鼻舌身意)

ちなみに、脳や耳、目、鼻といった体の器官はもちろんその機能を果たしています。でも、カメラも映像を捉え、レコーダーも音をキャッチします。人工知能も開発されてきました。

でも、それらは見たもの、聞いたもの、捉えたものに気づいているでしょうか?
それらは、そもそも観察者と言えるでしょうか?
また、耳も音をキャッチしていますが、聞く経験をしているでしょうか?

やはりここで同じ問いに戻るのです。

経験者はどこにいる? 
そして、誰が経験に気づいているの?

めちゃくちゃ地味な話に聞こえるかもしれません。

でも、経験者と経験されているものが一つであると分かったとき、個の私だと思っていた私は、全体の私、気づいている意識の私、純粋意識の私だと見えてくるはずです。

そのとき、ずっと求めていたものが見つかるでしょう。
そして、生きる宝のすべてがここにあることも♪

禅と父と許し♪

16359055_10155830679468146_935690176_n

今日はすごく個人的なお話で失礼します♪

さて今、盤珪(ばんけい)の「不生禅」を英語版で読んでいます。なぜ、英語なのかというと古文が苦手だからです。

禅の美術も禅寺やお庭も大好きなのですが、今まで禅を深めたいという気持ちがあまりありませんでした。

というのも、昔から「偉そうなおじさん」が苦手だったからです。
つまり、私の頭の中では高僧=偉そうなおじさん。
もちろん、100%私の歪んだ解釈です。

そんなくだらない理由で手付かずでいたですが、
盤珪の「不生禅」を読んだところ、ものすごく面白い!
面白すぎる、この盤珪おじさん!(失礼、やっぱりおじさん扱い)

ということで、今更ながら「盤珪」をネットで検索してみたところ、
「盤珪の不生禅と王陽明の良知心学」という短い論文を見つけました。

ものすごいショック!(後で意味が分かります)
というのも、私の父は東京大学で中国哲学を教えていたのですが、
王陽明は、その父の大切な研究の一つだったのです。

恐る恐るその論文を読むと、王陽明という人物、そしてその教えに
ものすごく興味を抱きました。
(※個人的にはウィキベディアの説明はいまいち・・・)

そして、アマゾンで検索してみたら、父の翻訳本(伝習録)があったのです。父が亡くなってから、書斎にあった何百冊という本は、お弟子さんたちの手に渡りました。で、この本が実家にあるのかどうかはまったく分かりません。

そもそも私は父の本を読んだことが一度もなく、実は今も読めそうにないのです。それを考えただけで、涙が出てきてしまいます。

それは、父を偲んでいる涙ではなく、私の中にある葛藤の涙。
尊敬したい気持ちと反抗したい気持ち。後悔や怒り。

長い間、父の仕事に興味を示さないことで、支配的な父から自分を守っていたつもりの抵抗。父とは全然違う道を歩んできたつもりの抵抗。そんな抵抗があることさえ忘れていました。

でも、涙が教えてくれたことは、その抵抗はまだ生々しく生きていたのです。私の中にある父を許していない部分。未だに逃げたいと思っている緊張。

でも、今一つ分かっていることは、その抵抗もすべてすでに許されているということ。

そして、私はその許しを温かい飲み物を飲むように味わう日がすぐそこにあることも。

許しとは、自分はダメージを受けることができる存在だという幻想を溶かすエネルギー。(あなたは決して傷つかない)

近い将来、気持ちの良い公園で私は父の本を読むのでしょう♪

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

盤珪の教えが、ものすご~くダイレクトパスだと感じた部分をほんの少し翻訳してみました☆
(古文で読んでいる方、私の現代日本語に目をつぶってください)

「あなた方がこちらを向いて私の話を聞いているとき、スズメがチュンチュン鳴く声が背後したとしたら、あなたはそれをカラスだと間違えたりしない。鐘の音を太鼓の音と間違えたり、男性の声を女性の声、大人の声を子どもの声と間違えたりしない。光明な智慧が見事に正しく働き、あなたはただ一つの間違えなしにそれらの違う音を聞き分けることができる。あなたたちのどの一人もあらかじめそれらの音を聞くと決めていたからその音を聞いたのだ、といえる人はいない。もしそうだとしたら、正しいことは言えないだろう。

あなたがたみな、こちらを向いて私の話に熱心に耳を傾けている。そのときあなたの頭の中には背後で聞こえるかもしれない音についての思いなどひとつもない。しかし、音を聞いたとき、聞こうとしなくても、あなたは音の違いを聞き分けられる。なぜなら、あなたは不生の仏心で聞いているからだ。」

※不生の仏心=気づきの意識、純粋意識、本質、etc
※すべては自動的に起きていて、聞いているのはあなたではなくて、聞くが起きて、理解が起きていている。

無知の知~何も分からない世界へ♪

以前、私は長い間スピリチュアルな夢を見てきたと書きました。
スピリチュアル・レッスンという本まで出版しましたし。
私の魂を成長させる旅を生きること、これこそが真実だという夢です。

でも、一瞥体験をしたときスピリチュアルなストーリーからも目覚め、
魂はもちろん、次元、波動、二極を超える、現実の創造、自由意志・・・
ぜんぶ何も起きていなかったと知りました。

自分を支えていたものの崩壊であったと同時に、私が何かするという話し
ではなかったことに大きな安堵もありました。

だから大切じゃないとか意味がないと言いたいのではありません。
そういう解釈の問題ではなく、単に見たままの話です。

ときどき、ノンデュアリティが見事にスピリチュアルストーリーの中に
組み込まれているのをみかけます。

でも、ノンデュアリティが指し示しているのは、それらで語られるものではなく、
それ以前のものですね。

椅子を見て椅子だとただ信じていれば、それはストーリーですね。
椅子はたんにレッテルであって、椅子というレッテルを取り去った
ときに始めてありのままが見えます。

二極も思考がレッテルを貼っているだけ。
熱いと冷たいの境は誰がどんなふうに決めるのでしょうか?
ぜんぶ思考の判断です。
解釈をやめたとたんすでにここが二極を超えた場所。

右とか左、上とか下、これらもすべて思考の判断ですね。
上下左右の解釈はあなた(体)がいる場所によって常に変化します。
自我は常にそうやって世界を把握しているものです。

でも、ノンデュアリティが示しているものは、レッテルが貼られる以前の
いまここにあるすべてです。

思考が介入してきて、上だ、下だ、次元だ、二極だと解釈をし始める前のありのまま。

あなたは(もしあなたがいるなら)何か現実を創造したかもしれません。
でももし、思考が起きたことに何も解釈をしなかったら?
“私は~~を現実化した”と言わなければ、そこには何が起こっているのでしょう?

この壮大なストーリーの中に誰もいないのであれば(no one is out there by ACIM)、
一体誰が自由意志を行使するのでしょう?

スピリチュアルなストーリーの中で“あなたは愛である”、“私たちは一つである”

というのと、

ノンデュアリティが指し示す、“あなたは愛である”と“ワンネス”が違うものを
指しているのに気づいているでしょうか?

ノンデュアリティが “あなた”というとき、あなたは不在であって、主体と客体もなく
本当の意味では、気づきの意識が気づきの意識に話しかけている。
(言葉の限界すぎてあきらめました・・・。)

そして、“私たちは一つである”= We are all oneではなくて、ただ一つ。Just one。
私たちの不在。

自我は、どうしても自分がいることが前提となって、世界やしくみを把握しようとするかもしれません。

また、解釈することがあまりに当たり前すぎて、自分が解釈をしているということも忘れていることもあるでしょう。

ある意味、自我=ストーリーですから。

もちろん、私自身セラピストで、癒しというストーリーに魅了され、そしてまたあゆかの魂の旅という壮大なストーリーもやっぱり愛おしい。

あゆかの中は空っぽだけどとてもユニークで、あゆか特有の恐れや不安、喜びや優しさなどが一つの人間性を生み出し、そして生かされていく。

一人一人のユニークな現われそのものが奇跡的なストーリー。

でも、ストーリーを本質だと勘違いすると、結局ストーリーしか知らないことになるでしょう。

決して変化することなく、常にいまここにあって、静けさよりも静かで、徹底的な受容である本質。ストーリーに全く影響されない場所(←場所じゃないけど)。

まずは、解釈や判断、レッテルをすべて剥がしたところをベースにしてみませんか?

つまり、何も分からない状態になるんです。上下左右も。

何も分からなくなって、でも確実にあるものを見つめていく。

あなたは、自分がいることを解釈しないと確認できないのでしょうか?

それともそれは自明のことでしょうか?

では、その自明であるもののなかに誰かいるでしょうか?

そして、それらはすべて変化しているものばかりでしょうか?

それとも、その中で唯一変化しないもの、捉えられないものはありますか?

・・・・・・・・・・・・・・・

そしてただそこにあってみる。

真実が顔を出してくるまで♪

 

普通が普通になったとき♪

目覚める前と後の違いについての質問をそれなりに聞かれます。

この質問自体がなにか悟りや非二元の特別性やメリットを期待しているようで
実は答えるのが非常に難しく感じられるんです。

とりあえず私の場合、そんなにはっきりビフォー・アフターはありません。
(徐々に目覚めたタイプですし、目覚めたのかどうかも?・・・・)

また、真実が分かった!なんてこともとても言えません。
前よりもっと何も分からなくなったかもしれないぐらいです。

ただ、「私は何か?」は疑いようもなくはっきりしています。

すると自己の不在も時空の幻想もすべて何もしなくても自明となってきますね。

そして、普通のことがとっても普通になって、それがまさしく家に帰った感じ。

普通にすべてがあるという存在の香り。

普通に台所で水洗いして、包丁の音がして・・・・。

でも、どこかこそばゆい嬉しさがあり・・・・。

一つ一つがごく普通で、そして完結している。

机に乱雑に置いてあるもの、
風の音
壁に映る影
自分の吐息

ぜんぶがあまりに当たり前で、それ以上でも以下でもなく
完璧なままに起こりつづけている。

自我は形や時間にこだわるので、完璧という言葉に敏感に反応するでしょう。

えっ、この病気が完璧ということ?
このお金がない状態が完璧?
私の苦しみも完璧なの?
戦争は、飢えは、世の中の不正は?

ここでいう完結も完璧とは内容を指しているのではなく、そこに何一つ過不足がないということ。

風の音はほんとうはもっと大きいはずだとか、戦争はもっと早く終わるはずだとか何もなくて、
飛行機が空を飛んで、その音の長さも大きさもそれはそれで完結していて完璧。

すべてが徹底的に普通で、あれこれ言っているのは思考だけ。

「(個)の私がいる」という思いから、私たちはものすごく濃い投影のストーリーにはまっていき、
その目が見る普通は、実は解釈だらけの曇った普通。

自己否定のストーリーを私たちは意識上でも意識下でも、あらゆるレベルで信じている。

だから目に映っているのは、投影のストーリーであって、それそのものではまったくなくて、
ありのままという言葉でさえ、投影まみれで解釈される。

でも、ストーリーが落ちれば、すべては優しくて、なつかしく、過不足はどこにもない。

そしてそれがあなた♪ (*^_^*)

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします♪

 

PS:自己否定は、あなたを分離した個として存続させる一番のストーリー♪